Make your own free website on Tripod.com
01. 10
. . .
ENERO 2001 .
げんこつやまのーたっぬきさん〜

アヤックス・バルセロナの腐乱巣人2人:MFエマニュエル・ぷちっとGKリシャール・ドゥトルエルが、使ってくれないジョレンス・セラ。フェレール監督に憤懣やるかたない様子。因みに、ドゥトルエルの負傷で代わったGKホセ・マヌエル・レイーナ18歳がゴールを守るようになって以来、バルサは負けていないのであった。ちっ。

エマニュエル・ぷちっ 「プレーできなくてヘコんでるよ。プロなら誰だってそうだろ?
でも、オレに何ができる?銃でチームを撃ち殺すことはできないからな。監督の言うとおりにして、ベストを尽くすしかないんだよ」

リシャール・ドゥトルエル 「ホセに代わってから負けなしだって?知らないね。でも、これは事実だが、もともとオレが契約したファン・ガールからの贈り物じゃないことだけは確かだよ。そうだろ?オレはベンチ暮らしなんか予想もしてなかったんだ。大体、ケガが直ったらチャンスを与えるのがスジじゃないのか?」

アヤックス・バルセロナ会長ジョアン・馬鹿・ガスパールは、「冬の買い物はしない」と言い放っている模様。

ジョアン・馬鹿・ガスパール会長 「1月30日までに、どんな選手とも契約はしない。その必要はないからだ。我々には素晴らしいチームがある。我々は現有選力で乗り切れると確信している。セラ・フェレール監督も、買い物の必要はないと言ってくれた」

アヤックス・バルセロナFWパトリック・××・クライファートが、また陰愚乱度行きを口にしているらしい。

パトリック・××・クライファート 「陰愚乱度でプレーしたいといつも思ってたんだ。いつかは絶対に行くよ。いつかって?まだ先のことだよ。契約はあち1年残ってるし、代理人とバルサは契約延長の話をしているし。陰愚乱度に行きたいのは本当だけど、何の問題もなければ、更新契約にサインするつもりさ」
--
コパ・デル・レイ:3回戦組み合わせ1月10・11日

デポルティボ・アラベス、ラス・パルマスと、プリメラ組を続けざまに撃破している2Bのヒムナスティカ・トレラベンガは、3回戦でアヤックス・バルセロナに当たってしまい、もはやコレまでかと天を仰いでいる模様。死ぬ気でがんばれ、レアル・へなちょこ以外のクラブなら勝てる見込みはあるんだぞ(爆)。

ヒムナスティカ監督ホセ・カレーテ 「我々には殆ど不可能なミッションだ。バルサのようなスーパー・チームに当たったからじゃない。3回戦はこれまでの2試合のようにはいかないからだよ。私はタオルを投げ入れる気はないが、現実を見なきゃいけないよ」

エストゥレマドゥーラ(2A) - RCDエスパニョル・バルセロナ
ムナスティカ・トレラベンガ(2B) - アヤックス・バルセロナ
グァディクス(2B) - グラナダ(2B)
レガネス(2A) - ビゴのケルト人
ムルシーア(2A) - レアル・サラゴサ
ラシン・サンタンデル - アスレティック・バスク
テネリフェ(2A) - レアル・マジョルカ島
アトレティコ・へっぽこ(2A) - ラーヨ・バリェカーノ・マドリー
--
愛されたいと願っているぅ〜

新城連合のアイル乱度人GKスティーヴ・ギヴンが、スティーヴ・ハーパーにポジションを奪われていることから移籍を直訴している模様。

水晶宮が大連DFスン・ジハイ、リー・ミンを2人セットで買おうとしているらしい。お値段は2人合わせて280万ポンド。大連側は大変乗り気で、2週間以内にまとまるだろうとのこと。

リーベル・プラテは、GKロベルト・ボラーノを欲しがっているASモナコに、「金さえ出しゃいつでも売ったる」と強気な態度に出ている模様。

ダビド・ピンタード会長 「モナコのオファーが魅力的なら、選手の邪魔をする気はない。ボラーノは最低400万ドルや。移籍は本人次第やな。モナコ側はボラーノの状態を問い合わせてきた。数日中にニュースがあるやろな、わっはっは」

あ〜れ〜ミランDFアレッサンドロ・コスタクルタが契約延長。期間は1年間。

アレッサンドロ・コスタクルタ 「クラブに信頼されていると感じられて満足さ。まだ良い状態でやれるし、サヨナラを言うには早いだろう。いずれはMLSに行きたいんだけど、今はまだその時じゃないよ」

