Make your own free website on Tripod.com
01. 16
. . .
ENERO 2001 .
レアルの持ってたものが欲しいと素直に言え

アヤックス・バルセロナ会長ジョアン・馬鹿・ガスパールは、ジョレンス・セラ・フェレール監督について「2005年までテクニカル・ディレクターだ」と言い放ったらしい。

ジョアン・馬鹿・ガスパール 「セラ・フェレールはテクニカル・ディレクターの職を続けるだろう。少なくても2005年、つまり、次の会長選挙まではね。私が会長として権利・義務を持っている間は解雇しないだろう。チームにおいては、今季末までは監督の契約がある。しかし、好き嫌いに関わらず、結果は監督に依存する。セラ・フェレールはアヤックス・バルセロナにとって最大の利益をもたらすべく行動している。私は幸運な人間だよ。彼が続けるのが適切だと思うなら、彼は仕事を続けるだろう。彼が他の人間に任せた方が良いと考えるなら、監督を交代させる。ファビオ・カページョ?確かに狙っていたよ。ただし、97年にファン・ガールが契約する前の話だ。カページョと交渉にも行ったが、秘密にしようと思ったことはない。しかし、今集中すべきはファンへのプレゼントだよ」

アヤックス・バルセロナはバイエルン・ミュン変に、「お宅のガーナ人サミュエル・クフォーを3600万マルクで売ってください」とお電話したところ、「イヤです」とアッサリ断られちゃったらしい(笑)。

サミュエル・クフォー 「考えてもいいオファーだったよね。でも、ヒッツフェルト監督が論外だって却下しちゃったんだ。別にいいけどね」

メヒコに売り飛ばされてしまったクルブ・アメーリカのチレ人FWイバン・ルイス・サモラーノ・サモーラが、エスタディオ・アステカに初登場。デビウ戦でハットトリックをお決めになったらしい。相変わらず派手だな、ラーノってば♪因みに、背番号は残念ながら11。

イバン・ルイス・サモラーノ・サモーラ 「オレはヒーローなんかじゃない。とりあえず、目の前の目標を達成しただけで、それには満足だ。85分で交代したのは残念で、ピッチを出たくはなかったけど、85000のお客さんがスタンディング・オベーションで送ってくれのは、最高に嬉しかったぜー。オレはやったんだぜー」
--
他人を心配している場合か

コパ・デル・レイ3回戦2nd-Legを控えたヒムナシア・トレラベンガは、カンプ・ノウに乗り込むにあたって、既に心理戦を展開しているらしい。

ヒムナシア・フィジコ:ホセ・マヌエル・マンサナレス 「アヤックス・バルセロナは世界で最も裕福で成功したクラブかもしれないが、彼らは重大なミスを犯している。バルサはスタメンのための心理学者を持っていない。ユースチームも同じだ。これは墓穴を掘っていると言ってもいいほどの重大な間違いだ。選手とコーチング・スタッフとジャーナリストが毎週毎週、結果や集中力、失敗への恐れ、色んな話をし、ナーヴァスな神経にプレッシャーがかかるのに、メンタル・トレーニングはなされていない。それができるのは専門家だけだが、バルサにそういう人物は存在しない」

アヤックス・バルセロナ広報 「心理学者はGKより大事だと言う人がいるでしょうが、そんなものは不要だという人もいます。我々は選手が必要とする全てのサポートを用意していると確信しています」

アヤックス・バルセロナMFジョゼップ・ホモかも・グァルディオーラ・サーラ 「今のアヤックス・バルセロナはエスパーニャのどのチームより良いプレーをしている。我々は正しい道を進んでいるし、勝利とタイトルに集中している」

最近話題が出てこないオランダのスーパースター:ルート・フリットさんが、何だかわからない内に陰愚乱度代表監督になってしまったスヴェン・御覧・エリクソンを気の毒に思っているらしい。

ルート・フリット 「外国人とか陰愚乱度人とか、そんなことは重要じゃない。あれじゃエリクソンが気の毒だよ。私?オランダにいたいね。12〜13年も外国にいたからな。生まれた国に戻ってるのは気分がいい。監督は簡単な仕事じゃない。そうだな、剣に生きるものは剣に死ぬってことだな」
--
たかが子供の喧嘩で

