Make your own free website on Tripod.com
02. 16
FEBRERO
ENERO 2001
その時リベロ・パリー・ロメロは?

マンチェスタ連合戦でデビューしたバレンシアのクラブ・レコード移籍金FWパブロ・アイマール21歳は、何故か背番号22のジャージを着てウォーミング・アップに登場したらしい。紛らわしい奴(笑)。プレーに関しては、アフィシオンとメディアから大絶賛だったらしい。ズラッコ・サザエさんが拗ねそうだな。

パブロ・アイマール 「最初はちょっと戸惑ったけど、試合が進むにつれてプレーにからめるようになったし、信頼もできたと思う。快適だったよ。でも、試合のリズムに慣れるには、何試合かこなさないとね。カリュ?コンビネーションはこれからさ」

エクトル・ラウール・クーペル監督 「アイマールは才能の片鱗を見せてくれた。後半はオープンスペースが沢山あったし、もっとからめたはずだ。しかし、相手はヨーロッパで最も良いクラブの1つであり、彼がチームに馴染むには少々時間がかかることを考慮して欲しい」

マンチェスタ連合DFガリー・ネヴィルは、腐乱巣人GKファビアン・チュ〜して・バルテズをベタ褒めしながら、チャンピオンズ・リーグ準々決勝はこっちのもんだと豪語している模様。煩せーよ。

ガリー・ネヴィル 「ファビアン・バルテズが僕らの後ろにいると違うんだよね。彼がいると安心なんだ。彼は僕らからすり抜けても、いつもラインを引いてくれている。すごくシャープなラインだよ。この3、4年で最高のDFラインができたよ。昨季は許しがたい守備ミスがあったし、チャンピオンズ・リーグでも時々惨めなことがあった。でも、今季の僕らは、スティーヴ・ブルースやガリー・パリスターがいた頃のようなチームなんだ。今度のバレンシア戦を見れば、僕の言ってる意味がわかるよ。オールド・トラフォードで勝てば、もうこっちのものだからね。去年のホームではバレンシアを3-0で粉砕してる。オールド・トラフォードなら素晴らしい夜を演出できるだろう」
--
ブリアンがいた頃は天下だったのに

セルティック・グラスゴウに大きく水をあけられてしまっているダッチ・レンジャーズ会長デヴィッド・マーレーは、3カ月で何とかしろと叱咤激励しているらしい。しかし、450万ポンドで買ったオランダ人Rデブは、傷めていた膝が悪化してしまい、アムステルダムでオペを受けたため、全治2カ月。因みに、レンジャーズの怪我人には、オランダ人MFジオヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト、ドイツ人FWヨルグ・アルベルツ、オーストラリア人MFクレイグ・ムーア、イタリ屋人DFロレンツォ・アモルーゾ等がいたりする。

デヴィッド・マーレー 「ウチの選手の何人かは十分働いていない。そういうやつは取り替えねばならない。レンジャーズの未来を作りたいなら、自分たちの立派さを今季の内に示さねばならない。彼らは、レンジャーズのシャツを着ることに、ハングリー精神を持っていることを証明しなければならない。今季の残りはプライドを賭けた戦いだ。誰もが、選手たちが未来を作りたい気持ちを見たがっていると思う。9月には毎週、平均8人が負傷でつかえなくて苦労した。だからRデブをアヤックス・バルセロナから買った。セルティックの独走を許してはいけない。我々は常勝レンジャーズに戻らねばならない」

DFアルチュール・ヌーマン 「我々に残されているのはスットコ乱度FAカップだけだ。今季最後の試合のつもりで臨まねばならない。来季の準備をするという意味では大きなバックアップになるだろう。日曜の試合は非常に重要だ。完全に集中しなくては、大きな問題が生じてしまう。皆が我々の勝利を期待している。失うものはあまりに大きい」

Rデブ 「このケガのせいで、レンジャーズでの最初のシーズンを棒に振ってしまった。色々治療したり休ませたりして膝を治そうとしたけど、ちっともよくならなかった。まっすぐに膝を伸ばせない状態でね、何かがおかしいと思ってたら、膝の軟骨が傷んでて、骨の間で固まってたんだ。もう足は伸ばせるようになったけど、復帰するのに8週間はかかるだろう」
--
プロならタバコもダーメダーメ by リトバル親父

