Make your own free website on Tripod.com
02. 15
FEBRERO
ENERO 2001
盛り上げるだけ盛り上げといて…

チャンピオンズ・リーグ2nd-Phase:Group-A
バレンシアCF 0-0 マンチェスタ連合

バレンシア
GK-1:サンティアゴ・カニサーレス・ルイス
DF-20:ジョセリン・アングロマ
 12:ロベルト・ファビアン・アヤラ
 2:マウリシオ・ペジェグリーノ
 15:アメデオ・カルボーニ
MF-10:ミグェル・アンヘル・アングロ・バルデレーイ
 6:ガイスカ・メンディエタ・サバーラ様
 19:ルベン・バラハ
 18:クリスティアン・アルベルト "キリ・ゴンサーレス" ペレト
FW-35:パブロ・アイマール
 7:ヨン・カリュ(74分-9:ディエゴ・アロンソ)

マンチェスタ連合
GK-1:ファビアン・チュ〜して・バルテズ
DF-2:ガリー・ネヴィル
 6:ヤープ・顔面改造済・スタム
 24:ウェス・茶
 27:ミカエル・シルヴェストレ
MF-7:デヴィッド・バカ旦那(74分-8:ニッキー・バット)
 18:ポール・スコールズ
 16:ロイ・キーン
 11:ライアン・ギグス
FW-10:テディ・シェリンガム
 9:アンディ・コール(85分-20:俺・グンナー・スールシャール)

主審:ディック・夜(オランダ)
--
決して「オヤクソク」じゃございません

バレンシア監督エクトル・ラウール・クーペル 「オールド・トラフォードでは、今日と同じような試合になるだろう。今夜はビッグ・チームに対して素晴らしい試合をやった。勝てると思ったが、決定力がなかったのが痛かったな。しかし、我々はトーナメントに進むチャンスがあると信じている」

マンチェスタ連合サー・アレックス・ファーガソン 「今夜の結果にゃ満足だべさ。7ポイントで首位なら上等だべ。DFもなかなかだったしな、試合を美味くコントロールできたべ。ガイスカ・メンディエタのシュートもうめぇ具合に止められたでよ。リーズ連合も勝って良かったなや。フレンチ・アーセナルは、難しくはねぇ試合だったが、まぁ勝ててよかったじゃねぇか。多分、オラたちもエスパーニャ人も、調子を取り戻しながらスタートし直してるんでねか?それにしても、ひでぇ雨だべ。ボールは重いし、パスはできねぇしよ。だども、何をやっても正確にゃできねぇだで、お客さんにはスリルがあって面白かったんでねか?」
--
パ〜さんが出ないからだ〜〜(号泣)

チャンピオンズ・リーグ2nd-Phase:Group-A
シュトルム・グラーツ 2-0 パナシナイコ巣
(アーノルト・シュワルツェネガー・シュタディオン)
得点…60分:マリオ・ハース、85分:トミスラフ・コチジャン

シュトルム・グラーツ
GK-1:カジミエルツ・シドルチューク
DF-3:ギュンター・ニューキルヒナー
 12:ギルベルト・プリラスニク
 11:ギオルギ・コルソス
MF-18:マルクス・ショップ(78分-23:ロベルト・イベルツベルガー)
 8:マルクス・シュップ
 30:アンドレス・フレウルグィン
 20:メフルダッド・ミナヴァンド
FW-10:イヴィツァ・ヴァスティッチ
 21:トミスラフ・コチジャン(90分:イムレ・スザビクス)
 26:セルゲイ・ユーラン(56分-31:マリオ・ハース)

パナシナイコ巣
GK-1:アントニス・ニコポリディス
DF-2:レネ・ヘンリクセン
 15:ダニエル・サリッチ
 8:ヤンニス・ゴウマス(77分:ギオルギオス・ナシオポウロス)
MF-14:レオニダス・ヴォコロス
 20:アゲロス・バシナス
 18:ヴァンゲリス・コウトソウレス
 3:パーシー・オリヴァーズ(53分-24:デレク・オウスス・ボアテング)
FW-9:クリストフ・ワルズィチャ
 26:ギオルギオス・カラゴウニス(66分-6:パーさん)
 21:ニコラス・リベロポウロス

主審:リストァルト・ヴォイチク(ポーランド)

Standings-------P W D L F A Pts
1. マンチェスタ連合(陰愚乱度) 3 2 1 0 5 1 7
2. バレンシアCF(エスパーニャ) 3 1 2 0 2 0 5
3. シュトルム・グラーツ(オーストリ屋) 3 1 0 2 2 4 3
4. パナシナイコ巣(ギリシャ) 3 0 1 2 1 5 1
--
シュワちゃんシュタディオンだけのことはある

