Make your own free website on Tripod.com
01. 15
. . .
ENERO 2001 .
ご利用は計画的に

親友のいるダンディで世紀のバカップル揃い踏みを計画していたディエゴ・アルマンド・マラドーナ・ヤク中親父であったが、肝心のUK入国が許可されない可能性があるらしい(爆笑)。以前、ブエノス・アイレスの自宅で空気銃をぶっぱなし、丸腰のプレス4名を負傷させた罪で、アル全珍の裁判所から有罪判決を受けているため。英国には「銃を使った犯罪で有罪宣告を受けたものは入国できない」という法律があるため、普通は入国許可は下りないことになっているそうな。ダンディ側は唯一の例外として、マイク・タイソンが入国したことを引き合いに出して、英国内務省と折衝中。

偽造パスポートが発覚し、警察の事情聴取には応じたものの腐乱巣蹴球連盟の聴聞をスッポかした、サンテティエンヌのブラ汁人FWアレックスが、「オレのせいじゃない」と弁解を通り越して開き直っているらしい。この人は現在、ブラ汁に帰国中。

アレックス 「連盟の事情聴取に行かなかったのは、母ちゃんが病気だったからだ。おまけに、オレの弁護士に連盟から書類が届いてなかったんだ。それより、クラブの用意したパスポートを知らずに使ったオレが罰せられるなんておかしいじゃん」

フィーゴをお祝いするためにマドリーを訪れたFIFA会長ゼップ・ブラッターが、移籍システムを一本化するFIFA案を拒否しているUEFAに、楽観的であることをお話しになったらしい。

ゼップ・ブラッター会長 「今月末にも解決できると確信しています。これまでの折衝で、これが正しい方法であることは確かです。UEFAがプロクラブのために多くの保護を欲するのは当然です。しかし、我々は選手なしでフットボールはできないことを忘れてはなりません。FIFAは200以上の各国連盟の保証をしなければならないのです。UEFAに書類を私、交渉を望むと伝えました。それは負担を課すものではありません。これはいわゆる論議すべきタタキ台であって、受け入れ、あるいは拒絶される問題ではないのです。デプロマティックであってほしいですね。我々はともにECとの合意を見出さねばなりません。ボスマンの失敗を教訓に。フットボールが話し合いをしなければ、政治の問題に発展します。今FIFAは諸問題の先頭に立ち、殆ど結論に達しています」
--
今だから言えるハナシ

ASローマ監督ファビオ・カページョが、「陰愚乱度代表監督のオファーがあった」と漏らしたらしい。

ファビオ・カページョ監督 「確かにFAの某人物から、陰愚乱度代表監督に興味はないかと聞かれていたよ。3カ月前だったかな。彼らは英語を話せる人物を探していたが、私には当てはまらない話だったし、彼らは北欧の誰かを待っていたんだ。エリクソンにお祝いを言いたいね。全ての幸運を祈っているよ」

ラシン・ストラスブールMFブラヒム・ハムダニがオリンピック・マルセイユへ移籍。契約は4年半。

バリのチレ人FWハイメ・ゴンサーレスが帰国。ウニベルシダ・チレにレンタルされちゃったんだと。期間は半年。

VfBシュトゥットガルトで戦力外になり、泣きながらシュトゥットガルト・キッカーズ(アマチュア)で練習していた元ドどイツ代表MFトーマス・ベルフォルトの契約が成立。お買い上げはトルコのアダナシュポールで、契約は6カ月。
--
ニウスが少ないのでハポンの話題

オッサン鞠之麩GK川口ノーカツが、化け物か顔色の悪いトリに行きたいともらしたらしい。「静岡で引退したい」からだとさ。一方、身も心も腐っているFWホー・ソーヒには、エスパーニャの複数のクラブから問い合わせが来ているらしい。物好き〜\(-o-)/ ただし、今季前半の出来次第での交渉になるらしい。朽ち果ててしまっていいぞ。ラシンなんかと交渉した日にゃ呪い殺すぞ(笑)。そうか、ラシンの監督ってば、ホー信者だったんだ…だから勝てないんだよ、サンタンデルは(泣)。

犬市原MF阿部勇樹が、成人記念に献血を初体験。市原市の「はたちの献血キャンペーン」に参加したもので、成績を考えていないバカのリアクションを連発していたらしい。因みに、オレサマは新世紀とともに鼻血を出しました(爆笑)。