アジアン・ペルージァがテルナーナMFマッシミリアーノ・タラーナを買ったらしい。
--
負けないでっ♪も〜1度

AJオーゼールFWステファン・グィヴァルシュが膝の靭帯損傷でオペを受ける模様。全治1カ月。

9月のUEFAカップ:ザンクト・ガレン戦で自爆し、左足2箇所骨折という重症を負ってしまったチェルシー・イタリアーナMFロベルト・ディ・マッテオは、来季開幕復帰を目指している模様。

ロベルト・ディ・マッテオ 「人生最悪の瞬間だったよ。最初の1カ月は恐ろしかったな。強い感情と、一度も経験したことがない感情を体験したんだ。問題は、事故の直後にオペがあって、1週間に5回もオペ室にいたことだった。いつも大量の鎮痛剤を点滴を受けていて、オレはショックを実感してなかった。いつもハイな気分だったよ。最近はもう松葉杖ナシで歩けるようになったし、ジムでリハビリを始めている。来季の開幕には復帰できると思う」

オペを受けるかどうかで悩んでいたASローマFWガブリエル・お丸・バティストゥータは、結局受けずにすんだらしい。
--
アラーの神のお陰です

エジプト代表FWホッサム・ハッサン34歳がザンビアとのフレンドリマッチに出場し、代表キャップ数を151に伸ばした模様。これにより、ロータ・マテ公の150を抜いて単独世界一。

ホッサム・ハッサン 「すごい記録だよ。幸せだ。ホッサム・ハッサン個人の話じゃなく、この記録がエジプト人でありアラブ人によって成し遂げられたことが嬉しい。私はいつもプレッシャーをかけられているから、自分のパフォーマンスを向上させる手探りを忘れない。ゴールの数は単なる数字だから、大して重要じゃない。それより、私はピッチに影響力をもっていなければならないんだよ。大事なのは量より質だね。私はサッカーがものすごく好きで、うまく練習をする。選手は年をとるとパフォーマンスが落ちるけど、私は肉体的にもプロとしても良くなっていると感じるんだ。キャップをどこまで伸ばすかって?野心と気力次第だね。有難いことに、アラーの神はその両方を私に与えてくださった」

エジプト代表監督マフモウド・アル・ゴハリー 「彼の私生活は非常に地味でね、社交関係は静かなもんだよ。彼は、ひたすらサッカーに焦点を合わせた考えをするんだ。練習でも試合でも非常に真剣で、非常に真面目な男だ。彼のサッカーに対する愛と情熱は、この記録をまだまだ伸ばしていくだろう。それに、我々がW杯に出場できるとなったら、彼のパフォーマンスを持続させる高濃度のビタミン注射になるだろう。その時は、新しく生まれ変わったホッサムに会える筈だよ。失敗したら…彼に深く影響してしまうだろう」
--
キャップ記録トップ20←超大国には存在しない記録

151 ホッサム・ハッサン(エジプト) 1985〜
150 ロータ・マテ公(ドどイツ) 1980-2000
149 クラウディオ・スアレス(メヒコ) 1992〜
143 トーマス・ラヴェリ(スヴァーリェ) 1981-1997
140 マイェド・アブドゥラー(サウディ・アラビア) 1978-1994
140 モハメド・アル・デアイェ(サウディ・アラビア) 1990〜
135 コビ・ジョーンズ(USA) 1992〜
128 マルセロ・バルボア(USA) 1988〜
127 モハンメド・アル・クヒライウィ(サウディ・アラビア) 1992〜
127 ペーター・シュマイケル(おデンマーク) 1987〜
126 アンドニ・スビサレータ(エスパーニャ) 1985-1998
125 ゲオルゲ・ハっつぁん(レウーマニ屋) 1983-2000
125 ピーター・シルトン(陰愚乱度) 1970-1990
124 ホルヘ・カンポス(メヒコ) 1991〜
123 イハラ・ゴール(ハポン) 1988-1999
122 ラモン・ラミレス(メヒコ) 1991〜
121 ブン・クン・チャ(韓国) 1972-1986
119 パット・ジェニングス(北アイル乱度) 1964-1986
117 ハインツ・ヘルマン(ヘルヴェティア) 1978-1991
116 ローランド・ニルソン(スヴァーリェ) 1986〜

