Make your own free website on Tripod.com
01. 13
. . .
ENERO 2001 .
南米相手の契約はややこしい

移籍金の半分を代理人が受け取るという、FIFA規約を無視した契約を持っているリーベル・プラテのコロンビ屋人FWファン・パブロ・アンヘルのアストン・ヴィラ移籍が、来週にも完了する見込み。これにより、ヴィラはゲルマン・リヴァプールFWロビー・ファウラーへのオファーを撤回。しかし、肝心の代理人との契約を堂処理したかは言及されていないのだった。

アストン・ヴィラ会長ダグ・エリス 「我々はこの1週間、精力的に働いた。難しい7日間だったが、やってみる価値は大きかった。アンヘルが950万ポンドでサインしてくれるだろうことに大満足だ。週末には陰愚乱度にやってきて、メディカル・チェックを受け、契約を完了してくれるだろう」

リーベル会長ダビド・ピンタード 「取引は完全に終了し、今朝サインされたよ。アンヘルは今日の陰愚乱度行きの航空券を持っているが、彼が今日飛ぶか、明日飛ぶかは知らないな。彼次第だよ」

ヒースロー空港で偽造パスポートが発覚し、フレンチ・アーセナル移籍が流れてしまったコリンチャンスMFエドゥを、アルセーヌ・ヴェンゲー監督は首を長くして待ち焦がれているらしい。

アルセーヌ・ヴェンゲー監督 「来週にも契約がまとましそうザマス。500万ポンドくらいザマスよ。やっとエマニュエル・ぷちっの穴が埋まるザ〜マス。エドゥは今ポルトガルで、パスポートをはっきりさせているところザマス。正式なポルトガル旅券を申請したザマスが、何日かかかる問題ザマスね。パスポートを受け取り次第、ここへ来てくれるはずザマスよ」

ビジャレアルは、ウルグァイでの児童奉仕を終えたボカ・フニオルスFWマルティン・パレルモをお買い上げの予定。

ビジャレアル会長フェルナンド・ロイグ 「今のところ90%といったところで、フートボルの世界ではこの数字では確信が持てないが、我々は彼が来週ビジャレアルの来てくれると期待している。彼と話をしたが、彼は移籍に大喜びだったよ。値段?1000万ドルには届かないよ。彼が来てくれれば1部残留は堅いだろう」
--
中年は荒野を目指す

デニス・ワイズ(34歳)が残留を決めてくれて、チェルシー・イタリアーナ監督クラウディオ・ラニエリは大喜び、ロートル・チェルシーを目指すらしい(笑)。

クラウディオ・ラニエリ 「デニスが残ってくれてホンマに嬉しい。いやー、ごっつ嬉しいわ。デニスはチェルシーの心臓や。それだけ大事な選手っちゅーことや。ワテはデニスに話したんや。グスタボ・ポジェ(33歳)、マルセル・デサイー(32歳)、ジャンフランコ・ゾラちん(34歳)と一緒に新しいチェルシーを作ってくれ、そない言うたんや。デニスは話がわかる男やった」

ブラッドフォード市残留を主張していたルーマニア人DFムルダー・ペトレスクが、一転してサウザンプトンと2年契約を結んだ模様。

サウザンプトン会長ルパート・ロウ 「ムルダーは徹底的な健康診断を大成功で乗り切りった。彼のような国際クラスの、確実な能力のある選手がサウザンプトンにサインしてくれて大喜びだ。彼の記録は彼自身を物語る。更に、サラリーの大きなダウンを受け入れた事実は、彼がクラブのためにプレーする決意を示すものだ」

ゲルマン・リヴァプールは、FWロビー・ファウラーの残留宣言を受けて、チェルシー・イタリアーナからの1200万ポンドのオファーを正式にお断り。

ジェラール・ウーリエ監督 「ロビーは残りたいと言ったザンス。だからもうオファーは結構ザンス。しかしながら、彼は先週まずい立場を作ってポジションを失ったことを理解しなければならないザンス。私達は彼が残ってくれることを望み、彼のためにオファーを断ったザンス。けれども、彼の場所を取り戻すために必死で努力する必要があるザンス。彼がそれをうまくやってくれれば、チャンスは与えられるザンスよ。でも、それができないならどうなるかは、誰もがわかっていることザンス」

ASローマ監督ファビオ・カページョが、なかなか契約延長にサインしないらしい。エスパーニャの2大クラブと両天秤にかけているからだという噂。因みに、最有力はアヤックス・バルセロナ。