元犬市原で、現新潟白鳥MF秋葉忠宏が東京都内で挙式。犬で嫌われていたオッサン鞠之麩FWホー・ソーヒも、何故か出席したらしい(吐)。
--
つまらん牛乳屋:セリエA第14節

インテル・へぼへぼ 1-1 牛乳屋
インテルの得点…69分:クリスティアン・ヴィエリ
牛乳屋の得点…32分:マルコ・ディ・ヴァイオ

湯弁戸巣 1-0 ボローニャ
得点…11分:ダヴィド・トレセゲ

レッチェ 3-1 ヴィツェンツァ
レッチェの得点…32・36(PK)分:ダヴォル・ヴグリネッチ、68分:アルド・オソリオ
ヴィツェンツァの得点…74分:マルコ・コモット
赤札…35分:スティイェパン・トマス(ヴィツェンツァ)

レッジーナ 1-0 アタランタ・ベルガモ
得点…22分:ダヴィデ・ヂョニージ

ASローマ 1-1 バリ
ローマの得点…75分(PK):腐乱チェス子・アホ王子
バリの得点…69分:ジュゼッペ・マッツァレッリ
赤札…89分:アントニオ・いい眺め

ウディネーゼ 3-4 ケチャップ屋
ウディネの得点…47分:ステファノ・花、64分:マッシモ・マルジォッタ、85分:ロベルト・ソサ
ケチャップ屋の得点…3分(OG)マルコ・ザンボーニ、35(PK)・50分:エルナン・高かった・クレスポ、46分:マルセロ・田舎者・サラス
赤札…35分:ヴァレリオ・ベルトット(ウディネ)

楽しいヴェローナ 2-1 ナポリ
ヴェローナの得点…84分:アドリアン・武藤、89分:アダイウトン
ナポリの得点…78分:クラウディオ・ベッルッチ
赤札…89分:レオナルド・コルッチ(ヴェローナ)、90分:アドリアン・武藤(ヴェローナ)、90分:マトゥザレム(ナポリ)

ASローマ監督ファビオ・カページョ 「私は常に言ってきた。湯弁戸巣こそデンジャラスなチームNo.1だと。しかし、花組も大きなチームだ。以前に我々は彼らに勝つためにうまくやったが、同時に彼らが良いチームであることを証明した。明らかにバリは良い試合をし、我々より良いチャンスを持っていた。今日のローマはいつもの試合をしなかった。バリのゴールは、良い教訓になるだろう」

Standings-------P W D L F A Pts
1. ASローマ 14 10 3 1 26 9 33
2. 湯弁戸巣 14 7 6 1 23 13 27
3. 花組 14 6 6 2 29 19 24
4. ケチャップ屋 14 7 3 4 24 17 24
5. アタランタ・ベルガモ 14 6 4 4 16 12 22
6. あ〜れ〜ミラン 14 5 5 4 22 20 20
7. ボローニャ 14 6 2 6 18 17 20
8. ウディネーゼ 14 6 1 7 25 22 19
9. アジアン・ペルージァ 14 5 4 5 20 19 19
10. 牛乳屋 14 5 4 5 16 15 19
11. レッチェ 14 5 4 5 18 23 19
12. インテル・へぼへぼ 14 4 6 4 16 17 18
13. ヴェローナ 14 3 6 5 18 25 15
14. ヴィツェンツァ 14 4 3 7 15 22 15
15. ナポリ 14 3 5 6 19 23 14
16. レッジーナ 14 4 1 9 11 25 13
17. ブレシア・ロバ 14 2 6 6 14 19 12
18. バリ 14 2 3 9 11 23 9
--
オブリガード金玉賞

レアル・へなちょこのポルトガル人MFルイス・高いぞ・フィーゴが、本日めでたく金玉賞を授与された模様。これだけでも奪ってきた甲斐があるというもんだ(笑)
金玉賞を受け取るフィーゴ
これが金の玉賞トロフィーです
トロフィーを掲げるフィーゴ
レイモンド・コパ、ディ・ステファノに囲まれて御満悦のフィーゴ

このセレモニーの後に行われたオビエド戦ではフィーゴ大爆発。おかげさまで、レアル・へなちょこは首位に輝きましたとさ。あ〜気持ちいい、ウチの下にアヤックス・バルセロナがいるなんてー(^^)v しかし、ラウール・パパ・ゴンサーレス・ブランコのオビエド戦初ゴールは遠く険しい(笑)。
--
バスク・ダービー:リーガ・エスパニョラ第18節

