Make your own free website on Tripod.com
02. 21
FEBRERO
ENERO 2001
でかしたぞ、茶!!

Champions League second phase:Group-A
マンチェスタ連合 1-1 バレンシアCF
マンチェスタ連合の得点…12分:アンディ・コール
バレンシアの得点…88分(OG):レス・茶

マンチェスタ連合
GK-1:ファビアン・チュ〜して・バルテズ
DF-2:ガリー・ネヴィル
 6:ヤープ・顔面改造済・スタム
 24:レス・茶
 27:ミカエル・シルヴェストレ
MF-7:デヴィッド・バカ旦那
 18:ポール・スコールズ
 16:ロイ・キーン
 11:ライアン・ギグス(18分-8:ニッキー・バット)
FW-10:テディ・シェリンガム(63分-20:俺・グンナー・スールシャール)
 9:アンディ・コール

バレンシアCF
GK-1:サンティアゴ・カニサーレス・ルイス
DF-20:ジョセリン・アングロマ
 12:ロベルト・ファビアン・アヤラ
 2:マウリシオ・ペジェグリーノ
 15:アメデオ・カルボーニ
MF-10:ミグェル・アンヘル・アングロ・バルデレーイ(65分-17:ファン・サンチェス)
 6:ガイスカ・メンディエタ・サバーラ様
 19:ルベン・バラハ
 18:クリスティアン・アルベルト "キリ・ゴンサーレス" ペレト(76分-14:ビセンテ)
FW-35:パブロ・アイマール(88分-23:ダビド・アルベルダ)
 7:ヨン・カリュ

主審:ヘルムート・クルッグ(ドどイツ)
--
イハラゴールのおかげですぅ

サー・アレックス・ファーガソン監督 「チームの形を変えんといかんかったのは不運だったっぺ。ライアンがピッチにいる時ゃ脅威だったべ。バレンシアの計画がオラたちの動きを封じようとしてる間に、解決策を見つけてゴールのお膳立てまでしてくれたべ。だども、壊れちまったもんは仕方ねぇべさ。終了間際の動転ゴールにはガックシだっちゃ。レスにも残念だったべ。だども、何の影響もねぇだ。ヤツは男のゲームをすることを知ってるべ。よくあることだっちゃ。ウチは物事をややこしくする傾向があるけっども、最後にゃキッチリ答えを出すベよ。レスは18カ月前に比べたら、成長しただ。だども、あまり褒めすぎると選手のためになんねぇ。ガキはすぐに天狗になっちまうだでよ。レスのケガは、長いことかかったけっども、おかげでマンチェスタ連合の選手として成熟したんだべ。ロイ・キーンのプロとしての苦しみから貴重なレッスンを受けたと思うべ。レスには自然に理想の姿が写ったんだろうさ」

MFロイ・キーン 「昨季のレアル・へなちょこ戦では、私がイハラ・ゴールを入れてしまい、我々は敗退した。幸いなことに、今回のレスは我々にダメージを与えなかった。こういうことはよくあることだし、受け入れなければならないものだ。でも、これがレスに影響を与える可能性はない。大したことじゃないよ、タダのイハラゴールさ。もっと悪いことが選手には起こり得るんだ」

バレンシア監督エクトル・ラウール・クーペル 「勝てる試合だった。3ポイントをゲットできたはずだが、終わってみれば1ポイント。マンチェスタ連合がリードしているのを引き戻すのは、非常に困難なことだった。しかし、何とかチャンスを貰った。引き分けに満足して帰るべきだ。我々の手に未来をもたらすんだから、引き分けだって重要だ。ヨン・カリュの最初の仕事がゴールを収めることだということには同感だが、試合全体を見なければならない。彼は非常に一生懸命働いたし、マンチェスタ連合には非常に優秀なセンター・バックが存在した。我々の見地では、あそこに問題を引き起こせる人物がいるのは心強いことなんだよ。カリュの物理的プレゼンスから利益を得られるメンディエタやキリ・ゴンサーレス、ファン・サンチェスがいるんだから。我々はゴールゲッターを探し回る必要があるとは思わない。実際、困っていないんだ。マンチェスタ連合戦で1人が全てのチャンスを潰していたら心配だが、チーム全体は普通に機能していたんだ。カリュはよくやったと思う。サンチェスも時々素晴らしい動きを見せるが、時々そうではない時がある。しかし、今夜のサンチェスは悪くはなかった」
--
こんなはずでは…