西ハム連合で腐りかけている黒亜血屋人FWダヴォル・シューケルを、レフスキ・ソフィアが狙っているらしい(笑)。
--
バカ旦那は好みじゃないらしい

陰愚乱度代表監督スヴェン・御覧・エリクソンが記者会見を行い、選手選考・フォーメーション、戦術などをお話しになった模様。

スヴェン・御覧・エリクソン監督 「できるだけ多くの選手を見せてもらいたい。ケチャップ屋にいた時は、陰愚乱度のフットボールを余り見るチャンスがなかったが、トード・グリップ・アシスタントが数カ月ここにいて、多くの選手を見ている。彼が色々と話してくれた。特に、私が知らない若い選手のことを。代表チームの未来は明るくなければならない。名前は余り出したくないんだが…西ハム連合MFジョー・コール、マンチェスタ連合DFレス・茶、リーズGKポール・ロビンソン、ゲルマン・リヴァプールFWエミール・ヘスキー&スティーヴン・ジェラードはいいね。しかし、経験なしには勝てない。陰愚乱度には経験豊かな選手が多い。バカ旦那?スコールズ?世界中の監督は皆素晴らしい選手というだろう。しかし、私にそう思わせるのは選手次第だよ。システム?私に4-4-2のレッテルを貼るのは間違いだ。ケチャップ屋では4-3-3、あるいは4-5-1だった。私は若者じゃないんでね、フレキシブルにやっていくよ。ベストの選手を選択肢、それに合ったシステムを使うべきだ。戦術もまた然りだ。まず、選手を選部のが先で、他のことはその後だ。キャプテンが誰になるかも先のことだよ。我々にはまだ6試合残っている。勿論、勝つことが可能だ。我々は強くならねばならない。数日中に以前の監督と、彼らの現在のクラブでミーティングを持つだろう。前任者の批判はしたくない。私も同じく歴史になるのだから、選手の、そして私のフットボールを見て欲しい。人は意見をいう事ができる。私は試合に勝つことで、それに答えるだけだ。メディアが色々言っているのは知っている。確かに私はスヴァーリェ人だ。しかし、それを変えることはできないし、私にはどうすることもできない。しかし、私は仕事を提供されたから、ここにいるんだ。我々が良いフットボールをし、良い結果が出れば、人日とは私を吊るし上げるだろう。たとえ陰愚乱度人であったとしても、結果が悪ければ吊るされることに変わりはない。最終的に私はここにいる。そして将来を考えることを始めた。私自身について話すのは好きじゃない。これからの2カ月間に色んな話が出るだろうが、私は気にしないよ。今まで多くのことがあったが、明日から仕事が始まる。私にとって大きな大きな挑戦だ。非常に楽しみにしている。期待は高いが、それに大きな仕事を見せられることが嬉しい。エスパーニャ戦は重要だ。しかし、本当に大事なのはスオミとアルバニ屋戦だ。絶対に勝たねばならない」

フレンチ・アーセナル監督アルセーヌ・ヴェンゲー 「私はトニー・アダムスこそキャプテンにふさわしいと思うザマス。でも、34歳のアダムスを、エリクソンは陰愚乱度の未来構図に入れないでしょうねぇ。残念ザマス。彼には彼の計画があるザマス。彼は若いコが好きザマスよ。いい時に監督におなり遊ばしたザマスねぇ」

レスター監督ピーター・テイラー 「エスパーニャ戦では誰も似チャンスがあるよ。私が決して考えなかったような名前を、トードは用意しているはずだ。彼は以前もとんでもないような、繭をひそめるような名前を挙げていたからね。でも、彼はイタリ屋戦に非常に満足していたっけね。彼は陰愚乱度の若い才能に感銘を受けているから、今度こそそれを使うと思うんだ」
--
最近どうも陰愚乱度ニウスばっかり(泣)

西ハム連合は、ブラックバーン・ローヴァーズの元腐乱巣代表DFマルク・ケラーとの契約を完了。因みに、ブラバンとの契約は今季待つまで残っていたにも関わらず、移籍金はなし。

マルク・ケラー 「輝かしい歴史と希望にあふれた、こんなビッグ・クラブに加入できるとは、なんと言う喜びだろう。私にとって厳しい半年だったが、決してベンチで使われるべきではない私に声をかけてくれた、西ハム連合の期待を決して忘れることはないだろう。私にとって西ハム連合は、陰愚乱度フットボールと、イングリッシュ・ライフを再発見させてくれるだろう。妻と息子はロンドンに惚れ込んでいる。英語を喋り始めた息子を誇りに思うよ」

イプスウィッチ町の邪魔烏賊生まれの陰愚乱度人FWデヴィッド・ジョンソンが、ノッティンガムの森への移籍を完了。移籍金はクラブ史上2位の300万ポンドで、3年半契約。