昨年11月、ドどイツ・カップ3回戦:ボルシアBV09ドルトムントvsFCシャルケ・ヌルフィア戦のドーピング・テストで、マリファナが検出されてしまった当時BVB、現SCフライブルクのガーナ人FWイブラヒム・タンコ23歳に、4カ月の出場停止+罰金15000マルクが課された模様。処分が明けるのは4月16日。

ジョアン・アエランジェ杯決勝でコカインが検出された、ガマのバスク人の元ブラ汁代表DFジュニオール・バイアーノこと、ライムンド・フェレイラ・ラモス・ジュニオールに、120日間のサスペンションが課された模様。本人は、「食事に混ぜられた」と言い張っていたものの、通用しなかったらしい。ヴェルダー・ブレーメン時代には相手選手を殴って10試合の出場停止を頂いたため解雇されたことがあるジュニオールは、ガマに来て1年で3回赤札を貰った実績があったりする。

ジュニオール・バイアーノ 「オレはどんなヤクもコカインも使ってない。俺は生贄だ。どんな時もオレの良心はクリアだ。これはオレの新しいハードルになるだろう。ブラ汁のフチボルに尽くしてきたのに…」

イタリ屋北東部のクラブの選手が、ドーピング・テストで陽性反応が出たというウワサ…ウディネーゼの外国人選手という節が有力らしい。さっさとバラしちまいな。

脱税で起訴されていた元アイントラハト・フランクフルト副会長ベルント・フールツェンバイン54歳に、懲役7カ月+社会奉仕300時間が言い渡された模様。当時所属していたガーナ人FWトニー・イェボアに、架空の契約書を作ったため。当時の経理アドヴァイザー2名にも12・15カ月の懲役が言い渡されたらしい。
--
馬鹿者どもめ

UEFAカップを目指してローマに乗り込んだゲルマン・リヴァプール・ファンに、ローマの馬鹿者が襲いかかり、27歳の青年が腕と胃を刺されて全治2週間。他にも2名が軽い怪我を負った模様。前日には、泥酔したリヴァプールの馬鹿者2名がバルの窓を打ち壊すなどして、ローマ市警に逮捕されたらしい。イタリ屋当局は、ASローマvsゲルマン・リヴァプール戦の前後のアルコール販売を禁止。にも関わらず、試合前には更に5人のリヴァプール者が負傷。何でこんなに荒れてるかとゆーと、1984年のヨーロッパ・カップ決勝で、リヴァプールがASローマをPKで下しているからなんだな。だからって八つ当たりすんなよ、バーカ。

ロス毛とエスパーニャの労働協定を盾にとってEU市民と同等の権利を勝ち取ったビゴのケルト人のロス毛人MFヴァレリー・カルピンに習って、今度はレアル・マジョルカ島のアル全珍人MFアリエル・イバガサが「オレにもEU市民と同等の権利をくれ」と告訴する模様。エスパーニャはアル全珍ともロス毛と同様の労働協定を結んでいるため、イバガサの主張はすんなり通る可能性が非常に高いらしい。このままでは、EU枠総くずれ。因みに、エスパーニャが「国内で働く外国人労働者にはスペイン国民と同様の権利を認める」という協定を結んでいるのは、不法労働者を減らすための政策ざんす。

陰愚乱度FAは、腐乱巣クレフォンテーヌを手本にした代表用トレーニング・センターを建設する予定らしい。陰愚乱度北西バートン・アポン・トレントに2003年完成予定で、予算は3000万ポンド。標準ピッチ13面、フルサイズのインドア・サーフェス3面+ウェンブリー・レプリカ屋根つき1面に、データベース&VTR分析システム、フィットネス・センター、ジム、娯楽施設、スポーツ科学&薬学専門医コース併設という、世界最大規模を目指すらしい。これで世界征服は間違いないと関係者は豪語しているが、それよか、ウェールズとかスットコ乱度とか北アイル乱度と仲良くした方が早かないか?因みに、クレフォンテーヌのピッチは10面。
--
領収書なしで10億の金が出せる世の中だし

税金を滞納したままのSLベンフィカに対し、ポルトガル税務当局は「30日以内に払え」と最後通告をした模様。200億エスクード以上のベンフィカの負債の内、税金滞納分は4億エスクードほど。