シュトルム・グラーツ監督イヴィツァ・オシム 「選手のパフォーマンスに対して、彼ら全員に感謝しなければ。マリオ・ハースは、その中の1人に過ぎない。はー巣のゴールは素晴らしかったよ。しかし、彼はもっとやれるはずなんだ。パナシナイコ巣は非常に強かった。我々と違って、彼らには冬休みがないからね、その分有利だったと言える。だからこそ、彼らを撃破したことを誇りに思うよ。我々のパフォーマンスには十分満足だ。前半の我々は、マンチェスタ連合より良かったほどだ。来週のアウェイでは最初から攻めていかねばならないだろう。3ポイント獲れたら素晴らしいだろうが、どちらもチャンピオンズ・リーグで失うものは何もないチームだ。恐らく、とてもナイス・ゲームになるだろう」

グラーツ会長ハンネス・カートニク 「ハースを買い戻すのは高かったが、私は約束していたんだ。彼が戻りたくなったらいつでも買い戻すとね。彼には大満足だよ。シュトルムで育った彼が、ここで我々と常に幸福であることが嬉しい」

グラーツMFマリオ・ハース 「得点できて感激だよ。プリラスニクからのパスは最高だったよ。GKをかわすだけでよかったんだから。ベンチで長いこと待った甲斐があったというもんだね。ゴールの後、ずっとグラーツにいた気がしたよ。ただハッピーだね。もう二度と移籍なんかしないよ」

パナシナイコ巣監督アンゲロス・アナスタシディス 「不運で苦い敗北だ。勝てる試合を落としてしまった。全体的に、試合を支配しているのは我々だった。DF陣が奮闘していただけに、マリオ・ハースの先制点は、パナシナイコ巣にとって最初の難しい瞬間だった。動転にすることができたはずだが、我々は非常に不運だった。苦い瞬間だよ。ホームでのグラーツ戦では、本物のプレーをしなければならない。来週の火曜は絶対に勝たねばならない。それが最重要なんだ。パーさん?ケガが治ったとはいえ、彼を使うのは大きなリスクを伴った。あえて危険を冒してみたが、彼がしたことと言えば、ピッチでただ散歩をしていただけだ」
--
首の皮一枚

チャンピオンズ・リーグ2nd-Phase:Group-B
あ〜れ〜ミラン 1-1 パリ・サン・ジェルマン
(サン・シーロ)
ミランの得点…27分:レオナルド
PSGの得点…30分:ニコラス・セバスティアン・アネルカ
赤札…42分:ロキ・ジュニオール(ミラン)

あ〜れ〜ミラン
GK-12:クリスティアン・アッビアーティ
DF-26:ルイジ・サラ
 25:ロキ・ジュニオール
 3:パオロ・マルちゃんビーム
MF-2:トマス・ヘルヴェク
 4:出目トリオ・アルベルティーニ
 21:フェデリコ・ジュンティ
 27:セルジーニョ
FW-7:アンドリー・シェフチェンコ
 20:オリヴァー・ビアホフ(46分-33:イブラヒム・バ)
 18:レオナルド(77分-9:ジャンニ・コマンディーニ)

パリ・サン・ジェルマン
GK-16:リオネル・レティズィ
DF-24:ベルナール・メンディ
 26:アリオウ・シゼ
 13:フレデリク・デウー
 21:シルヴァン・ディスタン
 18:ディディエ・ドミ
MF-23:ピエール・ドゥクロック
 34:ミケル・アルテータ(68分-10:アウグスティン・オコチャま)
 20:エドゥアルド・シゼ(90分-19:ロラン・ルロイ)
FW-8:アリ・ベナルビア(11:ロラン)
 9:ニコラス・セバスティアン・アネルカ

主審:アンデルス・フリスク(スヴァーリェ)
--
ケガにも負けず出たけれど(byマカーイ)

チャンピオンズ・リーグ2nd-Phase:Group-B
ガラクタサライ 1-0 RCDラ・コルーニャ
(アリ・サミ・イェン)
得点…11分:スアト・カヤ

ガラクタサライ
GK-1:クラウディオ・タファレル
DF-14:ファティー・アクイェル
 4:ヨーギ・ポーペスキュード
 3:ブレント・コルクマツ
 57:ハカン・ウンサル(26分-67:エルグン・ペンベ)
MF-22:ウミト・ダヴァラ(64分-7:オカン・ブルーク)
 8:スアト・カヤ(81分-33:アリフ・エルデム)
 5:エムレ・ベロゾグリュ
 10:ゲオルゲ・ハっつぁん
FW-11:ハサン・サス
 9:マリオ・ジャルデウ

RCDラ・コルーニャ
GK-1:ホセ・フランシスコ・盛菜・ヒメネス
DF-2:マヌエル・パブロ・ガルシーア・ディアス
 3:エンリケ・フェルナンデス・ロメロ
 4:ロウレディン・ナイベト
 20:ドナト・ガマ・ダ・シウヴァ
MF-21:ファン・カルロス・バレロン・サンタナ
 8:ヂャウミーニャ・フェイトーザ・ディアス(78分-17:ワルテル・ヘラルド・パンディアーニ)
 6:マウロ・ダ・シウヴァ・ゴメス
 10:フランシスコ・ハビエル・ゴンサーレス・ペレス "フラン"
 12:リオネル・スカローニ(55分-18:ビクトル・サンチェス・デル・アモ)
FW-9:ディエゴ・トリスタン・エレーラ(60分-7:ロイ・マカーイ)