レアル・ソシエダ 0-2 アスレティック・バスク
得点…38・79分:ホセバ・エチェベリーア・リサルディ

ラシン・サンタンデル 0-1 UDマラガ
得点…12分:マヌエル・カナバル
赤札…89分:チェマ・アロンソ(ラシン)

UDラス・パルマス 1-0 RCDエスパニョル・バルセロナ
得点…34分:ウナーイ

レアル・へなちょこ・フィーゴ 4-0 レアル・オビエド
レアルの得点…15分:金玉賞、56分:フェルナンド・モリエンテス・サンチェス、70分:ペドロ・ムニティス、88分:スティーヴ・マクマナマン

UDヌマンシア 0-2 ラーヨ・バリェカーノ・マドリー
得点…4分:ゲルハルト・ポシュナー、81分:ルイス・センブラーノス

レアル・マジョルカ島 4-3 デポルティボ・アラベス
マジョルカ島の得点…28分:マルコス、70・72分:アリエル・イバガサ、83分:アルバロ・ノボ
アラベスの得点…61分:イヴァン・トミッチ、87・89分:ハビ・モレノ

レアル・サラゴサ 4-2 オサスナ
サラゴサの得点…9分:セザール・イーメネツ、17分:ホセ・イグナシオ、24分:ファネーレ、58分(PK):ファン・エドゥアルド・エスナイデル
オサスナの得点…30分:アルフレド、35分:イバン・ロサード

ビジャレアル 2-0 ビゴのケルト人
得点…34分:ウナイ、68分:モイセス・ガルシーア

Standings-------P W D L F A Pts
1. レアル・へなちょこ 17 12 2 3 41 19 38
2. バレンシアCF 18 10 5 3 29 12 35
3. RCDラ・コルーニャ 18 10 4 4 31 17 34
4. アヤックス・バルセロナ 18 10 3 5 38 27 33
5. レアル・マジョルカ島 18 8 6 4 27 24 30
6. ラーヨ・バリェカーノ・マドリー 18 7 7 4 37 27 28
7. UDマラガ 18 8 3 7 29 26 27
8. UDラス・パルマス 18 8 3 7 22 34 27
9. ビジャレアル 18 7 5 6 22 20 26
10. デポルティボ・アラベス 18 7 3 8 29 25 24
11. レアル・サラゴサ 17 5 8 4 23 19 23
12. アスレティック・バスク 18 6 5 7 24 24 23
13. レアル・オビエド 18 7 2 9 22 32 23
14. レアル・バリャドリー 18 4 9 5 20 23 21
15. RCDエスパニョル・バルセロナ 18 6 3 9 19 22 21
16. ビゴのケルト人 18 5 4 9 21 29 19
17. オサスナ 18 3 7 8 19 28 16
18. UDヌマンシア 18 4 4 10 18 30 16
19. ラシン・サンタンデル 18 3 5 10 19 30 14
20. レアル・ソシエダ 18 3 4 11 16 38 13
--
プリメラは遠く険しい:リーガ・エスパニョラ2A

アルバセテ 0-0 コルドバ   ヘタフェ 2 バダホス 1
エルチェ 1-1 ムルシーア   ハエン 1 コンポス寺 1
レガネス 1-1 ウニベルシダ・ラス・パルマス
レバンテ 0-0 ラシン・フェロール
リェイダ 1-1 CDテネリフェ   サラマンカ 0-2 エイバール
レクレアティボ・ウェルバ 1-1 レアル・ベティス・バロンピエー
スポルティング・ヒホン 1-0 アトレティコ・へっぽこ
セビージャFC 3-0 エストゥレマドゥーラ

Standings-------P W D L F A Pts
1. セビージャFC 20 12 4 4 32 18 40
2. レアル・ベティス・バロンピエー 20 10 6 4 19 12 36
3. CDテネリフェ 20 10 5 5 30 17 35
4. レクレアティボ・ウェルバ 20 7 11 2 15 9 32
5. サラマンカ 20 9 5 6 22 19 32
6. アルバセテ 19 7 8 4 17 14 29
7. スポルティング・ヒホン 20 7 7 6 27 21 28
8. ムルシーア 20 7 7 6 28 24 28
9. レバンテ 20 6 10 4 24 20 28
10. バダホス 20 6 10 4 19 17 28
11. コルドバ 20 7 6 7 16 19 27
12. エイバール 20 6 8 6 16 15 26
13. エストゥレマドゥーラ 20 7 5 8 19 21 26
14. ハエン 20 7 5 8 14 19 26
15. アトレティコ・へっぽこ 20 6 7 7 22 22 25
16. レガネス 20 4 11 5 23 21 23
17. エルチェ 20 5 7 8 22 28 22
18. コンポス寺 20 6 4 10 20 32 22
19. ヘタフェ 20 5 6 9 20 28 21
20. ラシン・フェロール 19 4 6 9 19 26 18
21. リェイダ 20 3 7 10 21 29 16
22. ウニベルシダ・ラス・パルマス 20 1 9 10 14 28 12
--
ETAは社会の迷惑です エスパーニャ国民一同