現在も現役でトップ20に入りそうな人々
114 ホン・ミョン・ボ(韓国) 1990〜
114 パオロ・マルちゃんビーム(イタリ屋) 1988〜
112 イブラヒム・ハッサン(エジプト) 1988〜
110 カルメル・ブスッティ(丸太) 1982〜
106 エリック・ウィナルダ(USA) 1990〜
104 ジェフ・アグース(USA) 1988〜
100 カフー(ブラ汁) 1990〜
--
今夜のオレサマは企画会議…ドキドキ

色々ありましたが、ビゴのケルト人MFベネディクト "ベニ" マッカーシーが、晴れて南アフリカ代表にお呼ばれ。週末のアフリカ・ネイションカップ:モーリシャス戦に参加する予定。マンチェスタ連合MFクィントン・フォーチュンとオーランド・パイレーツMFターボ・ムンゴメニは、負傷のため辞退。

パリ・サン・ジェルマンMFジェイ・ジェイ・オコチャマが、負傷のためにアフリカ・ネイションズカップのザンビア代表を辞退。

ジェイ・ジェイ・オコチャマ 「足を治す努力はしているが、間に合わないだろう」

「スポンサー契約にサインしなければ追放だ」と脅すノル毛蹴球連盟は、マンチェスタ連合FW俺・グンナー・スールシャール、MFロニー・ヨンセン、グラスゴウ・レンジャーズFWトレ・アンドレ・風呂、トッテナム・ホットスパーDFステファン・イヴェルセンと最終交渉を行ったものの、合意直前になって契約内容を再度チェックする必要があるとして保留された模様。

2002W杯予選プレーオフで、コスタ・リカに5失点を食らって敗退したグァテマラ代表GKエドガー・エストラーダに、100通を超える脅迫状が届いている模様。

エドガー・エストラーダ 「水曜のクラブでの試合に出たり、俺の自動車修理店に現れたらタダじゃ置かないという内容が殆どだ。実際、日曜の夜には店に発砲されているんだ。でも、俺は冷静だよ。逆の立場だったら同じことをしたとも思うからな。カミさんと3人の子供に被害が出たら怖いけどな」
--
お天道様が見逃しても遠山桜が見逃さねぇ

疑惑が山積するブラ汁代表の解明を目指す国会委員会で、インテル・へぼへぼFWホナウドの聴聞が10日に行われる模様。主な質問は、スポンサー:品のないナイキ社との10年契約に集中する予定で、98W杯決勝でのナゾの痙攣発作にも及ぶらしい。ナイキからムリに出場させるよう圧力をかけられたという疑惑があるため。当のナイキは当然ながら全面否定しているものの、代議士先生の大半は「ホナウドは出場できる状態ではなかった」と信じている模様。

ナイキ広報 「わが社は選手に電話をしませんし、メンバーを決める権限もありません」

マリオ・ザガロ前監督 「世界一素晴らしい選手が大丈夫と言うなら、それを信じるしかないだろう。ナイキがセレソンに影響力をもっているなんてことはあり得ないね」

腐乱巣蹴球リーグ規律委員会は、偽造パスポート所持が発覚したサンテティエンヌからブラ汁人FWアレックスとウクライナ人GKマキシム・レヴィツキを聴聞会に召喚。レヴィツキは証拠を提供した一方、アレックスは警察に事情聴取のために交流されて欠席。16日に再度召喚される予定。

ジャン・ピエール・カミュ委員長 「処分を決定する前に、アレックスから事情を聞く必要がある。聴聞会で個人的には、レヴィツキが問題の根源であるというより、むしろ犠牲者であるように感じた」
--
陰愚乱度リーグカップ:準決勝1st-Leg

イプスウィッチ町 1-0 バーミンガム市
得点…45分(PK):マーカス・スチュアート

陰愚乱度FAカップ:3回戦
ブラッドフォード市 0-1 ミドルスブラ
--
これ以上ないイヤガラセ(笑)

昨日、続投が確認されたばかりのケチャップ屋監督スヴェン・御覧・エリクソンが辞任。後任は予想通りディノ・ゾフで、発表後のケチャップ屋株は4%値上がりしたらしい。けっ。因みに、本日はクラブの創立101周年記念日で、セルジオ・クラニョッティ会長の61回目の誕生日でもあるという、絶妙のタイミング(笑)。

スヴェン・御覧・エリクソン 「今朝、フェルメッロに向かう車の中で決めたんだ。それを最初に知らされたのは選手たちだ。私がしようとしていることは好きじゃないが、それが一番いいと思う。私が辞める理由は、結果が全てであるという、この頃の風潮だ。結果は今のところ出ていないし、チームはいいプレーをしていない。そして私はこのステップを選択しなければならなかった。それがクラブにとって一番いいことだと思いたい」