Champions League second phase:Group-A
パナシナイコ巣 1-2 シュトルム・グラーツ
パナシナイコ巣の得点…73分:イオアンニス・ゴウマス
グラーツの得点…25分:マルウス・ショップ、41分:マリオ・ハース

パナシナイコ巣
GK-1:アントニス・ニコポリディス
DF-30:パナジオティス・フィッサス(45分-15:ダニエル・サリッチ)
2:レネ・ヘンリクセン
 8:イオアンニス・ゴウマス
MF-14:レオニダス・ヴォコロス(55分-24:デレク・オウスス・ボアテング)
 20:アゲロス・バシナス
 17:ギオルギオス・ナシオポウロス
 3:パーシー・オリヴァーズ
FW-9:クリストフ・ワルズィチャ(69分-7:御覧・ヴラオ奴)
 26:ギオルギオス・カラゴウニス
 21:ニコラス・リベロポウロス

シュトルム・グラーツ
GK-1:カジミエルツ・シドルチューク
DF-3:ギュンター・ニューキルヒナー
 12:ギルベルト・プリラスニク
 11:ギオルギ・コルソス
MF-18:マルクス・ショップ
 8:マルクス・シュップ
 30:アンドレス・フレウルクィン
 20:メフルダッド・ミナヴァンド(84分-23:ロベルト・イベルツベルガー)
FW-10:イヴィツァ・ヴァスティッチ
 21:トミスラフ・コチジャン(90分-2:ペトル・フリンカ)
 31:マリオ・ハース(69分-19:イムレ・スザビクス)

主審:アラン・サルス(腐乱巣)
--
みんなビックリ

グラーツ監督イヴィツァ・オシム 「バレンシアはリーグを突破するのに多くの可能性がある。しかし、マンチェスタ連合戦で2ポイントしかとれなかっただけに、勝利を切望しているはずだ。誰もがシュトルム・グラーツは草刈場だと思っていたが、そうはならなかった…次の試合でもそうはならないだろう。しかし、奇跡はそうそう起きるもんじゃない」

Standings---------------P W D L F A Pts
1. マンチェスタ連合(陰愚乱度) 4 2 2 0 6 2 8
2. バレンシアCF(エスパーニャ) 4 1 3 0 3 1 6
3. シュトルム・グラーツ(オーストリ屋) 4 2 0 2 4 5 6
4. パナシナイコ巣(ギリシャ) 4 0 1 3 2 7 1
--
ざっとこんなもんです

Champions League second phase:Group-B
RCDラ・コルーニャ 2-0 ガラクタサライ
得点…40分:ビクトル・サンチェス・デル・アモ、73分:ヂャウミーニャ・フェイトーザ・ディアス
赤札…58分:ヴェダット・インセーフェ(ガラクタサライ)

レアル・クルブ・デポルティボ・デ・ラ・コルーニャ
GK-1:ジャック・ソンゴオ
DF-2:マヌエル・パブロ・ガルシーア・ディアス
 3:エンリケ・フェルナンデス・ロメロ
 4:ノウレディン・ナイベト
 20:ドナト・ガマ・ダ・シウヴァ
MF-18:ビクトル・サンチェス・デル・アモ(83分-12:リオネル・スカローニ)
21:ファン・カルロス・バレロン・サンタナ
 8:ヂャウミーニャ・フェイトーザ・ディアス(75分-17:ワルテル・ヘラルド・パンディアーニ)
 6:マウロ・ダ・シウヴァ・ゴメス
 10:フランシスコ・ハビエル・ゴンサーレス・ペレス "フラン"(63分-7:ロイ・マカーイ)
FW-9:ディエゴ・トリスタン・エレーラ

ガラクタサライ
GK-1:クラウディオ・タファレル
DF-2:ヴェダット・インセーフェ
 14:ファティー・アクイェル
 4:ヨーギ・ポーペスキュード
 35:京都カポネ
MF-7:オカン・ブルーク
 8:スアト・カヤ(46分-6:アーメト・イールディリム)
 67:エルグン・ペンベ
 28:ブレント・アキン
 10:ゲオルゲ・ハっつぁん(80分-33:アリフ・エルデム)
 9:マリオ・ジャルデウ(80分-20:セルカン・アイクート)