バイエルン・ミュン変の腐乱巣バスク人DFビシェンテ・リザラスは、エスパーニャに来たら殺すというETA(バスク祖国と自由)の脅迫にもメゲず、マルベジャ市でのトレーニング・キャンプに同行した模様。まっとうなバスク人であるリザラスには、ホテルから練習場にいたるまで、エスパーニャ治安警備隊からボディーガードが派遣されているらしい。バイエルンの滞在期間は1週間。因みに、ここの市長は、アトレティコ・へっぽこ会長ヘスース・ヒルちゃん(笑)。

「本当はコカインやってましたー」と告白した、元バイヤー04レーファークーゼン監督クリストフ・ダウムの潔さを、ドどイツ蹴球連盟はNO DRAG!キャンペーンに使えると見ているらしい。

DFB会長ゲルハルト・マイヤー・フォルフェルダー 「ダウムがこの困難に立ち向かうなら、2番目のチャンスを与えてもいい。何故かって?クスリに依存した過去がありながら、それを克服した人物がダウムであるなら、我々の"クスリに手を出すな"というスローガンに、これほどピッタリな人物はいない。しかし、これは現在のところ、私の独り言のようなもんだがね。DFBでは、ダウムのコーチング・ライセンスの取り消しの声もあがっていたが、もう昔のことだ。まぁ、あくまで理論上の可能性だよ。全てはコカイン使用の程度によるし、我々は事の全てを知っているわけではない」
--
口先三寸、ヨメ次第

賃上げ交渉をしているマンチェスタ連合MFデヴィッド・バカ旦那が、「週給10万ポンドなんて要求していない」と言い放っているらしい。ウソだぁ(笑)。因みに、現在の週給は25000ポンド。

デヴィッド・バカ旦那 「新聞が書いてる中にある事実は、オレがマンチェスタ連合と契約交渉を始めたってことだけさ。クラブの提案を蹴って、法外な要求をしているなんてウソっぱち。繰り返すけど、クラブが望んでくれる限り、オレはマンチェスタ連合にいたいんだ。新聞の書いてることはデタラメでナンセンス。俺たちはまだ何の話もしてないんだぜ?契約の話をするのは夏がいいんじゃないか?マンチェスタ連合もそう思ってるはずだ。マンチェスタ連合のファンに約束するよ、オレは出て行かないってね。安心してくれ」

マンチェスタ連合チーフ・エグゼクティヴ:ピーター・ケニオン 「我々はサラリーに限度を置くことに消極的ではない。サラリーには上限がない分、同様に規則もない。選手の言い分が何でも通るような無政府状態にするつもりはないし、選手にもそんな要求はさせない」

昔空を飛んでいたオランダ人の大御所が、マンチェスタ連合MFデヴィッド・バカ旦那について、「マンチェスタ連合にいれば陰愚乱度有数の選手になれるだろう」とゆーお墨付きを出したらしい。

ヨハン・クライフ先生 「彼がマンチェスタ連合との契約を延長し、クラブが彼を使うなら、陰愚乱度での彼の成功は約束されたも同然である。ケヴィン・キーガンを例外として、陰愚乱度人選手が国外で完全に成功した例はない。これは事実である。しかし、バカ旦那の場合は違うだろう。彼は過去のような枠に入る選手ではない。彼はドリブルをしないし、相手の中を走り回ったりしない。彼はボールでプレーし、クロスがうまく、シュートもよく、そして、いいFKを持っている。私は彼が好きである。アヤックス・バルセロナにいた時のホマーリオと一緒にしてはならない。彼は1シーズンに15得点15アシストをする男なのだ。バカ旦那をマンチェスタ連合から連れ出すには莫大な富が必要であろう。しかし、買ってみれば、レアル・へなちょこのルイス・高いぞ・フィーゴのように、結局は安いことが誰にでもわかるはずである」
--
仲良くしてね