主審:キム・ミルトン・ニールセン(おデンマーク)

Standings-------P W D L F A Pts
1. ガラクタサライ(トルコ) 3 2 1 0 4 2 7
2. あ〜れ〜ミラン(イタリ屋) 3 1 2 0 4 3 5
3. RCDラ・コルーニャ(エスパーニャ) 3 1 0 2 3 3 3
4. パリ・サン・ジェルマン(腐乱巣) 3 0 1 2 2 5 1
--
バスクで成功した男は何かが違う

ルイス・フェルナンデス 「ロキ・ジュニオールがファウルで退場しなかったら、アネルカがゴールして試合に勝っていたんだけどなぁ…前半はうまくプレーしていたし、後半は1人多いわけだから、もう少しラクになると思っていたのに…うまくいかなかったな。でも、今日のPSGは先週の我々とは違っていた。ちゃんとしたスタメン11人が揃っていたし、オーゼール戦のような前半で2ゴールを献上したりもしなかった。ウチには素晴らしい才能をもった選手がいるし、将来は明るいと思うよ。ヨーロッパでまだ偉大なチームと、個人技に対してよくやったよ。我々にはまだ若干の希望があるが、次には絶対勝点3が必要だ。ホームでミランを打ち砕かねばならない」

あ〜れ〜ミラン監督アルベルト・ザッケローニ 「勿論、結果には満足していない。しかし、後半、10人がひとつになって戦ったハートには満足だ。次のアウェイこそが重要だ。再び自分自身を取り戻し、早急に修正しなければならない。今季の次のステージはすぐそこだ。この試合の違いはアネルカの差だ。彼は2度も我々のDFの裏を取った。2度とも代償を払わされたよ」

ガラクタサライ監督ミルセア・ルチェスク 「非常にいい試合をして勝点3を獲れた。大満足だよ。いいフットボールをするよりも勝つことが重要だったからね。でも、これで安心できるわけじゃない。確かに雰囲気はいいが、次の試合には出られない選手がいるんでね。この先は負けないことを祈っているよハカン・ウンサルとウミト・ダヴァラの負傷は、明日検査してみないと何とも言えないな」
--
チャンピオンズ・リーグ最新オッズ(byウィリアムヒル)

5-2 レアル・へなちょこ
11-4 マンチェスタ連合
11-2 バイエルン・ミュン変
9-1 あ〜れ〜ミラン
10-1 フレンチ・アーセナル
14-1 バレンシアCF
16-1 ガラクタサライ
20-1 リーズ連合
22-1 レアル・クルブ・デポルティボ・デ・ラ・コルーニャ
28-1 ケチャップ屋
66-1 アンデルレヒト、スパルタク・モスクワ
80-1 パリ・サン・ジェルマン
100-1 パナシナイコ巣
125-1 シュトルム・グラーツ
--
親馬鹿

マンチェスタ連合MFデヴィッド・バカ旦那は、契約延長を求めるものの、週給10万ポンドなんて話は一切ないと、父親が新聞にベラベラ喋ってくれてます。

テッド・バカ親父 「デヴィッドは心底マンチェスタ連合を愛しているんだ。何処にも行かないよ。キャリアの最後の方で国外に出ることを考えるかもしれないが。陰愚乱度の選手がイタリ屋やエスパーニャでプレーするのは、私はどうかと思うね。でも、この前デヴィッドと話した時、あいつは『マンチェスタ連合みたいなクラブを捨てて何処へ行けって言うんだ?』って言ってたよ。キャリアから言えばベストを尽くすためにプレーするべきだし、デヴィッドにはマンチェスタ連合がベストなんだよ。契約?あいつは3000万ポンドで5年契約って記事を読んで電話してきたよ。本当に怒ってたな。新しい契約について、オールド・トラフォードでは何の話もしていないと言うのが真実だよ。そりゃ、あいつはマンチェスタ連合にいたいんだから新規契約の話をすることになるだろうし、他の高給取りと同等に扱えと要求するだろうよ。それはスジが通ってるし、正しい要求だよ。でも、週給10万ポンドなんてナンセンスだよ、馬鹿馬鹿しい」

ジェラール・ウーリエ監督のリクエストでゲルマン・リヴァプールが500万ポンドで狙っているリーズ連合GKナイジェル・マーティンについて、リーズ連合会長ピーター・リッズデイルが、「アレは非売品だ」と言い放ったらしい。

ピーター・リッズデイル 「今のところオファーはないし、我々はスタメンを売るつもりはない」

ゲルマン・リヴァプールはMFクリスティアン・ツィー毛を、バイエルン・ミュン変の腐乱巣人DFビセンテ・サナトリウム・バスク・リザラズと交換して欲しいらしい。ムシのいい話だと思うぞ(笑)。

FCポルトはブラ汁人DFルベンス・ジュニオールを解雇。チームメイトをそそのかして売春婦を買ったからだってさ、おいおい。
--
暗いと不平を言うよりも進んで灯りをつけませう