主審:ハルトムート・シュトランプ(ドどイツ)
--
よくわからないB組

デポール監督ハビエル・イルレタ 「次のPSGにホームで勝てば十分だろう。今夜の我々は優れたチームだった。キーとなるチャンスにバタバタと落ち着きがなかったが、イニシアティヴはとれていたよ。ソンゴオは素晴らしいプロフェッショナルだ。チームにこれほど多くの良い選手がいるのは難しいが、彼は常に一生懸命だし、私は彼に非常に満足している。ビクトルは優れたタッチの持ち主で、ボールの扱いがうまい。今の彼のフォームは、今季で最もいいものだ」

ガラクタサライ監督ミルセア・ルチェスク 「審判にはどうにも納得できない。デポールのマウロ・シウヴァと同じ状況で、ウチのヴェダットにだけは厳格だった。ペナルティは存在しなかった。客が試合を裁いたんだ。まぁ、デポールはハイレベルなプレーをしていたがね。グループの力は拮抗している。ベスト8は最後まで決まらないだろう」

Standings------------P W D L F A Pts
1. ガラクタサライ(トルコ) 4 2 1 1 4 4 7
2. あ〜れ〜ミラン(イタリ屋) 4 1 3 0 5 4 6
3. RCDラ・コルーニャ(エスパーニャ) 4 2 0 2 5 3 6
4. パリ・サン・ジェルマン(腐乱巣) 4 0 2 2 3 6 2
--
なんだかなぁ

Champions League second phase:Group-B
パリ・サン・ジェルマン 1-1 あ〜れ〜ミラン
PSGの得点…75分:ロラン・ロベール
ミランの得点…90分:ホセ・マリ・ポジョン

パリ・サン・ジェルマン
GK-16:リオネル・レティズィ
DF-26:アリオウ・シゼ(61分-23:ピエール・ドゥクロック)
 13:フレデリク・デウー
 21:シルヴァン・ディスタン
 18:ディディエ・ドミ
MF-19:ロラン・ルロイ(86分-15:エリク・ラベサンドラターナ)
 8:アリ・ベナルビア(70分-5:ペーター・ルシン)
 34:ミケル・アルテータ(68分-10:アウグスティン・オコチャま)
 20:エドゥアルド・シゼ(90分-19:)
FW-9:ニコラス・セバスティアン・アネルカ
 11:ロラン・ロベール

あ〜れ〜ミラン
GK-12:クリスティアン・アッビアーティ
DF-2:トマス・ヘルヴェク
 26:ルイジ・サラ
 3:パオロ・マルちゃんビーム
MF-33:イブラヒム・バ(71分-19:ホセ・アントニオ・チャモ)
 4:出目トリオ・アルベルティーニ
 77:フランチェスコ・ココ
 8:ジェンナーロ・ガットゥーソ
 27:セルジーニョ(78分-11:ホセ・マリ・ポジョン)
FW-7:アンドリー・シェフチェンコ
 18:レオナルド(82分-10:ズヴォニミール・ボバン)

主審:ヤン・ヴェゲレーフ(オランダ)
--
諦めるつもりなんか全然ありません

PSG監督ルイス・フェルナンデス 「我々のプレーには満足しているが、終了間際のゴールはいただけないな。それまでうまくやってきた選手を気の毒に思うよ。我々は素晴らしい試合をし、勝つに値した。パフォーマンスが結果に比例しないのは残念だ。我々はミランにプレーさせなかったが、得点を可能にするキラーパスに欠けている。しかし、まだ若干の望みがある。デポールから勝点3が必要だが、8ポイントで終われればベスト8に残ることが可能だ。ミラン戦と同じプレーができるなら、チャンスはある。まだ終わったわけじゃない。我々にはまだ2試合残っている。それに勝たねばならない。単純なことだよ。若いもんには残念だったな。彼らはベストを尽くしたし、リードを守る必要があった。ミランが優位に立った時、私は真の改良点を見つけたよ」