RCDラ・コルーニャのブラ汁人MFヂャウミーニャが、バレンシアDFダビド・アルベルダと小競り合いを起こしたばかりか、それをなだめようとしたチームメイトのFWビクトルにも喧嘩を売ってしまい、チームメイトは大変迷惑しているらしい。この試合を担当した主審は、「退場にしてやりゃよかった」と後悔しているとか(笑)。

デポールDFエウデル 「これはクラブ内の問題だ。あの2人が個人的に解決するだろう」

デポールFWヴァルテル・パンディアーニ 「そんなに重要なことかい?TVで何が放送されたかは知ってるよ。ドレッシングルームでそのことについて皆で話をしたけど、たいしたことじゃなかったよ。皆、騒ぎすぎだよ」

スポルティング・ヒホンの腐乱巣人DFジャン・フランソア・エルナンデスが、今季4回目の赤札を頂いたショックで、思わず退団を口走っちゃったらしい(笑)。

ジャン・フランソア・エルナンデス 「退場になって退団を考えたよ。こんなひどい扱いをする国なんか出て、他のクラブを探そうと、4時間くらい考えてたね。いつもいつも退場させられるんだから、やってられないよ。悪意を感じるね。でも、冷静になってみて、ここに留まることにしたよ。この困難を切り抜けなきゃね」

アストン・ヴィラのトルコ人DFアルパイ・オザランが、ゲルマン・リヴァプール戦で先制された怒りから、味方GKデヴィッド・ジェイムズに平手打ちをお見舞いしちゃったらしい。

アルパイ・オザラン 「失点はオレのせいだと罵倒されていると思ったんだ…本当は、単に叫んでいただけだったらしいけど…英語は難しいよ」

フルミネンセのコロンビ屋人FWファウスティノ・アスプリージャが、練習試合で相手チームのDFを殴り倒しちゃったらしい(爆笑)。
--
今一番意外な男

ビジャレアルとの予想外な契約をしちゃったFWマルティン・パレルモは、水曜日にエスパーニャに到着して契約を完了した後、木曜にお披露目会見をするらしい。また、同じボカ・フニオルスのMFグスタボ・バロスとの契約も間近いらしい。トルコ人に懲りて南米路線に転換か…どこにそんな金があるんだか。一方、ビジャレアルのアル全珍人MFワルテル・ガイタインはボカに行くらしい。

ビジャレアル監督ビクトル・ムニョス 「契約がエスパーニャ蹴球連盟に認められれば、1部残留どころか何だって可能だ。彼のコンディション次第だがね」

紆余曲折の末に、リーベル・プラテのクラブレコードとなる1400万ドルでアストン・ヴィラに移籍したコロンビ屋FWファン・パブロ・アンヘルが契約を完了。

ファン・パブロ・アンヘル 「陰愚乱度で一番高い南米人なんだって?こんな大金を払ってもらってヴィラに来たことを誇りに思う。陰愚乱度でゴールするにはプレッシャーがあるだろう。でも、それはコロンビ屋からアル全珍に行ったときも同じだった。リーベルは南米の非常に大きなクラブで、そういう点ではヴィラと違いはない。ビッグクラブのFWがゴールを決めるには、いつだってプレッシャーがあるものさ。最近のヴィラの試合ぶり?それを言うのはまだ早い。たった1試合しか見てないんだぜ?ヴィラは陰愚乱度の伝統的なビッグクラブだから、オレはここに来た。できるだけ早く試合に出られることを楽しみにしているよ。アル全珍のリーグが終わって3週間休んでたんでね、早くコンディションを戻さないと。でも、今週のマンチェスタ連合戦で、ヴィラのビッグスコアラーになりたい。俺の最初の野望は、初舞台で初得点することなんだ」

クラブ間で合意したものの、本人との交渉が決裂していたレフスキ・ソフィアMFアレクサンデル・アレクサンドロフが、何がどうなったのか一転してコカエリシュポールと契約完了。お値段は150万マルクで、契約は1年半。
--
死んでもテロには屈しない

エスパーニャ西北部〜腐乱巣南西部に広がるバスク地方の分離独立をうたいながら、単なるテロリストの巣窟:ETA(アスレティック・バスク祖国と自由)から脅迫されているバイエルンの腐乱巣バスク人DFビシェンテ・リザラスは、キャンプ中のマルベジャ市で「エスパーニャを移籍先から除外しない」と強気の発言。