エージェント:アルフォンソ・マルティンス・コスタ・フィーリョ、自称ジミー・マーティンスが、ヴィツェンツァのブラ汁人選手ジェダ&デデの偽造パスポートについて証言。

アルフォンソ・マルティンス・コスタ・フィーリョ 「エスパーニャで2人のオフィシャルに会った。彼らはポルトガルの移住局や警察で働いたことがあるそうだ。その時は、偽造だとは知らなかった。カレカがパスポートに対して2万ドル払っていたが、それが偽物だと気づいた時、返済するよう申し出た」

ハンガリーかヘルヴェティアと共同でEURO2008に立候補したいオーストリ屋は、ヘルヴェティアを選ぶ模様。政治的背景と起訴構造に加えて、スタジアム等の設備を考えると、やはり西側でということらしいが、ハンガリーは全くコンタクトを取ってくれなかったらしい。わかりきったことを今更…

アジア系学生への暴行事件に関与したとして告訴されている、リーズ連合MFリー・坊や24歳、DFジョナサン・木門21歳、FWトニー・ハックウォース20歳、DFマイコー・ドゥバリー25歳の裁判で、被害者が「木門のパンチから集団暴行が始まった」と証言したのに続いて、検察側は「被害者のグループが木門の友人を嘲笑したのが原因で、ハックウォースが木門と口裏を合わせてアリバイ工作をした」と発言。「リーズ連合の選手かよ、だっせー」てなことでも言ったんですかね?

目撃者C 「リー・坊やが暴行したかどうかは知らないけど、彼は確かのあそこにいたよ。あのクラブにいたのは坊やだ、絶対間違いない」
--
カーニヴァルは禁止だよ

規律最優先で有名なブラ汁代表監督エメルソン・レオンは案の定、「遊び人は使わない」とコメント。

エメルソン・レオン 「TVを見ていて、サンバの行進に選手を見つけてもどうってことないよ。しかし、5つも6つも、違うパレードで同じ選手を見たら、それは私の限界を超えているよ。選手は、セレソンとして振舞わねばならない」

USA、メヒコと小手試しをするブラ汁

レアル・へなちょこDFロベカルと、アヤックス・バルセロナMF爬虫類は、デルビー・クラシコのため不参加。爬虫類は呼んでいいのに。

GK
ロジェリオ・セニ(サン・パウロ)、ボスコ(クルゼイロ)
DF
カフー(ASローマ)、シウヴィーニョ(フレンチ・アーセナル)
エヂミウソン(オリンピック・リヨン)、クリス(クルゼイロ)
ロキ・ジュニオール(あ〜れ〜ミラン)
MF
ジュニーニョ・パウリスタ(ガマのバスク人)
ヴァンペタ(パリ・サン・ジェルマン)
エメルソン・フェレイラ(ASローマ)
リカルヂーニョ(クルゼイロ)
FW
エヂウソン(フラメンゴ)、ホマーリオ(ガマのバスク人)
クリスティアン(パリ・サン・ジェルマン)
ホナウヂーノ・ガウショ(グレミオ)
ルイザン(コリンチャンス)、エウレル(ガマのバスク人)
--
イタリ屋戦は近場で済ませるアル全珍

GK
ヘルマン・ブルゴス(レアル・マジョルカ島)
パブロ・カバジェロ(ビゴのケルト人)
DF
ワルテル・サムエル(ASローマ)
ロベルト・ファビアン・アヤラ(バレンシアCF)
ネルソン・ビバス(フレンチ・アーセナル)
マウリシオ・ポチェッティーノ(パリ・サン・ジェルマン)
ファン・パブロ・ソリン(クルゼイロ)
MF
ハビエル・サネッティ(インテル・虫の息)
ディエゴ・シメオネ(ケチャップ屋)
マティアス・アルメイダ(牛乳屋)
ファン・セバスティアン・ベロン(ケチャップ屋)
クリスティアン・アルベルト "キリ・ゴンサーレス" ペレト(バレンシアCF)
グスタボ・ロペス(ビゴのケルト人)
パブロ・アイマール(バレンシアCF)
マルセロ・ガジャルド(ASモナコ)
FW
エルナン・高かった・クレスポ(ケチャップ屋)
フリオ・クルス(ボローニャ)
--
UEFAカップ4回戦:1st-Leg

スラヴィア・プラハ 0-0 1.FCカイザースラウテルン

スラヴィア・プラハ…24:ラデク・チェルニー|14:ダルコ・ススカフチェヴィッチ、23:ヤン・スホパレク(63分-17:アダム・ペトロス)、27:マルティン・ヒスキー、31:ゴラン・サンコヴィッチ|4:ルーカス・ドシェク、7:イヴォ・ウリフ、8:リハルド・ドスタレク、29:トマス・クチェラ|5:トマス・ドシェク(82分-30:ペトル・スヴァンカラ)、9:ルデク・ツェレンカ