12月の負傷以来、全く使ってもらえないバレンシアの腐乱巣人MFディディエ・ニワトリは、「不平を言うのは自分のスタイルに合わない」と言いながら、自前WEBで愚痴っているらしい(笑)。

ディディエ・ニワトリ 「土曜日のヌマンシア戦は、スペクタクルを見るだけで満足しなければならなかった。チケット代を払ってないのに、私はお客さんだったんだから。当然だけど、無茶苦茶ムカついてるよ。でも、私に何ができると言うんだ?不平不満を言うのは私の流儀じゃないし、そんなことをしようとも思わない。12月に怪我をして以来、殆ど1カ月半プレーしていない。もうどこも悪くないのにだ。忍耐強く待つしかないね。必要とされるならいつでもOKだよ。私はピッチが恋しい。それだけだ」

バレンシアのスヴァーリェ人DFヨアキム・ビヨルクルンドが退団を決意。

ヨアキム・ビヨルクルンド 「監督はオレを信用していない。新しいクラブを探さなくっちゃ。夏には移籍してると思うよ。ベンチ暮らしなんて真っ平さ。座ってるだけで上手くなるわけないじゃん。重要な試合で損をするのはオレなんだ。こんな状態が続くなら、新しいクラブを見つけるのが唯一の解決策だよ。あ〜28日の丸太戦が楽しみだなぁ…でられるのは代表だけなんてトホホだよ」

あ〜れ〜ミランのウクライナ人FWアンドリー・シェフチェンコが、怪我人の多さに辟易しているらしい。

アンドリー・シェフチェンコ 「ミランの問題は監督じゃない。こんなに怪我人が多くちゃどうにもならないさ。おまけに皆疲れてるんだよね」

湯弁戸巣MFアレッシオ・タッキーは、ローマの首位独走を「主審のミスジャッジのおかげ」と言い放っているらしい。

アレッシオ・タッキー 「ウチが良いプレーをしても、ローマは全然コケてくれないんだよな。あいつらには幸運がある。主審がしょっちゅうミスジャッジをしてくれてるからな」
--
ワタシのことは放っといて

国際試合に欠場する度に、「飛行機に乗りたくないから出ない」と書かれるフレンチ・アーセナルのオランダ人FW飛行機恐怖症は、「人間としての尊厳を考えろ!」と激怒しているらしい(笑)。

飛行機恐怖症 「どうして私の飛行機への恐れがソープ・オペラ(昼メロ)にされなきゃいけないんだ?そんなに重要なことなのか?もうウンザリだよ。以前バルセロナやフィレンツェに出かけたし、大したハンディキャップじゃないよ。腐乱巣には列車で行くはずだったし、それは飛行機に乗りたくないからだって事はMr.ヴェンゲーも承知の上だ。彼がプレスに何て言ったか知らないが、毎回こんな風に書かれるなんて心外だ。Mr.ヴェンゲーだって列車に関して私が何の問題もないと知っている筈なのに妙だよ。大事なのは私のことよりチャンピオンズ・リーグじゃないのか?ヨーロッパ最大の大会なのに、どうして私と飛行機の話で盛り上がるんだ?私が飛ばないことを劇的なドラマにされるのは問題だと思う。私は飛行機だと物凄く疲れるんだ。だからイヤなんだよ。冗談ではなく、人間として私の個人的な決定なんだ。人間としてもっと尊重して欲しい」

ケチャップ屋GKアンジェロ・ペルッツィは、いきなり引退説が流れてしまい、目がテン状態らしい。こんなカンジか→(・_・;)

アンジェロ・ペルッツィ 「引退なんて一言も言ってないぞー。今季が終わったらどうするかと訊かれたから、わからないと答えただけだー。オレは1日1日を生きる人間だから、半年後のことなんてわからない。明日死ぬかもしれないし、人間、明日のことはわからないもんだよ。今日1日を大事に生きようじゃないか。健康ならプレーを続けるよ、あはははは」
--
ハポン首相モリくんは地球の恥だ

ガラクタサライの元ルーマニ屋代表MFゲオルゲ・ハっつぁんは、不正な審判を厳しく取り締まろうとした役員を解雇したルーマニ屋蹴球連盟(FRF)に激しくオカンムリらしい。ルーマニ屋では有力クラブから審判への贈収賄が日常化しており、それを何とかしようとしたクラシウネスク委員長が更迭されてしまい、メディアとファンはいっせいにFRFを攻撃しているのだった。

ゲオルゲ・ハっつぁん 「あんな馬鹿野郎どもが重役席に座ってる限り、オレはFRFと連絡をとらないぜ。あんな奴らがのさばってるから、ルーマニ屋のクラブがヨーロッパや世界で成功できねーのさ。悲しいことに、国内リーグは今や何の意味もない。奴らは、この10年の代表チーム、オレの世代までに成し遂げた結果だけで生き延びてるのさ。あいつらがいる限り、ルーマニ屋で監督をする気はない。引退?予定通り今季限りでフィニッシュだ」