ビシェンテ・リザラス 「ETAについてのコメントはしたくない。でも、私はエスパーニャを移籍先から除外しない。オファーがあれば前向きに考えるつもりだ。でも、バイエルンはヨーロッパでも5本の指に入るビッグ・クラブだし、私はこのクラブを強くするために努力するだけだ。チャンピオンズ・リーグではエスパーニャのチームとあたることになるから、その情報が欲しいのは確かだよ。レアル・へなちょことプレーするのはすばらしいことだ。復讐戦だからね。去年、我々はレアルに3回勝っている。でも、ヨーロッパ・チャンピオンになったのはバイエルンではなく、まけたレアル・へなちょこだった。悔しかったよ。それと、私はサンティアゴ・ベラブーとカンプ・ノウが好きなんだ。そこでプレーすると、自分がエリートの一員であることを実感できるからね」

ゴールを決めたのに、牛乳屋戦でブーイングの的にされていたインテル・へぼへぼFWクリスティアン・ヴィエリが、「ゴールを決めても喜びを表現しない」と不貞腐れているらしい。ピッポ兄と同じチームだったら、何があっても抱きつくと思うんだが(笑)。

クリスティアン・ヴィエリ 「パルマ戦での観客は好きになれない。ケガをして、10カ月かかって戻ってきた選手が必死でプレーしているのに、ブーイングはないだろ?フェアじゃないぜ。しばらくサン・シーロでは喜びを表したくない。勿論オレはゴールを決めるよ。せも、口笛がそれを台無しにするんだ。余りにも短絡思考だぜ。ゴールの数だけで選手を評価することはできないんだ、覚えとけ」
--
人身売買には旅券が不可欠

偽造パスポートが問題になっているサンテティエンヌのブラ汁人FWアレックスが腐乱巣に帰国。すぐさま腐乱巣警察に拘留されちゃった模様。また、メスでも、ギリシャ旅券を使っていたコロンビ屋人GKファリド・モンドラゴン、アル全珍人FWパトリシオ・ダミアーノも事情聴取を受けたらしい。

FIFA会長ゼップ・ブラッターの「UEFAとは今月中に合意に至る」発言に、当のUEFAは「勝手な事を言うんじゃねぇ!」と憤慨している様子。

UEFAゼネラル・セクレタリー:ゲルハルト・アイクナー 「FIFAは我々に断りもなく、勝手にECへ案件書類を提出し、ヨーロッパ・フットボールの交渉に大きな打撃を与えた。我々にも全身的な提案の用意がある。しかし、FIFAが我々を無視するなら、我々も独自にECに提出する可能性があるということだ。勝手に決めないでほしいね。FIFAの提案はUEFAの承認なしにECに届いた。肝心のヨーロッパのリーグの声を聴くべきだったのに。我々が重要視しているのは契約の安定性だ。プロ選手へのケアは十分ではない。これまで沢山の思案が選手に与えられてきた。我々には選手が必要だが、能力を発揮させる場を与えるクラブも必要なのだ。現段階の改善策とされるものは、選手個人、特にエリート選手と呼ばれる者たちを優遇している感がある」

移籍問題特別委員会ペア・ラウン・オムダル委員長 「リーグ関係者はFIFAからECに送られた案を拒否し、議事手続きを踏むよう要請する。しかし、リーグ、クラブ、連盟は、ヨーロッパのフットボールのために、確実な解決法を探している」

EC広報 「我々はフットボール・ファミリー:FIFA、UEFA、選手の全てに受け入れられる妥協策を仲介したい」
--
方位が悪いに違いない

マンチェスタ連合で18カ月間もケガを連発しているだけの元スヴァーリェ代表MFイェスペア・ブロムクヴィストに、古巣IFKイェーテボリが復帰オファーを出しているらしい。

イェテボリ・スポーツ・ディレクター:ロジャー・グスタフソン 「彼が契約が切れる今年の6月までにプレーできないなら、マンチェスタ連合が契約を延長するとは思えない。その場合は、帰ってきてくれることを望む」

ボルトン・ワンダラーズのスオミ代表GKユッシ・ヤースケライネンが、土曜日のトランメア戦で膝を負傷。精密検査の結果、靭帯を損傷しており、今季絶望と診断されたらしい。合掌。