カイザース…1:ゲオルグ・コフ|24:ハリー・ラズミー、2:ミケル・シェーンベリ(63分-10:ヴラティスラフ・ロクヴェンツ)|17:ラティーニョ(46分-22:アンドレアス・ブック)、30:マリオ・バスラー、7:マリアン・フリストフ、9:イェルゲン・ペテルソン、21:ジェフ・シュトラッサー|25:ミロスラフ・クロセ、11:オラフ・マーシャル

主審:エリク・ロマイン(ベルギー)

スラヴィア監督カレル・ヤロリム 「攻撃的にいったんだけどねぇ…プレー・スタイルから言っても、選手のパフォーマンスからしても、勝って当然だったんだけどなぁ…特に前半は凄かったのになぁ。カイザースのDFはボロボロだったのになぁ…おかしいなぁ」

カイザース監督アンドレアス・ブレーメ 「我々にしてみれば、前半と後半で全く違う試合だった。非常に攻撃的にスタートさせたんだが、6分か7分で押し戻されてしまった。それで守備と前線の間がポッカリ開いてしまったんだ。次のラウンドに進みたいなら、我々が変わらねばならないとハーフタイムにゲキを入れたよ。まだ何も決まってないし、来週を見てみないと…でも、今夜のスラヴィアはウチよりずっといいチームだったよ」
--
UEFAカップ4回戦:1st-Leg

PSVアイントフォーフェン 2-1 牛乳屋
PSVの得点…24分:アンドレ・オーイェル、73分:デニス・ロンメダール
牛乳屋の得点…67分:パトリック・エムボマ

PSVアイントフォーフェン…23:ロアルト・ヴァテレウス|2:アンドレ・オーイェル、21:ユーリ・イキフォロフ、29:ケヴィン・ホフラント、5:いやン・ハインツェ|19:デニス・ロンメダール、6:マルク・ファン・ボンメル、14:ヨハン・フォーゲル、22:ヴィルフレト・ボウマ(72分-11:洋茄子・コルッカ)|10:アーノルト・ブルッヒンク(72分-15:ヨン・デ・ヨンク)、9:待てや・ケツマン

牛乳屋…77:ジャンルイジ・ブッフォンくん|2:リリアンちゃん(52分-28:パオロ・カンナヴァロ)、5:ステファノ・トリージ、3:アントニオ・ベナリーヴォ|7:ディエゴ・フゼール、8:サブリ・ラモウキ、25:マティアス・アルメイダ、16:ジュニオール|11:セルジオ・コンセイソン、9:サーヴォ・見ろ背奴(57分-70:パトリック・エムボマ)、20:マルコ・ディ・ヴァイオ(81分-10:マルシオ・アモローゾ)

主審:キロス・ヴァッサラス(ギリシャ)

PSVデニス・ロンメダール 「勝ったことには満足だよ。でも、1点やってしまったのは痛いね。パルマでは無失点に押さえないと…そうすれば突破できるだろう」

PSVアンドレ・オーイェル 「俺たちは牛乳屋を完全に制圧していた。ポジションもシャープだったし。なのに、エムボマに入れられてしまうなんて、実にみっともないね」
--
UEFAカップ4回戦:1st-Leg

デポルティボ・アラベス 3-3 インテル・虫の息
アラベスの得点…43分:ハビ・モレノ、70分:オスカル・テジェス、70分:イバン・アロンソ
インテルの得点…45・50分:アルバロ・レコバ、65分:クリスティアン・ヴィエリ

デポルティボ・アラベス…1:マルティン・エレーラ|2:マリウス・コスミン・コントラ、4:ダン・エッゲン、6:オスカル・テジェス、7:デルフィ・ヘリ|16:エルメス・デシオ、10:パブロ(68分-11:マグノ・モセリン)、18:マウリシオ・アストゥディージョ(34分-3:イボン・ベゴーナ)、15:イヴァン・トミッチ、14:ヨルディ・クライフ|9:ハビ・モレノ(68分-19:イバン・アロンソ)