PSG:MFペーター・ルシン 「全員が全力を出し切った。ヨーロッパでも国内リーグ戦でも、同じレベルでプレーしなければ」

PSG:DFフレデリック・デウー 「今のチャンピオンズ・リーグには、我々には何のプレッシャーもない。我々は大逆転を起こせるんだ」

ミランDFイブラヒム・バ 「これがイタリアン・カルチョさ。こういうことは、しょっちゅう起きるもんさ」

ミランFWレオナルド 「ウチのゴールはちょっと運が良かった。今の我々は無敗だけど、残り2試合は簡単にはいかないだろうね。我々には良い結果だったけど、まだ何も決まってないし、皆にチャンスがある」
--
ブンデスリーガ2:第22節

アレマニア・アーヒェン 1-0 アルミニア・ビーレフェルト
FCザンクト・パウリ 1-0 MSVデュイスブルク
LRアーレン 3-1 SSVレウトリンゲン
VfLオスナブルック 2-2 ザールブリュッケン
SSVウルム 3-0 ヒェムニッツFC
ロット・ヴェイス・オバーハウゼン 2-2 SpVggグリュッター・フエルツ
FSVマインツ04 0-1 ボルシア・メンヒェングラードバハ
1.FCニュルンベルク 2-1 シュトゥットガルト・キッカーズ
ヴァルドホフ・マンハイム 2-1 ハノーヴァー96

Standings-------P W D L F A Pts
1. 1.FCニュルンベルク 22 16 3 3 45 20 51
2. ボルシア・メンヒェングラードバハ 22 11 8 3 40 21 41
3. FCザンクト・パウリ 21 11 6 4 46 31 39
4. SSVレウトリンゲン 21 10 5 6 46 38 35
5. ヴァルドホフ・マンハイム 22 10 5 7 31 28 35
6. ハノーヴァー96 22 9 6 7 37 25 33
7. SpVggグリュッター・フエルツ 22 9 6 7 32 25 33
8. MSVデュイスブルク 21 9 5 7 34 24 32
9. ザールブリュッケン 22 9 5 8 33 42 32
10. ロット・ヴェイス・オバーハウゼン 22 9 4 9 29 31 31
11. LRアーレン 22 8 6 8 35 36 30
12. アレマニア・アーヒェン 21 7 5 9 29 41 26
13. アルミニア・ビーレフェルト 22 6 6 10 29 27 24
14. SSVウルム 22 6 5 11 28 33 23
15. VfLオスナブルック 22 5 6 11 21 36 21
16. シュトゥットガルト・キッカーズ 21 4 8 9 18 27 20
17. FSVマインツ04 21 4 7 10 19 29 19
18. ヒェムニッツFC 22 2 4 16 16 54 10
--
腐乱巣に挑戦するドどイツ

GK
ケダモノ・カーン(バイエルン・ミュン変)
フランク・ロスト(ヴェルダー・ブレーメン)
DF
フランク・バウマン(ヴェルダー・ブレーメン)
トルシュテン・フリングス(ヴェルダー・ブレーメン)
ヨルグ・ハインリヒ(ボルシアBV09ドルトムント)
クリスティアン・ヴェアンス(ボルシアBV09ドルトムント)
トーマス・リンケ(バイエルン・ミュン変)
マルコ・レーマー(ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ツィー毛(ゲルマン・リヴァプール)
MF
ミヒャエル・バラック(バイヤー04レーファークーゼン)
カルシュテン・ラメロウ(バイヤー04レーファークーゼン)
マルコ・ボーデ(ヴェルダー・ブレーメン)
ディットマー・ハマン(ゲルマン・リヴァプール)
イェンス・ぬめぬめ(バイエルン・ミュン変)
メーメト・ショル(バイエルン・ミュン変)
ダリウス・ヴォシュ(ヘルタ・ベルリン)
FW
オリヴァー・ビアホフ(あ〜れ〜ミラン)
カルシュテン・ヤンカー(バイエルン・ミュン変)
ミロスラフ・クロセ(1.FCカイザースラウテルン)
オリヴァー・ニューヴィル(バイヤー04レーファークーゼン)

ルディ・メルヒェン監督 「ノヴォトニーのケガは、新しいオプションをテストできるチャンスだから、別にネガティヴには思わないよ。腐乱巣は最高のテストだからね。絶好のチャンスにやれることは何でもしないとね。ピッチから出る時には胸を張っていられるはずさ」クリスティアン・ヴェルンス?彼は優秀なDFだけど、ずっと怪我をしていて、今まで選べなかったんだ。ヨルグ・ボエーメは、マルコ・ボーデやクリスティアン・ツィー毛のポジションになるんだけど、かなり競争が激しいだろうね」
--
アイル乱度に行ってみるおデンマーク

