Make your own free website on Tripod.com
02. 25
FEBRERO
ENERO 2001
NO SE VENDE(非売品)

ASローマから熱烈ラブコールが届いているレアル・へなちょこのエスパーニャ代表GKイケル・カシージャス・フェルナンデスくんは、「何処にも行きたくない」そうです♪

イケル・カシージャス・フェルナンデスくん 「僕はレアル・へなちょこで最高にハッピーなんです。入団したときも、デビューした時もママァはなかなか信じてくれなかったけど、僕は夢を現実にしている今が楽しいんです」

ホルヘ・アルベルト・バルダーノ・カスティジャーノSD 「我々はイケルを何処にも売るつもりはない。そんなオファーも来ていないし、今後も来ないだろう。大体、50億ペセタ以上はかかるし。同じく、MF飛行機恐怖症2も売り物ではない。こちらの違約金は120億ペセタだ。なお、ベロン獲得は考えていない」

レアル・へなちょこ会長フロレンティノ・阿呆・ペレスは、ケチャップ屋DFアレッサンドロ・ネスタを狙っていたものの、セルジォ・クラニョッティ会長に猛烈拒否されちゃったらしく、ターゲットをMFファン・セバスティアン・ベロンに変更したらしい。

レアル・へなちょこDFロベルト・カルロス・ダ・シウヴァ 「ベロンは凶悪だよ。普段は良いヤツなんだけど、ピッチに出ると人間性が変わっちゃうんだよねぇ(笑)」

マンチェスタ連合監督サー・アレックス・ファーガソンは、ベテランFWテディ・シェリンガム34歳に、契約を延長する新規契約を提示するつもりらしい。

サー・アレックス・ファーガソン 「テディと話をするのはずっと考えてたんだべ。何週も前に新規契約を出すと言ってあるんだべ。オラは心底テディに残ってもらいてぇ」
--
契約より大事なものがありんす

アヤックス・バルセロナのオランダ代表FWパトリック・××・クライファートが、「契約延長は監督が誰になるかによる」と言い放ったらしい。

パトリック・××・クライファート 「今の状態についてクラブと話をしないといけない。それには、監督が誰になるかが重要になるだろう。オレだけじゃなく、どんな選手もそう言うと思うよ。でも、セラ・フェレールがどうとかいう話じゃないよ。我々にはプロフェッショナルとしての関係がある。オレの契約は2002年までだし、それについて考えなきゃいけないといってるだけだ。深読みすんなよ」

エスパーニャ、陰愚乱度の新聞が、「来季のアヤックス・バルセロナの監督はアルセーヌ・ヴェンゲーだ」と報道しているらしい。

アルセーヌ・ヴェンゲー 「私の名前がバルセロナで出るなんて光栄ザマスねぇ、ほほほほ」

アヤックス・バルセロナMFエマニュエル・ぷちっ 「アルセーヌは偉大な人間であり、素晴らしい監督さ。友達としては最高の人物だね。彼は常に選手と対話するし、能力の引き出し方がすげーうまいんだよ。是非バルサに来て欲しいね」

何となく威信が保てないアヤックス・バルセロナ会長ジョアン・馬鹿・ガスパールは、巻き返しを図るべく、選挙のライヴァルだったルイス・バッサートに、「昔空を飛んでいたオランダ人にフロント入りを説得してくれ」と頼んでいるらしい。が、色よい返事はもらえてない様子(笑)。

今季いっぱいで退団が噂されているフィテッセ・アルンヘム監督ロナルト・クーマン姐さんは、「昔空を飛んでいたオランダ人がいるならアヤックス・バルセロナにすぐにも戻る」と言い放っているらしい。
--
アタシ待つのはキライなの