インテル・虫の息…1:セバスティアン・フレイ|4:ハビエル・サネッティ、2:イバン・コルドバ、23:クリスティアン・ブロッキ(88分-30:ブルーノ・チリッロ)、13:ダリオ・シミッチ、6:ミケーレ・セレーナ、8:裏地見る・ユーゴ奴(76分-15:ベノワ・コウエ)、31:ハビエル・ファリーノス、14:ルイジ・ディ・ビアージォ、20:アルバロ・レコバ、32:クリスティアン・ヴィエリ(68分-54:ハカン・シュクル)

主審:アライン・ハマー(ルクセンブルク)
--
UEFAカップ4回戦:1st-Leg

ASローマ 0-2 ゲルマン・リヴァプール
得点…46・72分:マイコー・オーウェン

ASローマ…1:フランチェスコ・アントニオーリ|3:アレッサンドロ・マンゴーネ、19:ワルター・サミュエル、23:アレッサンドロ・リナルディ、32:ヴァンサン・カンデラ、2:カフー|11:エメルソン、17:ダミアーノ・トマッシ(66分-18:ガブリエル・お丸・バティストゥータ)、8:ンナカータ(51分-5:マルコス・アッスンサン)|24:マルコ・デルヴェッキョん(82分-25:ジャンニ・グィゴウ)、9:ヴィンツェンツォ・モンテッラ

ゲルマン・リヴァプール…1:サンデル・ヴェスターフェルト|6:マルクス・バッベル、23:ジェイミー・ギャラハー、12:サミ・ヒーピア、2:シュテファン・ヘンコス|16:ディットマーハマン、21:ガリー・マカリスター、20:ニッキー・バームビー|3:クリスティアン・ツィー毛(74分-7:裏地見る・シュミツェル)|10:マイコー・オーウェン(80分-37:砂利・リトマネン)、9:ロビー・ファウラー

主審:マルクス・メルク(ドどイツ)

ローマ監督ファビオ・カページョ 「流れが変わったのはリナルディのミスからだ。
それまでうまくいっていたのに、リヴァプールにプレゼントを与えてしまった。せめて引き分けに持っていきたかった。バティ?彼は週に3試合もやらせるわけにはいかないと思う。最後の20分使ったが、出来るなら出したくなかった。出来る限りのベストメンバーを組んだはずだったんだが…」

ローマFWマルコ・デルヴェッキョん 「リヴァプールは全然スペースを与えてくれなかった。特に中盤の真中から後ろは何も出来なかった。彼らはウチの高さと守備力をうまく分散させるために、サイドしか使わせてくれなかった」

リヴァプール監督ジェラール・ウーリエ 「マイコーのゴールが全てを変え、チームに多くの信頼を与えた。チームワークは果てしなく大きかった。後半の我々は、我々に必要なフットボールができたよ」

リヴァプールFWマイコー・オーウェン 「こんなスタジアムに来て、ラッズの素晴らしいパフォーマンスに良いゴールを決められるなんて素晴らしいよ」

この試合を陰愚乱度代表監督スヴェン・御覧・エリクソンが、観戦していたらしいが、昨日から続出しているリヴァプール者の怪我人が、更に3人増えたらしい。今回は23歳の陰愚乱度人が下腹部を刺されて重症、ノル毛人2名が臀部にナイフで軽症を負った模様。オリンピコにまでやってきた約4000人のリヴァプール・ファンは、「オレたちゃいつでもローマで勝つんだイェー♪」と、ローマ者には屈辱的な歌を歌っていたらしい。殺されても知らんぞ。
--
UEFAカップ4回戦:1st-Leg

VfBシュトゥットガルト 0-0 ビゴのケルト人

VfBシュトゥットガルト…1:ティモ・ヒルデブラント|33:ロベルト・ピント(87分-17:ヨヒェン・セイツ)、20:ズヴォニミール・ソルド、5:ボルドン、16:ブラッドリー・カーネル、22:クリスティアン・リステス|10:暮らし見る・バラコフ(56分-12:ハイコ・ゲルバー)、2:シルヴィオ・メイシュナー、26:アンドレス・ヒンケル|13:クリスティアン・ティファート(56分-19:アデマール)、36:シーン・ダンディ

ビゴのケルト人…13:ホセ・ピント|2:ファン・ベラスコ、4:フェルナンド・カセレス、32:エドゥアルド・ベリーソ、23:ヤーゴ|7:ヴァグネル、5:エヴァートン・ジオヴァネッラ(73分-35:ファン・ホセ・ハヨ)、8:ヴァレリー・カルピン(84分-6:トマス・アルベルト)、10:アレクサンデル・モストヴォイ|11:グスタボ・ロペス、24:カターニャ