ディノ・ゾフ新監督 「我々はいつでも深い溝の中にいて、何がいつどうなるかはわからない。私はこうなることを期待していなかった。エリクソンが辞めるなんて考えもしなかったんだよ。しかし、私はケチャップ屋ファミリーの一部だと思っているし、貢献したいと思っている。我々はチャンピオンズ・リーグでもうまくいっていない。元に戻って両方で成功するために必死にならねばならないだろう。このクラブのために全力を注ぐつもりだ。私はセル塩とは親友で、サラリーについては全く話をしていない。エリクソンはケチャップ屋で多くのトロフィーを獲得した。私は大きな希望をもって彼の仕事を引き継ぐつもりだ。うまくやれると思うよ」

セルジオ・クラニョッティ会長 「非常に悲しい日だ。誕生日のプレゼントが悪いニュースだ。こんなに不幸な誕生日はない」

エリクソン辞任に伴って、ロベルト・マンチン・アシスタントコーチも退団を表明。

ロベルト・マンチン 「皆さんに御礼を言いたい。セルジオ・クラニョッティ、クラブ、ティフォージ、この素晴らしい4年間に」
--
この際、事情は問わない

ケチャップ屋を電撃辞任して陰愚乱度代表に逃げ込んでくるスヴェン・御覧・エリクソンを、FAは両手を広げて大歓迎している模様。

陰愚乱度FAチーフ・エグゼクティヴ:アダム・クロイツァー 「エリクソンは数日中に陰愚乱度代表の指揮を執るだろう。今週のプレミアシップの試合を見ることになるよ。彼はやる気十分でね、誰よりも早く陰愚乱度を理解しようとしてくれている。エスパーニャ戦を担当してくれるだろう。これまでの不確定な数カ月間は終わった。FAは世界中で最も成功した監督の1人がまもなく我々と合流することに、大いに喜んでいる。スヴェンは、トード・グリップ、ピーター・テイラー、スティーヴ・マクラーレンの陰愚乱度コーチン具・チームとともに働くのが楽しみだと言ってくれたよ」

スヴェン・御覧・エリクソン 「いつ始めるかはFAと話し合わねばならないが、多分2月1日だろう。わからないな」

レスター市監督ピーター・テイラー 「早いに越したことはない。エスパーニャ戦を担当してくれると素晴らしい。とにかく陰愚乱度にとっていいことだよ」

思いがけず陰愚乱度代表監督就任が早まったスヴェン・御覧・エリクソンについて、早速ウィリアム・ヒルちゃんが掛け率を設定。賭けの対象は、いつまで陰愚乱度にいられるかで、一番人気は「今年いっぱい」に7倍のオッズがついている(爆笑)。
--
お前なんか、お前なんか…(号泣)

シーズン途中の監督交代がないのが自慢だった牛乳屋は、アルベルト・マレサーニに代えてアリーゴ・サッチーを新監督に据えてしまった模様。げろげろばー。14年ぶりの牛乳屋復帰を果たしたサッチーの契約は、2002年6月まで。

アリーゴ・サッチー新監督 「失敗する可能性もあるだろう。シーズン途中で引き受けるのは難しいからね。しかし、私はカルチョ中毒なんだよ、ゾフのように。我々は今、良いチームを持っているが、私は約束するはしない」

最下位を走るブラッドフォード市は賃金カットのため、イタリ屋人MFベニート・カルボーネとルーマニ屋人DFムルダー・ペトレスクに戦力外を言い渡した模様。

ブラッドフォード監督ジム・ジェフリーズ 「我々はサラリー基準を引き下げねばならない。私はチームの危機を救ってくれる選手を探しているんだ。我々には贅沢をしている余裕がないし、彼らでお客が呼べるとは思えない。彼らがくれたものは最下位という席なんだからな」
--
いらっしゃーい

ドどイツへ交渉に出かけていたスパルタ・プラハMFトマス・ロシツキ20歳を、ボルシアBV09ドルトムントが口説き落として、5年契約に成功した模様。バイエルン・ミュン変は、スパルタの価格釣り上げに降参。そのお値段は2500万マルクで、シャルケ・ヌルフィアFWエミール・ムペンザの1700万マルクを抜いて、外国人選手の移籍金記録のNo.1に輝きましたとさ。