GK
イェスペア・クリスティアンセン(ダッチ・レンジャーズ)
トーマス・ソレンセン(サンダーランド)
DF
アルティン・アルベヒトセン(ABケーベンハウン)
ヤン・ハインツェ(PSVアイントフォーフェン)
トーマス・ヘルヴェク(あ〜れ〜ミラン)
マルティン・ラウルセン(ヘッラス・ヴェローナ)
レネ・ヘンリクセン(パナシナイコ巣)
MF
ビャルネ・ゴールドベック(古ハム)
トーマス・グラヴェセン(エヴァートン)
クラウス・イェンセン(チャールトン・アスレティック)
マルティン・イェルゲンセン(ウディネーゼ)
ブリアン・ピザ屋・スティーン・ニールセン(ABケーベンハウン)
スティグ・テフティンク(ハンブルガーSV)
FW
イェスペア・グルンシャール(チェルシー・ロートル)
ヤン・ミケルセン(ABケーベンハウン)
デニス・ロンメダール(PSVアイントフォーフェン)
エベ・三度(FCシャルケ・ヌルフィア)
ヨン・ダール・トマソンくん(フェイエノールト・ロッテルダム)
--
丸太でテストするスヴァーリェ

GK
マグヌス・ヘドマン(コヴェントリー市)
マグヌス・キールステット(ブラン・ベルゲン)
DF
パトリク・アンデション(バイエルン・ミュン変)
カール・コルネリウソン(AIKストックホルム)
テディ・ルチッチ(AIKストックホルム)
ヨツォ・マトヴァッチ(IFKヘルシンボリ)
オレフ・メルベリ(ラシン・サンタンデル)
ヨハン・ミャルビー(セルティック・グラスゴウ)
MF/FW
ダニエル・アンデション(バリ)
マティアス・ヨンソン(ブレンビーIF)
ヘンリク・ラーション(セルティック・グラスゴウ)
トビアス・リンデロツ(スタベーク)
フレデリク・リュングベリ(フレンチ・アーセナル)
ホーカン・ミルド(IFKイェテボリ)
イクセル・オスマノフスキ(バリ)
シュテファン・ハンス・しばるつ(サンダーランド)
ステファン・セラコヴィッチ(ハルムスタッド)
アンデルス・スヴェンソン(エルフスボリ)
マグヌス・スヴェンソン(ブレンビーIF)
マルティン・アスルント(AIKストックホルム)
--
キプロスに出かけるルーマニ屋

GK
ボグダン・ステレア(サラマンカ)
フロリン・プルネア(ディナモ・ブクレシュティ)
イオヌート・イリミア(ペトロルル・プロイエシュティ)
DF
コスミン・マリウス・コントラ(デポルティボ・アラベス)
フロレンティン・ドゥミトリュ(ステアウア・ブクレシュティ)
ミレル・ラドイ(ステアウア・ブクレシュティ)
ダニエル・プロダン(ステアウア・ブクレシュティ)
ユリアン・フィリペスク(レアル・ベティス・バロンピエー)
アドリアン・イェンツシ(ラピド・ブクレシュティ)
クリスティアン・恥部(アヤックス・アムステルダム本店)
MF
エウゲン・トリツァ(ステアウア・ブクレシュティ)
ティベリウ・ギオアネ(ラピド・ブクレシュティ)
デニス・セルバン(エルチェ)
コンスタンティン・コステル・グルカ(RCDエスパニョル・バルセロナ)
マリウス・マルダラサヌ(ラピド・ブクレシュティ)
マリウス・ソアヴァ(アルゲス・ピテシュティ)
ユリアン・タメシュ(ディナモ・ブクレシュティ)
カタリン・ムンテアヌ(サラマンカ)
ボグダン・マラ(アルゲス・ピテシュティ)
ドリネル・ムンテアヌ(VfLウォルフスブルク)
ラウレンティウ・ロス(UDヌマンシア)
FW
コスミン・バルカウアン(ウニヴェルシタテア・クライヨーヴァ)
アドリアン・ミハルセア(ディナモ・ブクレシュティ)
マリウス・ニコラエ(ディナモ・ブクレシュティ)
イオネル・ガネア(VfBシュトゥットガルト)
ディニ・ヴィオレル・モルドヴァン(FCナント・アトランティック)
アドリアン・武藤(ヴェローナ)
アドリアン・入江(バレンシアCF)
--
オーストリ屋を迎える黒亜血屋