ルーマニ屋リベラ紙 「わが国のリーグは競争的ではない。複数のクラブの不透明な利害関係が、多くの試合を悲しみに沈めるパロディにしている。FRFはルーマニ屋リーグではなく、会長リーグを組織し、クラシウネスクを生贄にした。我々はもうフットボールを見ないだろう。フォークダンスでも見せてくれた方がまだしもだ」

牛乳屋はアル全珍人MFマティアス・ヘスス・アルメイダ&ブラ汁人FWアモローゾ・ドス・サントス・マルシオのパスポートは本物だと言い張っているらしい。両人ともイタリ屋人の祖先がいるというのが、牛乳屋の言い分。ホントかよ。
--
方位が悪いに違いない

陰愚乱度に来た途端、ヨメは急病でオペを受けるわ、つられて息子は倒れるわで散々なアストン・ヴィラのコロンビ屋人FWファン・パブロ・アンヘルは、陰愚乱度の気候に馴染めず、寒さの余り呼吸困難をきたしているらしい。

ジョン・グレゴリー監督 「災難続きのアンヘルを非常に心配している。彼自身もかなりナーヴァスになっている。彼の肩に大きな責任があるのを知っているからね。彼は試合で多くのチャンスを供給されるのに慣れているが、それはここでは起きていない。ヨメのポーラは大分回復しているよ。でも、息子のファンは、先週2日ほど病院に泊まったようだ。生後1カ月のヘロニモも病気だったし…おまけにアンヘルは寒くて呼吸ができないと言っている。彼には大変な時期だったよ。でも、彼は素晴らしい選手だから乗り切ってくれるだろう。彼には時間が必要だ。来季のスタートまでは心配しないよ。しかし、これだけははっきりしている。彼は高額な契約の上に胡座をかくために来たんじゃない。彼はプレーすることを望み、ゴールを決めることを望んでいる。外国人選手がプレミアシップに馴染むには時間が必要だ。南米とは全く試合のペースが違うからね」

ASローマFWガブリエル・お丸・バティストゥータが、MARCA紙によくわからないコメントを出した模様。

ガブリエル・お丸・バティストゥータ 「仕事を終えた日はフートボルが好きじゃなくなるんだ。誰かみたいにマッドなフートボルは好きじゃないんだ。これは仕事だし、僕はプロだけど、他の国で起こっていることには興味ないよ。ローマにきた理由?長くイタリ屋にいるけど、スクデットを獲るということがどんなものか、僕はまだ知らないんだ。それが花組では全く不可能なのは明白だった。ローマは壮大な計画を練って来たし、僕はスクデットを獲ることしか考えてなかったんだ」
--
おかしいと思ったら病院へ

ミドルスブラの腐乱巣人MFクリスティアン・カランブーりんが、アストン・ヴィラ戦で左眼を負傷。テリー・ヴェナブルズ監督は当初、「大したことない」と思っていたらしいが、現在カランブーりんの視力は極度に低下しており、専門医にかかる予定。

テリー・ヴェナブルズ監督 「本人が何も言わないからそのまま使ったんだが、どんどんひどくなってきて、腫れあがっているのがわかった瞬間すぐに外したんだ。左眼はかすんで見えないそうだ」

新城連合の元陰愚乱度代表FWアラン・地味だ・シアラーは、24日のマンチェスタ市戦で復帰する模様。

レッジーナ戦で右膝靭帯を損傷したあ〜れ〜ミランMFマッシモ・アムブロジーニがオペを受けた模様。復帰までには半年ほどかかる見込み。

湯弁戸巣のユーゴスラヴィ屋人FWダルコ・コヴァチェ奴が、鼻の骨折を治すオペを受けた模様。以前より見栄えが良くなったかどうかは定かではない。

肺炎で入院していた陰愚乱度の伝説的アル中親父ジョージ・ベストが無事退院。その際、担当医から「一生アルコールを飲まないように」と念を押されたらしい(爆笑)。

湯弁戸巣MFアレッサンドロ・デルピーの父、ジノが亡くなったらしい。
--
無党派万歳

移籍自由化を迫るECと何とか阻止したいUEFAは、ある程度の合意を見たものの、最終結論を月末まで延期した模様。1年間に2度移籍してはいけないとか、1〜5年の契約なら自由だとか、ワケワカメな合意だったらしいが。でもさー、契約には「違約金」ちゅー条項があるのは常識で、契約を途中で破棄するなら賠償金、つまり移籍金が発生するのは当然だと思うんだが、EUでは契約よりも自由が優先されるのか?いいトコだな、西欧ってとこは。自由ってのは制約があるから自由なんだぞ。まぁ、政治家ってのはお国の重大事でもバカンスやゴルフが重要な生き物だからな。理解不能なことしか言わないのが常だよな。そんな奴等に税金払ってると思うとムカツクぜ。それよか、W杯チケットのネット販売を何とかしろ(笑)。