IFKイェテボリFWトーマス・ロセンクヴィストが、練習中に足を骨折し、全治4カ月。
--
言うは易し、行うは難し

陰愚乱度には陰愚乱度人の監督を、という風潮の中で、今まで一度も外国人監督を採用したことのないマンチェスタ連合は、サー・アレックス・ファーガソン監督の後釜は外国人でもOKとサバけた考えを持っている模様。まあ、そゆことを言うヤツに限って、結局はそゆことにはならなかった、ちゅーオチがつくんだが。

ピーター・ケニオン・チーフ・エグゼクティヴ 「我々に見合った人物の捜索を、ブリテン島に限定するつもりはない。我々は差別をしない。ここにはサー・アレックス・ファーガソンが作った基準があり、彼に代わる最も適した人物を探すことになる。何故、我々が限定しなければならないんだい?我々は適任者が欲しいだけなんだよ」

陰愚乱度人中心のチームだとか、平均年齢を下げるとか、言ってることとやってることが毎度毎度正反対なチェルシー・ロートル監督クラウディオ・ラニエリは、「負けた時しか喋らない」と、壊れたことをのたまっているらしい(笑)。

クラウディオ・ラニエリ 「ワテらが勝ったり引き分けた場合や、話すことで選手が恩恵に預かるちゅー場合、ワテはもう話をしないことに決めたで。せやけど、負けた試合の後は喋ったるで。ワテは選手の名前なんぞ気にせぇへんのや。ええプレーができんのやったら、ヤク中親父でも、神様でもベンチ行きや。選手は怒っとったらええねん。怒るっちゅーことは、真剣にやっとるちゅーことや。選手の仕事は、ポジション争いや。不満を言う前に、ええプレーをせぇっちゅーねん。勝利者になれちゅーんや。クラブに命をささげてくれる男が欲しいわ。平均年齢も下げなアカンし、ホンマ、頼むで」

ケチャップ屋のアシスタント・コーチをどうするのかさっぱりわからないロベルト・マンチンに、選手としてオファーを出しているレスター市は、簡単には諦めないつもりらしい。因みに、マンチンの現在の立場は、ケチャップ屋の自由契約選手。

レスター監督ピーター・テイラー 「取引はまだ消えていないよ。彼の立場を確かめるために、もうすぐ協議を持つつもりだ。是非、陰愚乱度に来て欲しいね。ここには彼の大好きなエリクソンもいるんだから」
--
私の心は燃えている←ポインセチア

移籍しそうで移籍できないディナモ・キエフのグルジ屋人MFカーハ・カラーゼが、フリゴリー・スルキス会長に移籍を直訴するつもりらしい。

カーハ・カラーゼ 「数日中にフリゴリー・スルキスと会って、移籍を要求するつもりだ。ディナモとの契約はもうすぐ終わるし、昨季終了後の休暇でするキスは移籍させてくれる約束をしてくれている。できるだけ早く西ヨーロッパのクラブに移籍が完了されることを望んでいる。あ〜れ〜ミラン?シェフチェンコがいるからって、簡単に結び付けないでくれよ」

西ハム連合は、ダッチ・レンジャーズのイタリ屋人DFロレンツォ・アモルーゾを諦めたらしい。しかし、フロリダでのキャンプに出発したアモルーゾは全然諦めていない模様。

西ハム広報 「取引は終了です。これ以上の交渉はありません。選手のサラリー引き上げ要求が障害となりました」

ロレンツォ・アモルーゾ 「辞退は単純さ。西ハム連合から先週、代理人にもオレにも話があった。でも、オレが欲しいものと、向こうが提供してくれるものに差があったんだ。話がまとまらないままフロリダに行かなきゃならないけど、戻ってきたらまた交渉するつもりさ。そこでまとまれば、アイブロックスを出て行くことは可能だよ。ダメだったら?ダッチ・レンジャーズのためにベストを尽くして、タイトルをとってみせるだけさ。でも、2週間後に動きがあるはずだよ。さもなきゃオレは前へ進めない。花組?戻るのに抵抗はないよ」