主審:ヒュー・ダラス(スットコ乱度)

シュトゥットガルト監督ラルフ・ラングニック 「我々にはヒルデブラントという非常にいいGKがいる。彼がどんなに重要かよくわかったよ。フィジカルでもメンタルでも、我々はこのテの試合に正しいコンディションになかったが、60分間は良くやったと思う。スタミナを使い果たしてしまったんだな。ビゴのケルト人には少々有利だが、我々が失点しなかったという事実は、我々にはまだチャンスがあるということだ。UEFAカップのアウェイで、ウチが食らった失点はまだ1点しかないんだからね。まだ終わりじゃないよ」
--
UEFAカップ4回戦:1st-Leg

AEKアテネ 0-1 アヤックス・バルセロナ
得点…41分:ルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシーア

AEKアテネ…1:イリアス・アツマツズィディス|2:トライアノス・デッラス、5:ニコス・コステノグリュ、6:テオドリス・ザゴラキス、7:クリストス・マラデニス|10:ヴァッシリス・ツァルタス(58分-30:アエマヌエル・ルイス)、11:デミス・ニコライディス(78分-20:コンスタンティニディス)、14:アンドレアス・ジコス、17:ミカリス・カッサピス|23:ヴァシリス・ラキス、28:ミレン・ペトコフ

アヤックス・バルセロナ…35:ホセ・マヌエル・レイナ|23:ブーデヴィーン・ツェンデン、5:阿部らる度、3:Fデブ、12:セルジ・バルファン・エスクルサ|4:ジョゼップ・ホモかも・グァルディオーラ・サーラ、8:フィリップ・コクー、18:ガブリ、10:爬虫類、21:ルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシーア(68分-17:エマニュエル・ぷちっ)|9:パトリック・××・クライファート(68分-7:アルフォンソ・ペレス・ムニョス)

主審:グラハム・ポール(陰愚乱度)

AEK監督トニ・サヴェフスキ 「個人的に、希望があるとは思えない。私は間違っているかもしれない」

バルサ監督ジョレンス・セラ・フェレール 「我々が欲した通りの結果だ。我々は常にボールをキープし、カウンターを許さなかった」

バルサMFブーデヴィーン・ツェンデン 「とりあえず1st-Legに勝った。それが一番重要なんだ。非常に良い結果だよ。我々はうまくプレーして、試合をコントロールすることに成功した」
--
UEFAカップ4回戦:1st-Leg

ラーヨ・バリェカーノ・マドリー 4-1 ジロンダン・ボルドー
ラーヨの得点…19分:ラモン・デ・クィンターナ、73分:エルヴィル・ボリッチ、82分:ホセ・マリーア・クェベード、90分:ミチェル
ボルドーの得点…2分:リリアン・ラスランデ

ラーヨ・バリェカーノ・マドリー…13:ユーレン・ロペテグィ|19:マウロ、18:セルヒオ・バジェステロス、4:ラモン・デ・クィンターナ、6:アンヘル・アルカサール、24:エウデル(75分-16:グラウシオ)、20:ゲルハルト・ポシュナー、9:ホセ・マリーア・クェベード、8:ミチェル|14:ルイス・センブラーノス(60分-10:グスタボ・バルテルト)、21:ヨン・ペレス・ボロ(60分-11:エルヴィル・ボリッチ)

ジロンダン・ボルドー…16:ウルリヒ・ラメ|14:フランソワ・グレネ、8:アレクセイ・スメルティン、15:ダヴィド・ソンメイル、9:リリアン・ラスランデ(90分-27:パスカル・フェイドウノ)、6:アラン・ロシェ、5:ジェローム・ボニッセル、2:ダヴィド・ジェムマイル(78分-20:ロラン・バトレ)、12:シルヴァン・レグヴィンスキ、26:クリストフ・デュ生姜(90分-29:マルク・ヴィルモッツ)、22:パウレタ

主審:ドメニコ・メッシーナ(イタリ屋)