バイエルン・ミュン変副会長カールハインツ・ルンメニゲ 「私にはフッスバルの未来は暗い。この憂慮すべき事態はUEFAやFIFAの責任ではない。彼らは自分のイベントや、全く無意味な世界クラブ選手権のプロモーションに忙しいし、ボスマン裁定の莫大な賠償金でダメージを受けたEUも然りだ。FIFA、UEFA、EUの担当者はいずれもアイディアなしで、責任をとることを望まない。現在のフッスバルは利権で動く。私の夢はブンデスリーガの全試合が土曜の15:30にキックオフされることだ。しかし、時計は逆には回らない」

チケットのオンライン予約がまたも宙に浮いてしまった2002W杯について、ハポン側組織委員会は、試合会場でもアルコール販売を禁止する案を出すらしい。結構なことだ。ホームに落ちる奴が減ってよかんべ。

インテル・へぼへぼのウルグァイ人FWアルバロ・レコバのイタリ屋パスポートが偽造と立証された場合、勝点8剥奪の処分が下ると予測されているらしい。落ちてまえ〜。

ダッチ・レンジャーズは、UEFAカップをチャンピオンズ・リーグ方式に変更する案に賛成らしい。64チームによるリーグ戦になれば、1回戦負けがなくなり、最低でも6試合分の報酬が得られるため…これ以上試合増やしてどーすんだよ、眩暈がするぜ\(-o-)/
--
アタマ割れそう(カゼひいて声が出ないオレ)

3万ポンドの未払いを清算できずに練習場から締め出されちゃったスットコ乱度1部:エアドリーを、見かねたスティーヴ・アーチボルド監督が200万ポンドで買おうとしたところ、破産清算人KPMGから「そんな金があるなら見せてみろ」と突っぱねられちゃったらしい。因みに、監督&外国籍選手の契約は先週、破産宣告によって終了させられてたりする。

KPMG代表 「アーチボルド氏には明らかに現金の問題がある。クラブを買うにはそれなりの資金を供給できるか否かが重要で、あれ我はそれを心配している。彼がエアドリーを買ってくれるなら、資金力を証明しなければならない」

スティーヴ・アーチボルド監督 「FAカップの3日前にこんな処分をするとはムカつくね。KPMGの行動には非常に驚愕させられる。エアドリー・フットボール・クラブは我々の手から離れて、もう誰からも何もしてもらえない」

借金まみれのSLベンフィカは、未だにフィテッセ・アルンヘムにピエール・ファン・フーイドンクの代金を払っていないらしい。仕方ないので「本人をお返しします」と言ったところ、フィテッセから「お金しかいりません」と突っぱねられちゃったらしい(爆笑)。にもかかわらず、エスタディオ・デル・ルスを取り壊して、新スタジアムを作る計画があるらしい…どういう経営理念なんだか。

レスター市はLGエレクトロニクスUK社とスポンサー契約を取り付けた模様。契約は2年で700万ポンド。
--
プロなら酒は飲むな by リトバル親父

アジア系学生への暴行事件に関与したとして告訴されている、リーズ連合MFリー・坊や24歳、DFジョナサン・木門21歳、FWトニー・ハックウォース20歳、DFマイコー・ドゥバリー25歳の裁判で、検察側は防犯カメラの映像を証拠として提出した模様。VTRにはリー・坊やと友人が学生を追いまわし、意識不明になるまで殴った後「勝利の抱擁」をしているシーンが写っているらしい。暴行を受けたアジア系学生は、どのように暴行されたのかを涙ながらに証言した模様。加害者側の弁護士は、「木門とドゥバリーはナイトクラブを出てすぐに車で帰宅した」と反論しているらしい。

目撃者A 「2000年1月の夜、ナイトクラブの外で7、8人の男が我々5人の学生と口論になり、追いかけてきたんです。本当に怖かった。捕まったら殺されるとさえ思いました。その中にジョナサン・木門がいたんです。間違いありません、TVで見た顔でした。彼は数人の男と一緒で、ちょっと興奮しているようでした。ジョナサン・木門は被害者を殴るのを見ていました。それで僕は怖くなって逃げ出したんです。被害者の悲鳴が聞こえましたが、僕は逃げるしかできませんでした。彼らは被害者の意識がなくなっても、暴行を加え続けていました」

目撃者B 「オー、ノー!ジョナサン・木門は暴行していません。彼は見ていただけです」

目撃者C 「暴行を加えていたのは白人男性です。しかし、その中にリー・坊やはいませんでした」

被害者兄弟 「私は人生の岐路に立たされていました…後ろに迫ってくる足音に、彼らが私を叩きのめそうとしてると確信しました。後ろから引き倒されて…壁にぶちつけられたのを覚えています。気がついたら病院のベッドの上でした。足の骨折に、鼻は3箇所折れていました。頭も4針縫いましたし、頬骨も折れてました。唇も何針か縫いました。1年以上たっても呼吸が不自由で、腰痛もひどいです。鼻のケガのせいで眼鏡をかけることもできません。外に出るのも怖いです。あの時、弟は死んだと思いました。私は人生に心理的ダメージを与えられました。大きな叫び声が聞こえました。弟が路上に転がっているのがわかりました…彼は意識不明のようでした。周囲を4、5人の男が取り囲んで蹴っていました。僕らは翌日の講義があったので早く帰ろうとしたんですが、ガラの悪い白人達に止められたんです。その内の1人が固く握りこぶしを作って尋ねました。『オレが誰だか知ってるか?』と。そうしたら、別の男が『我らがヒーロー木門様だ』と答えました。数秒後に『パンチが欲しいか』と言って殴ったんです。私は床に倒れ、眼鏡は壊れました…彼がもう1度殴ると思ったので、自己防衛のために起き上がって殴り返したんです。そうしたら弟が逃げろと叫びました。でも、弟がひどい目に遭っているのを見て引き返しました。私たちはもう普通の生活はできません。外に出るのも怖いし、二度とスポーツもできない体にされてしまいました」
--
コパ・リベルタドーレス:Group-4