スパルタ・プラハ会長ウラティミル・コスタル 「MFロシツキはドルトムントとの5年契約にサインし、すぐに合流する。ロシツキは今日からスパルタではなく、ドルトムントの選手だよ。彼は、空いたままのメラーの穴をすぐにも埋める選手だ。デビューは13日のインドア・フッスバルのイベントになるだろう」

ドルトムント監督マティアス・ぬいぐるみ・ザマー 「ピッチの中央の空白を満たしてくれる、こんな選手をずっと待ち望んでいた」

ヘルタ・ベルリンのハンガリー人GKガボル・キラリィが、2004年まで契約を延長。

パリ・サン・ジェルマンは、去年解雇した元腐乱巣代表FWミカエル・マダールとの再契約を完了。期間は6カ月。

ミカエル・マダール 「ルイス・フェルナンデスは、私のコンディションがいいことを見てくれた。解雇されて半年経つけど、以前と何も変わってない事をわかってくれたんだ。私にとっては願ってもないことだ。この半年、誰も相手にしてくれなかったから、こんなことになるとは夢にも思ってなかったよ」
--
ごめんなさい、もうしません

カーライルは、FAカップ3回戦でフレンチ・アーセナルFWパトリク・ヴィエラに、殺人タックルをお見舞いしてしまったMFリチャード・プロカスの件を公式に謝罪した模様。また、FAはこの件に関して処分はしない方針。

カーライル広報 「挑戦すべきときを間違えたことを、皆さんにお詫びしたい。リチャードはヴィエラを、プレミアシップで最も良い選手決して見ており、決して怪我をさせるつもりはなかった」

フレンチ・アーセナルFW飛行機恐怖症 「個人的に言うと、あのタックルはナンセンスだったと思う。パトリクのキャリアを終わらせることができたタックルだったからね。僕から見れば、全く不必要なタックルで、まるで嘲笑っているかのようだったよ」

フレンチ・アーセナルFWパトリク・ヴィエラ 「とりあえずオレの足は無事だった。でも、プッツンしなくて良かったよ。あそこで何か文句を言おうものなら、逆にオレが退場させられてたよ」

スティーヴ・ロッジ主審 「TVでVTRを見たが、あのとき、もし違う方向から見ていたら、間違いなく私はプロカスを退場にしていただろう」

イスラエル代表監督リカルド・メラー・ニールセンは、11月のU-21ボスニ屋ヘルツェゴヴィナ戦前にホテルに売春婦を連れ込んで楽しんでしまった最近売り出し中のハポエル・テル・アヴィヴFWピニ・バリーリを含む7選手をウズベキスタン戦から除外。

リカルド・メラー・ニールセン監督 「ピニの最近のプレエーは素晴らしいが、例の馬鹿馬鹿しい問題のために呼ぶことができない。1人だけ特別扱いはできないからね」
--
その一言が命取り

BBCのアナウンサーが、イングランド2部リーグ:ミルウォールの試合前に、言ってはいけないことを公共の電波で言ってしまい、引責辞職した模様。見るウォールにとって、「受け入れがたいコメント」だったらしい。BBC側は公式に謝罪。

元旦に届いた犬市原ファンクラブ向けの地味〜な年賀状には、「今年の犬はJ1残留を目指します!」と力強く書いてあったらしい(爆笑)。夢がないというか、現実的というか…正月早々哀しい気分に浸れるクラブなのであった(泣)。

ドどイツのIFFHSなる蹴球統計組織が、2000年の集計結果を発表。
最優秀スコアラー:ガマのバスク人FWホマーリオ、次点:アヤックス・バルセロナMF爬虫類、3位:ガラクタサライFWマリオ・ジャルデウ
最優秀GK:ファビアン・バルテズ(マンチェスタ連合)、
最優秀クラブコーチ:カルロス・ビアンチ(ボカ・フニオルス)、次点:エクトル・ラウール・クーペル(バレンシア)、3位:ビセンテ・デル・ボスクェ(レアル・へなちょこ)、4位:サー・アレックス・ファーガソン(マンチェスタ連合)
最優秀クラブ:レアル・へなちょこ(エスパーニャ)、次点:ガラクタサライ(トルコ)、3位:ボカ・フニオルス(アル全珍)
最優秀代表監督:ロジェ・ルメール(腐乱巣)、次点:ウンベルト・コエーリョ(ポルトガル)
最優秀審判:ピエルルイジ・コッリーナ(イタリ屋)、次点:アンドレアス・フリスク(スヴァーリェ)、3位:マルクス・メルク(ドどイツ)
--
. . .

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-