10月に黒亜血屋代表監督を辞職したミロスラフ・ブラゼ奴が、イラン代表監督に就任。契約は2年。
--
予定は未定

ケチャップ屋がローマ郊外に5万人収容の新スタジアムを建設する計画を発表。レアル・へなちょこと同じように、レストランやホテルが併設される新スタジアムは、2006W杯招致を目指して、オリンピコ外観整備を担当している建築デザイナーが設計するらしい。

ケチャップ屋広報 「2003-2004シーズンに使用開始したいのですが、イタリ屋では予定はあってなきが如しです。今年は総選挙もありますし、色々と変更もあるでしょう。しかし、我々は楽観的です」

陰愚乱度2部:ブレントフォードが、グリフィンズ・パークを売却して、ウォキングかキングストニアンとスタジアムを共有しようと考えているらしい。開発利益が目的なんだとさ。

アキレス腱のオペからめでたく復帰したマンチェスタ連合DFヤープ・顔面改造済・スタムが、「マンチェスタ連合で引退したい」と言い放っている模様。

ヤープ・顔面改造済・スタム 「他のクラブがステップアップになるとは思わない。オールドトラフォドでキャリアを終えるのがいいと思う。ここには歴史を創っている実感がある」

ASモナコからお誘いを受けているチェルシー・ロートルDFフランク・ルブーフが、わりかし前向きに帰国を考えているらしい。

フランク・ルブーフ 「ロンドンでの生活に不自由はないし、タイトルも獲得したし、満足している。でも、新しい朝鮮も必要だと思う。モナコには他のタイトルのチャンスが転がっているからな」
--
ほーっほっほ

UEFAが発表したヨーロッパ・クラブ・ランキングによると、我がエスパーニャが第1位を獲得したらしい。このランキングは、チャンピオンズ・リーグとUEFAカップの各国出場枠を決める指標になるそうで、1〜3位のチャンピオンズ・リーグ出場枠は4、4〜6位は3、7〜9位は2。

1位 エスパーニャ  2位 イタリ屋  3位 ドどイツ
4位 腐乱巣  5位 陰愚乱度  6位 オランダ
7位 ロス毛  8位 チェスカ  9位 ギリシャ

FIFAは、先日発表した「20世紀最優秀選手」の選考にミスがあったとして、2002年に再選考する方針らしい…レアル・へなちょこに、20世紀最高クラブとは言いたくなかったりして?

ベルギー蹴球連盟会長ミシェル・ドフーゲが辞職。
--
ギリシャ・ディヴィジョン1第14節

足ない子巣 1-5 オリンピアコ巣ピラエウス
PASイオアンニア 1-0 OFIクレタ
パナハイキ 1-2 パナシナイコ巣
イラクリス・サロニカ・ベルスエー 4-0 エスニコ巣アステラス
パニオニオ巣 2-0 アリス・サロニカ
カラマタ 1-1 パニリアコ巣
PAOKサロニカ 2-1 AEKアテネ
スコダ・ザンティ 0-1 イオニコ巣

Standings-------P W D L F A Pts
1. オリンピアコ巣ピラエウス 14 11 2 1 45 13 35
2. パナシナイコ巣 14 9 5 0 25 8 32
3. イラクリス・サロニカ・ベルスエー 14 8 2 4 21 13 26
4. PAOKサロニカ 14 7 5 2 29 23 26
5. イオニコ巣 14 7 4 3 22 17 25
6. AEKアテネ 14 7 3 4 27 22 24
7. エスニコ巣アステラス 14 6 2 6 17 26 20
8. アリス・サロニカ 14 5 4 5 15 14 19
9. スコダ・ザンティ 14 5 3 6 9 14 18
10. パニオニオ巣 14 3 7 4 15 18 16
11. パナハイキ 14 3 5 6 18 24 14
12. PASイオアンニア 14 2 4 8 20 28 10
13. カラマタ 14 1 7 6 20 28 10
14. OFIクレタ 14 2 4 8 16 25 10
15. 足ない子巣 14 3 1 10 17 31 10
16. パニリアコ巣 14 1 6 7 10 22 9
--
カルカッタ・ミレニアム・カップ

Group-2 ウルグァイ 3-0 インド
得点…38分:ファン・セガレス、56分:リカルド・バレイラ、73分:ウィルソン・マルティレーナ

Group-4 チレ 2-0 バーレーン
得点…28分:エクトル・タピア、81分:フェルナンド・マルテル
--
. . .

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-