エメレク 1-1 オリンピア
エレメクの得点…68分:カルロス・フアレス
オリンピアの得点…47分:ワルテル・エスコバル

Standings-------P W D L F A Pts
1. エレメク(エクアドル) 1 0 1 0 1 1 1
2. オリンピア(パラグァイ) 1 0 1 0 1 1 1
3. クルゼイロ(ブラ汁) 0 0 0 0 0 0 0
4. スポルティング・クリスタル(ペルー) 0 0 0 0 0 0 0

コパ・リベルタドーレス:Group-5

グァラニ 3-1 エル・ナシオナル
グァラニの得点…10・17・85分:フリオ・ゴンサーレス
ナシオナルの得点…81分:レナン・カジェ

Standings-------P W D L F A Pts
1. グァラニ(パラグァイ) 1 1 0 0 3 1 3
2. リーベル・プラテ(アル全珍) 0 0 0 0 0 0 0
3. ザ・ストロンゲスト(ボリビ屋) 0 0 0 0 0 0 0
4. エル・ナシオナル(エクアドル) 1 0 0 1 1 3 0

コパ・リベルタドーレス:Group-6

ペニャロール 1-2 アメリカ
ペニャロールの得点…40分:ホセ・ビセラ
アメリカの得点…22(PK)・60分:ラウール・ロガノヴィッチ

Standings-------P W D L F A Pts
1. アメリカ(コロンビ屋) 1 1 0 0 2 1 3
2. デポルティボ・タチーラ(ベネスエラ) 0 0 0 0 0 0 0
3. ガマのバスク人(ブラ汁) 0 0 0 0 0 0 0
4. ペニャロール(ウルグァイ) 1 0 0 1 1 2 0
--
FYRマケドニ屋戦のチェスカ

GK
ラディスラフ・マイエル(ラピド・ウィーン)
パヴェル・スルニェチェク(ブレシア・ロバ)
DF
ミラン・フカル(ハンブルガーSV)
トマス・ウイファルーシ(ハンブルガーSV)
ラドスラフ・ラタル(FCシャルケ・ヌルフィア)
イリ・ノヴォトニー(スパルタ・プラハ)
ロマン・ティツェ(TSV1860ミュンヘン)
トマス・ヴォタヴァ(TSV1860ミュンヘン)
ペトル・ヴルチェク(スタンダール・リエージュ)
MF
ラデク・ベイブル(RCランス)
パヴェル・ホルヴァーツ(スポルティング・リスボン)
イリ・ヤロシーク(スパルタ・プラハ)
パヴェル・ネドゥヴィェド(ケチャップ屋)
カレル・ポボちゃん(ケチャップ屋)
トマス・ロシツキ(ボルシアBV09ドルトムント)
FW
マレク・ハインツ(ハンブルガーSV)
ヤン・でかすぎる・コラー(アンデルレヒト)
パヴェル・クカちん(スラヴィア・プラハ)
裏地見る・シュミツェル(ゲルマン・リヴァプール)
レネ・ヴァグネル(ラピド・ウィーン)
--
28日:北アイル乱度戦のノル毛

GK
トーマス・ミレ(エヴァートン)
フローデ・オルセン(セビーリャFC)
DF
ヘニング・ベルク(ブラックバーン・ローヴァーズ)
アンドレ・ベルクドルモ(アヤックス・アムステルダム本店)
ダン・エッゲン(デポルティボ・アラベス)
ビヨン・トレ・クヴァルメ(サンテティエンヌ)
クラウス・ルンデクヴァン(サウザンプトン)
スタレ・ステンソーズ(ローゼンボリ・ティルブルク)
MF/FW
トレント・アンデルセン(ウィンブルドン)
エイリク・バッケ(リーズ連合)
ヨン・カリュ(バレンシアCF)
ダグフィン・エネリー(ローゼンボリ・ティルブルク)
トレ・アンドレ・風呂(ダッチ・レンジャーズ)
トルステン・ヘルスタッド(ブラン・ベルゲン)
フローデ・ヨンセン(ローゼンボリ・ティルブルク)
トミー・スヴィンダル・ラルセン(スタベーク)
オイヴィント・レオナルドセン(トッテナム・ホットスパー)
俺・グンナー・スールシャール(マンチェスタ連合)
--
ベルファストにノル毛を迎える北アイル乱度