ラーヨ監督ファン・デ・ラモス 「マジカルな夜だった。ラーヨにとって素晴らしい試合だったし、後半はスーパー・パフォーマンスができた。次に進みたいなら、ここで良い結果を得なければならないことをチームはよくわかっていた。ボルドーに点を入れられるまで眠っていたが、その後は見事に応えてくれたよ。ハーフタイムには勝てると思っていたが、まさか4-1とは想像もしなかったよ。まだ決まったわけじゃないが、良い結果だね。我々は自信過剰ではないし、ボルドーではもっとタフな90分が待っているだろう。それにしても今日のエスタディオ・テレサ・リベロは寂しいね。7500人しか入ってくれないなんて残念だ。ラーヨのアフィシオンが再びこんな大舞台を拝めるには、長い時間がかかると思うんだけどなぁ。この瞬間をもっと多くの人に見てもらいたかったよ。本当に残念だ」

ボルドー監督エリー・バウプ 「何とも痛い結果だね。余りにもミスが多すぎたし、ポルトに当たる等、運もなかった。しかし、フットボールは驚くべき結果が出せるものだ。2nd-Legでは何が起こるかわからないよ」
--
UEFAカップ4回戦:1st-Leg

FCポルト 3-1 FCナント・アトランティック
ポルトの得点…17分(PK):ジョゼ・エスクェルディーニャ、58分(OG):ニコラス・ジレ、87分:カルロス・セクレタリオ
ナントの得点…14分:ハッサン・アーマダ

FCポルト…55:セルゲイ・オフチンニコフ|7:カルロス・セクレタリオ、13:ジョルジュ・アンドラーデ、2:ジョルジュ・コスタ(49分-4:アロイージオ・アルヴェス)、30:ジョゼ・エスクェルディーニャ|5:カルロス・パレデス、8:ミラン・パフリン(46分-10:デコ・ソウザ)、15:ドミトリー・アレニチェフ、21:ヌーノ・カプーチョ|31:イェズス・パーナ、11:リュビンコ・ドルロ奴(88分-23:シルヴィオ・マリッチ)

FCナント・アトランティック…1:ミカエル・ランドレア|3:ニコラス・ラスパール、2:ネストル・ファブリ、5:ニコラス・ジレ、22:シルヴァン・アルマン(77分-4:マリオ・シウヴァ)|13:マチュー・バーソン、8:フレデリク・ロシャ、10:エリク・キャリエール、15:ニコラス・サヴィナウド(75分-29:ステファン・ジァーニ)|6:ソロモン・オレンベ、17:ハッサン・アーマダ(73分-19:マラマ・ヴァヒルア)

主審:コンラッド・プラウツ(オーストリ屋)

ポルト会長ジョルジュ・ピント・ダ・コスタ 「前進するよりも先に、少なくとも90分間よくやったと思う。特に後半のはかつてない出来だった」
--
コパ・リベルタドーレス:Group-7

デフェンソール・スポルティング 3-2 オルメド
デフェンソールの得点…11・78分:マルティン・リグェラ、56分:エリオマール
オルメドの得点…7分:ダニエル・ランドリエル、84分:ルイス・ゴンサーレス

Standings-------P W D L F A Pts
1. デフェンソール・スポルティング(ウルグァイ) 1 1 0 0 3 2 3
2. クルス・アスール(メヒコ) 0 0 0 0 0 0 0
3. サン・カエターノ(ブラ汁) 0 0 0 0 0 0 0
4. オルメド(エクアドル) 1 0 0 1 2 3 0

コパ・リベルタドーレス:Group-8

デポルティボ・カリ(コロンビ屋) 1-2 コブレロア(チレ)
カリの得点…39分:イバン・レネ・バレンシアーノ
コブレロアの得点…45分:ルイス・フエンテス、49分:パブロ・ビバール
--
2002W杯予選アジア地区:Group-10

サウディ・アラビア 6-0 モンゴル
得点…20分:サミ・アル・ジャバー、24分:モハンマド・アス・シルフーブ、28分:タラル・アル・セシャール、40・86分:オベイド・アル・ドサリー、76分:モハンメド・アル・クヒライウィ

バングラディシュ 0-4 ヴィエトナムSR
得点…65分:ヌグイェン・ヴァン・シー、73・87(PK):ヌグイェン・ホン・ソン、77分:ヌグイェン・トルン・ヴィヌー

Standings-------P W D L F A Pts
1. サウディ・アラビア 4 4 0 0 20 0 12
2. ヴィエトナムSR 4 2 1 1 5 5 7
3. バングラディシュ 4 1 1 2 3 7 4
4. モンゴル 4 0 0 4 0 16 0
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-