デヴィッド・ジョンソン 「ノッティンガムに来て嬉しい。昇格のために、希望のゴールをいくつか決められるだろう。移籍金は大した問題じゃないから気にしてない。イプスウィッチが決めた値段だから。移籍が決まって、試合に出るのが待ち遠しいんだ。日曜の水晶宮船が楽しみだよ。イプスウィッチにいれば、ワージントン・カップに優勝できたかもしれないけど、スタメンでフットボールがしたかったんだ」

レフスキ・ソフィアのブルガリ屋代表MFアレクサンデル・アレクサンドロフが、トルコ1部リーグ:コカエリシュポールへ移籍。契約は1年半。

オリンピック・マルセイユのスヴァーリェ人MF暮らす・陰毛損が半年振りにセリエAに復帰。行き先はレッチェで、今季末までのレンタル契約。

ケチャップ屋のポルトガル代表DFフェルナンド・コウトちゃんが、2004年までの延長契約にサイン。
--
プロパガンダ

レアル・へなちょこは、金玉賞を受賞したMFルイス・高いぞ・フィーゴのために、レイモンド・コパボビー・チャールトンゼップ・ブラッターFIFA会長アルフレド・ディ・ステファノ名誉理事を招いて盛大なの祝賀会を催す模様。因みに引き出物はフィーゴの写真に金玉賞マークが金で印刷されたカードを8万枚(笑)。

ルイス・高いぞ・フィーゴ 「オレにとってもファンにとっても素晴らしい瞬間になるだろう。しかし、その後の試合にこそ集中しなければならない」

レアル・へなちょこは、ケチャップ屋DFアレッサンドロ・ネスタに60億ペセタでラブコールしているらしい。ダメだった場合の保険は、牛乳屋DFファビオ・カンちゃんらしい。

インテル・へぼへぼが、アヤックス・バルセロナで怒り狂っている腐乱巣代表MFエマニュエル・ぷちっを狙っているらしい…似合いません(笑)。

スポルティング・リスボンのおデンマーク人GKペーター・シュマイケルが、オプション契約の3年目にサインする意向を表明。

ペーター・シュマイケル 「引退なんてとんでもない。憶測は終わりにしてもらいたいな。倉荷にはオプションを行使する旨伝えてあるよ。確かにケガはしたけど、もう大丈夫。練習どころか、試合にだっていつでも出られるよ」

ギリシャ1部リーグ:PASイオアンニア監督ゲオルゲ・パラスチョスが辞職。知らない間に主力FWヨウルコス・セイタリディス19歳が、パナシナイコ巣へ移籍していたことに激怒したため(笑)。

ゲオルゲ・パラスチョス 「パニオニオ巣戦に向けて、選手たちが練習を始めるのを待っている間に、彼は既にパナシナイコ巣に出発していた。非常に悲しいが、私には選択肢がない」

ノル毛蹴球協会は、スポンサー契約を固辞していた4選手との和解が近いとして、追放処分を解く構え。
--
悲劇ではなく、事実だったらしい

ドどイツに戻ってきた元バイヤー04レーファークーゼン監督クリストフ・ダウムが、記者会見を行い、コカイン摂取を認めちゃった模様。

クリストフ・ダウム 「クスリをやっていたことを認めよう。時々コッソリとコカインをやっていた。もう昔のことだ。中毒、あるいは病気という話はありえない。だから、ドどイツ代表監督の仕事には、十分適格だったはずだ。いつかはやらせてもらえると思っている。ただ、DFB会長には随分迷惑をかけてしまった。深くお詫びしたい。コカインを使ったのは腰の痛みをとるためだったが、それは大きな間違いだった。後悔している。責任を非難されて当然だ。でも、自分から麻薬テストを受けたのは、ちょっとミステイクだったな(笑)。どのくらいの期間、クスリを使っていたかは言えないが、事情聴取が終わったら明らかになるだろう。政治家は"次は違うことを言うだろう"と言うかもしれない。タブロイド紙は"嘘つき"と書くだろう。私は間違いを犯した。私はそれを最小にしようとは思わない。私は、再びクスリをやることを厳しく律している。この先のことは見てみないとわからないが、自分の言葉を守るよ。仕事?来季には戻るつもりだ。魅力的なオファーを沢山もらったからね。その中からいくつか考えるつもりだ。多分、国外になるだろう。金銭的な損害もすぐに取り戻せるだろう」

DFB会長ゲルハルト・メイヤー・フォルフェルダー 「記者会見を行ったのはいいことだ。彼が全ての過ちを認めたことは正しい。彼が非常に信用できる人間だということだよ」

ドどイツのラジオ局NRWが行った電話調査によると、ダウムのブンデスリーガ復帰にに賛成は75%、反対は25%。

ドどイツ検察は、既にダウムの捜査を終了しており、コカイン使用に対してのみ、最高100万マルクの罰金を科すことで終わる予定らしい。ただし、情状酌量があるのは確実。
--
今週はヤク中親父ウィークかよ?