GK
ゼリコ・パウロ奴(LASKリンツ)
スティペ・プレティコサ(ハイデュク・スプリト)
DF
ロベルト・小鉢(バイヤー04レーファークーゼン)
イゴール・トゥドル(湯弁戸巣)
ダリオ・シミッチ(インテル・へぼへぼ)
スティェパン・トマス(ヴィツェンツァ)
ボリス・ジフコ奴(バイヤー04レーファークーゼン)
ズヴォニミール・ソルド(VfBシュトゥットガルト)
マリオ・ツヴィタノ奴(ヴェローナ)
MF
ロベルト・ヤルニ(UDラス・パルマス)
二個・小鉢(ハンブルガーSV)
イゴール・ビスカン(ゲルマン・リヴァプール)
ユリツァ・ヴラニェス(バイヤー04レーファークーゼン)
ロベルト・プローシュニェチュキ(スタンダール・リェージュ)
ミラン・ラパイッチ(フェネルバーチェ)
FW
ネナドゥ・ビェルツァ(1.FCカイザースラウテルン)
ダヴォル・ヴグリニェッチ(レッチェ)
イヴィツァ・モルナール(スタンダール・リェージュ)
ボスコ・バラバン(ディナモ・ザグレブ)
マリオ・スタニッチ(チェルシー・ロートル)
御覧・ヴラオ奴(パナシナイコ巣)
ダヴォル・シュケル(西ハム連合)
--
ロス毛を迎えるギリシャ

GK
ディミトリス・エレフテロポウロス(オリンピアコ巣ピラエウス)
ファニス・カテルジアンナキス(アリス・サロニカ)
DF
コスタス・コンスタンティニディス(ヘルタ・ベルリン)
ヤンニス・ゴウマス(パナシナイコ巣)
レオニダス・ヴォコロス(パナシナイコ巣)
アンゲロス・バシナス(パナシナイコ巣)
ディミトリス。マヴロゲニディス(オリンピアコ巣ピラエウス)
空巣・事故巣(AEKアテネ)
ステリオス・ヴェネティディス(PAOKサロニカ)
MF
ギオルゴス・カラゴウニス(パナシナイコ巣)
アンドレアス・ニニアディス(オリンピアコ巣ピラエウス)
クリストス・パツァトォグロウ(オリンピアコ巣ピラエウス)
テオドロス・ザゴラキス(AEKアテネ)
ヴァッシリス・ラキス(AEKアテネ)
ギオルゴス・ギオルギアディス(PAOKサロニカ)
パンテリス・コンスタンティニディス(PAOKサロニカ)
FW
アンゲロス・カリステアス(アリス・サロニカ)
ニコス・マフラス(アヤックス・アムステルダム本店)
ニコス・リベロポウロス(パナシナイコ巣)
--
キプロスでヘルヴェティアとやるポーランド

GK
イェルジー・ドゥデク(フェイエノールト・ロッテルダム)
アダム・マティセク(バイヤー04レーファークーゼン)
DF
トマス・ハイト(FCシャルケ・ヌルフィア)
トマス・クロス(1.FCカイザースラウテルン)
マレク・コズミンスキ(ブレシア・カルチョ)
マリウス・クキエルカ(アミツァ・ウロンキ)
マレク・ザヤック(ヴィスラ・クラコウ)
ヤツェク・ジエリンスキ(レギア・ワルシャワ)
ミハル・ゼウラコウ(エクセルシオール・ムースクロン)
MF

バルトス・カルワン(レギア・ワルシャワ)
トマス・キエルボヴィッツ(レギア・ワルシャワ)
ヤツェク・クルジノヴェク(1.FCニュルンベルク)
ピョートル・スヴィエルゼフスキ(バスティア)
トマス・ゼベル(ゲンクレルビルリジ・アンカラ)
FW
アンドレイ・ユスコヴァイク(VfLウォルフスブルク)
パヴェル・クリサロヴィッツ(アイントラハト・フランクフルト)
エマニュエル・オリサデーベ(パナシナイコ巣)
マルチン・ゼウラコウ(エクセルシオール・ムースクロン)
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-