陰愚乱度代表監督スヴェン・御覧・エリクソンと、レスター市監督兼陰愚乱度代表アシスタント:ピーター・テイラーがご会談。

ピーター・テイラー・アシスタント 「エリクソンが独自にアシスタント、トール・グリップをつれてくるという混乱があったが、私も一応アシスタントでね。そこに仕事がある限り、お手伝いさせてもらうよ。それが選手に着いても知識という意味なら、私には大した興味がない。昨夜は公正な取り決めがあった。彼には適正なコーチング・スタッフが必要だし、私はその仕事が大好きだ。そいれが一番重要なんだよ。ボビー・ロブソンのもとで貴重な体験をさせてもらったし、彼との仕事は楽しかった。それを今回も活かしたい。ロブソンはイングランド人にこだわっているが、私もまだそう思っている。しかし、エリクソンは才知に長けた男だし、正しい選択だった。エリクソンに会って、非常に非常に感銘を受けたよ。選手も同じだと思う。彼は昨日の西ハム連合戦で、大いに喜んでいたよ」

ザンビアに辛勝したナイジェリ屋代表に、ジョー・ボンフレーレ監督はオカンムリ。一方、負けたザンビア代表監督ヤン・ブロウワーは、「アフリカの審判はクソだ」とご立腹。因みに、2人とも同じオランダ人ざんす。

ジョー・ボンフレーレ監督 「ゴールが決まってからの選手ときたら、チームのためではなく自分のためにだけプレーしやがった。とんだ方向転換だ。全員がそうだとは言わないが、大多数の者はお客さん相手にプレーし、貪欲にゴールを狙おうとはしなかった。相手がザンビアという弱いチームだったから勝てただけのことだ」

ザンビア監督ヤン・ブロウワー 「典型的なアフリカの審判にあたってしまった。ここらの審判のやることときたら最悪だ。私のチームに対して吹かれた笛の殆どが疑わしいものだった。失望したよ。ウチの選手を退場にしたのだって不可解極まりない」
--
陰愚乱度プレミアシップ:第23節

イプスウィッチ町 2-0 レスター市
得点…80分:マーカス・スチュアート、90分:ジェイムズ・スコウクロフト

Standings-------P W D L F A Pts
1. マンチェスタ連合 23 16 5 2 54 16 53
2. サンダーランド 23 12 6 5 31 22 42
3. フレンチ・アーセナル 23 11 7 5 39 23 40
4. イプスウィッチ町 23 12 4 7 35 26 40
5. ゲルマン・リヴァプール 22 12 3 7 42 26 39
6. レスター市 21 10 5 6 24 23 35
7. 新城連合 23 10 4 9 28 31 34
8. チャールトン・アスレティック 23 9 5 9 31 36 32
9. チェルシー・ロートル 22 8 7 7 39 28 31
10. トッテナム・ホットスパー 23 8 6 9 30 34 30
11. 西ハム連合 22 7 8 7 31 26 29
12. リーズ連合 21 8 5 8 31 28 29
13. アストン・ヴィラ 21 7 8 6 23 22 29
14. サウザンプトン 23 7 7 9 28 34 28
15. ミドルスブラ 23 5 8 10 27 30 23
16. エヴァートン 22 6 5 11 21 33 23
17. ダービー・カウンティ 23 5 8 10 24 40 23
18. コヴェントリー市 23 5 6 12 22 40 21
19. マンチェスタ市 23 5 5 13 27 42 20
20. ブラッドフォード市 22 3 6 13 16 41 15
--
マスパロマス・フレンドリ・トーナメント決勝

バイヤー04レーファークーゼン 2-1 ガラクタサライ
バイヤーの得点…13分:パウロ・リンク、66分:ウルフ・キルシュテン
ガラクタサライの得点…15分:セルカン・アイクート
赤札…45分:ハサン・サス(ガラクタサライ)、88分:ベルント・コルクマツ(ガラクタサライ)、88分:オリヴィエ・ニューヴィル

カルカッタ・ミレニアム・カップ

Group-3 ルーマニ屋 4-2 香港
ルーマニ屋の得点…5分:ザハリウェ・リヴィウ、25分:サス・マリウス、59分:ルシアン・サンマンテアウ、61分:ルカ・イオアン
香港の得点…23・44分:クウォク・ユエフン

Group-1 ボスニ屋ヘルツェゴヴィナ 1-1 ユーゴスラヴィ屋
ボスニ屋の得点…75分:ミルサド・ベスリヤ
ユーゴの得点…87分:ドゥサン・ペトコ奴
--
. . .

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-