GK
マイク・テイラー(古ハム)
トミー・ライト(ボルトン・ワンダラーズ)
DF
イアン・ノラン(ブラッドフォード市)
アーロン・ヒューズ(新城連合)
ダニー・グリフィン(ダンディ連合)
マーク・ウィリアムズ(ウィンブルドン)
ゲリー・タッガート(レスター市)
コリン・マードック(プレストン・ノース・エンド)
ピーター・ケネディ(ワトフォード)
MF
ジム・マジルトン(イプスウィッチ町)
ジェフ・ウィットリー(マンチェスタ市)
ダニー・ソナー(バーミンガム市)
ダミアン・ジョンソン(ブラックバーン・ローヴァース)
ジョン・マッカーシー(バーミンガム市)
スチュアート・エリオット(マザーウェル)
ニール・レノン(セルティック・グラスゴウ)
FW
フィリップ・グレイ(オックスフォード連合)
デヴィッド・ハーリー(プレストン・ノース・エンド)
アンディ・キーク(ハーツ)
グレン・ファーガソン(リンフィールド)
--
おデンマークとダブリンで戦うアイル乱度

GK
アラン・ケリー(ブラックバーン・ローヴァーズ)
シャイ・ギヴン(新城連合)
ディーン・キーリー(チャールトン・アスレティック)
DF
ステファン・カー(トッテナム・ホットスパー)
ケニー・カニンガム(ウィンブルドン)
イアン・ハート(リーズ連合)
スティーヴ・スタウトン(アストン・ヴィラ)
ガリー・ブリーン(コヴェントリー市)
リチャード・ダン(マンチェスタ市)
ガリー・ドハーティ(トッテナム・ホットスパー)
MF
ロイ・キーン(マンチェスタ連合)
マーク・キンシェラ(チャールトン・アスレティック)
スティーヴ・フィナン(古ハム)
ジェイソン・マカティア(ブラックバーン・ローヴァーズ)
ケヴィン・キルバーン(サンダーランド)
リー・カースリー(コヴェントリー市)
ロリー・デラップ(ダービー・カウンティ)
マット・ホーランド(イプスウィッチ町)
ダミアン・ダフ(ブラックバーン・ローヴァーズ)
FW
ナイアル・クィン(サンダーランド)
デヴィッド・コノリー(フェイエノールト・ロッテルダム)
ロビー・キーン(リーズ連合)
--
ドゥバイ4カ国対抗

おデンマーク 2-0 韓国
得点…7分:ヤン・ミカエルセン、79分:ブリアン・ピザ屋・スティーン・ニールセン

アラブ首長国連邦 1-1 モロッコ
UAEの得点…34分:アブドゥル・サラム・ジュマ
モロッコの得点…75分:スクティオウイ・タリク

Final Standings---P W D L F A Pts
1. モロッコ 3 1 2 0 6 4 5
2. 韓国 3 1 1 1 5 4 4
3. アラブ首長国連邦 3 1 1 1 3 5 4
4. おデンマーク 3 1 0 2 4 5 3
--
オランダ・カップ:準々決勝

SCヘーレンフェーン 0-0 フェイエノールト・ロッテルダム
(濃霧のため25分で中止)

フレンドリ・マッチ

グルジ屋 0-0 ウクライナ

イスラエル…1:ニル・ダヴィドヴィッチ、2:アリク・ベナド、3:オフェル・タルカー、4:アミル・シェラー、5:シモン・ゲルション、6:アドラム・ケイシ、7:タル・バニン、8:アヴィ・ニムニ、9:ヤニヴ・カタン、10:ヨッシ・ベナヨウン、11:オレン・ゼイトゥーニ

モルドヴァ…1:エフゲニー・フマルッチ、2:アレクサンドル・コヴァレンコ、3:ラドゥ・レベヤ、4:イオン・テスティミタヌ、5:アドリアン・ソスノヴィッチー、6:ゲオルゲ・ストラトゥルラト、7:オレグ・シスチン、8:イゴール・オプレア、9:セルギウ・エプレアヌ、10:ヴァディム・ボレット、11:セルゲイ・クレスチェンコ

主審:アンドレアス・ゲオルギウ(キプロス)

グルジ屋U-21 1-0 ウクライナU-21
得点…87分:裏地見る・ブルブリー
--
今月のあてにならないFIFAランク()内は先月順位

1. (1) 何故かブラ汁 818 pts
2. (2) まだ腐乱巣 799
3. (3) アル全珍 769
4. (4) イタリ屋 740
5. (4) チェスカ 739
6. (6) ポルトガル 736
7. (7) エスパーニャ 732
8. (8) オランダ 706
9. (9) ユーゴスラヴィ屋 705
10. (10) パラグァイ 704
11. (11) ドどイツ 703
12. (12) メヒコ 688
13. (13) ルーマニ屋 681
14. (14) ノル毛、コロンビ屋 673
16. (16) USA 657
17. (17) 陰愚乱度 655
18. (18) 黒亜血屋 654
19. (19) 南アフリカ 633
20. (20) ロス毛 632
-----40. ハポン
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-