イタリ屋のTV番組に出演し、キャリアを表彰してもらうため、ブエノス・アイレスからマドリー経由でローマ・フィウミチーノ空港に降り立ったディエゴ・アルマンド・マラドーナを出迎えたのは、約20名のイタリ屋税務警察官。約500億リラの税金未払いで告発されているため(笑)。TVクルーや大勢のファンが待ち構える中で連行されたヤク中親父は、税金の通知書にサインして解放してもらったものの、税金の未払いはナポリが払うべきだと押し付けている模様。

ヤク&アル中親父 「イタリ屋に税金の未払いがあるなんて大嘘だ…オレサマは冷静だし、母ちゃんや娘やアル全珍の人々の不安をなくしたい。オレサマのポケットには、そんな金1リラだってないんだぜ(笑)。全く、サイテーの1日だったぜ。アル全珍じゃ、オレサマが銃殺隊に捕まってるみてぇな報道だしよ。イタリ屋税務局が言ってることは、オレサマにゃ何のカンケーもねぇ。ナポリとコッラード・フェルライーノ前会長が払わなきゃならなかった金だぜ。オレサマがナポリで貰っていたサラリーの税金だって言ってやがるがな、そりゃクラブの責任だろ?フェルライーノに払ってくれと頼むのがスジだ。オレはナポリに戻って嬉しいが、フェルライーノは最悪だろうな。大体、ヤツはオレサマがナポリを出て行くときに帰りの飛行機代だって出してくれなかった。オレサマはナポリのスーパースターだったのに、ヤツは崇めてくれなかった。ヤツの興味はソシオから金を毟り取ることで、チームが勝とうが負けようが引き分けようが、全然気にもしていなかった。ムカつく親父だぜ」

イタリ屋のカルチョ青年フランチェスコ君が、「ヤク中親父の神の手の奇跡」として注目の的らしい。1987年、ナポリでプレーしていたディエゴ・アルマンド・マラドーナというアル中親父が客席に妊娠している女性を見つけ、「幸運があるように」と腹に手を当てたらしい。そして生まれたのがフランチェスコ君で、1990年に死亡した母親の遺言と父親の勧めによってカルチョを始めたところ、メキメキと上達し、今ではいくつかのクラブから打診があるほどらしい。

オランダ蹴球連盟は、偽造ポルトガル旅券が発覚したフェイエノールト・ロッテルダムのブラ汁人FWレオナルド17歳の調査を開始。ただし、レオナルドは父親の関係で正式なポルトガル・パスポートを既に取得しているものの、EU内で18歳以下の選手には通常は労働許可が下りないことから、フェイエノールト側は困っているらしい。

観客乱入により69分で試合が中止されてしまったAEKアテネは、「オリンピアコ巣戦をやり直させてくれ」と、ギリシャ蹴球連盟に必死でお願いしている模様。没収を考えている連盟側に対し、AEKは「暴動の席には理不尽なジャッジをした審判にある」として、試合結果の無効を主張しているらしい。
--
腐乱巣ディヴィジオン1:第23節

RCランス 0-0 オリンピック・リヨン

腐乱巣リーグの主だった選手に行ったアンケートによると、今季の優勝候補は、現在4位のジロンダン・ボルドー:39%、続いてオリンピック・リヨン:21%、FCナント・アトランティック:20%。

ポルトガル・プリマ・リガ:第17節

ベレネンセス 2-0 サルグェイロス
得点…53分:ルイス・フェレイラ、82分:ゲルソン
赤札…75分:ルイス・ペドローサ(サルグェイロス)
--
マスパロマス国際トーナメント準決勝

バイヤー04レーファークーゼン 1-0 ローゼンボリ・トロンヘイム
得点…65分:ベルント・シュナイダー

ガラクタサライ 2-1 PSVアイントフォーフェン
ガラクタサライの得点…42分:ゲオルゲ・ハっつぁん、54分:セルクン・アイクート
PSVの得点…37分:アーノルト・ブルッヒンク

決勝:13日20:30GMT
バイヤー04レーファークーゼン - ガラクタサライ

カルカッタ・ミレニアム・カップ

Group-4 ウズベキスタン 5-0 バーレーン
得点…15・66分:バハディール・アンナマトフ、26分:アレクセイ・ズフダノフ、52・89分:オイベク・ウスマンクホディアエフ

Group-1 ボスニ屋ヘルツェゴヴィナ 2-0 バングラディシュ
得点…55・60分:アルメディン・ホタ
--
. . .

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-