バイエルン・ミュン変の元ドどイツ代表MFシュテファン・エフェンベルクが、契約満了後にバイバイしちゃうぞ、と言い放ったらしい。エッフェの契約は2002年6月まで。

シュテファン・エフェンベルク 「オレは契約を延長する容易があるとサインを出したんだがな…オレは待つのが嫌いなんだよ。このままならバイエルンは大きな損失をすることになるぜ。移籍を考えるのは普通のことだし、既に複数のオファーもある。オレがいなくなったら、バイエルンは1年後には陰愚乱度寄りになるだろう。バイエルンは早いうちに動くべきだ。それはハッキリしてる。オレだけに頼るわけにもいかないだろうが、オレの未来が宙に浮く前に何とかして欲しいな。移籍先?ボルシア・メヒェングラードバハに戻るのもいいんじゃねぇか?」

牛乳屋の腐乱巣代表DFリリアンちゃんが、そろそろ牛乳屋に嫌気がさしてきたらしい。契約は2005年まで。

リリアンちゃん 「牛乳屋でスクデットを獲りたいんだけど、なかなか難しいよね。本気で移籍を考えなきゃいけないかもしれない。だって俺はもう29歳なんだ。まあ、冷静に考えて、必要なら決定をしなければならないだろう。ローマ?ミラン?あり得る話だよ。フットボールでは何でも可能なのは誰もが知ってるだろ?でも、オレにはまだしばらく牛乳屋との契約がある。来季のことはまだ考えたくない」

色んな方面から名前が上がっているバレンシア監督エクトル・ラウール・クーペルが、契約延長に乗り出したらしい。が、最近のヨチヨチぶりが影響したのか、他へ行きたいのか、延長は1年らしい。

エクトル・ラウール・クーペル 「クラブ役員と話を始めた。まだまだはな試合が必要だが、金のことは問題にはならないと思う。それよりも、ピッチの上の話をしているよ。いろいろ問題があるんでね。表を歩くのが恥ずかしいくらいだ。リーガで勝てないし、プレースタイルは確立しないし…契約よりそっちが先決だよ」
--
夢は心の栄養です

レアル・へなちょこが狙っていると言われるPSVアイントホーフェンのユーゴスラヴィ屋代表FW待てや・ケツマンは、アヤックス・バルセロナ行きを熱望しているらしい。けっ。

待てや・ケツマン 「レアル・へなちょこは偉大なクラブだよ。友達のサシャ・ヂョルディエ奴もバスケット部にいるし、よく話は聞いてるよ。でも、オレの夢はアヤックス・バルセロナなんだよなぁ。あそこにいたことがあるドラガン・チリッチが町のことや雰囲気を話してくれて、余計に思いが募っちゃったよ。PSVからホナウドが行ったように、オレもバルサに行きたくてしょうがないんだ。別にホナウドと方を並べたいわけじゃない。ここではマルコ・ファンバステンに比較されるんだけど、オレは待てや・ケツマンなんだよ。オレの車はメルセデスだけど、ホナウドはフェラーリだし、全然違うだろ?でも、オレにはPSVとの契約がまだ5年残ってるし、いますぐ移籍は出来ない。1歩1歩着実に進みたいね。いつかはカンプ・ノウに行きたいけどね。あそこはオレの知ってる中で一番素晴らしいスタジアムさ」

チェルシー・ロートルのオランダ人FWジミー・風呂糸・ハッセルバインクの夢は、アヤックス・アムステルダム本店らしい。

ジミー・風呂糸・ハッセルバインク 「オレはアヤックス・フリークなんだ。ずっとアヤックスでのプレーを夢見ている。でも、チェルシー・ロートルも最高のクラブだし、ここでの契約を全うしたいと思ってる。契約が終わったら引退するだろう。夢と現実は違うものだよ。オレがビッグクラブにいるのは間違いないし、素晴らしい選手とプレーしてる。十分だよ」
--
落ち着きなはれ

なかなかスタメンがもらえないフレンチ・アーセナルのナイジェリ屋代表FWヌワンコ・カヌは、「ナイジェリ屋人は寒さに弱いから今は使えない」と言い放ったアルセーヌ・ヴェンゲー監督に大激怒。

ヌワンコ・カヌ 「何だそりゃ!? オレは寒くたって平気だし、それでコンディションが崩れることもない。その発言は受け入れ難いよ。オレは季節や天気に問題を持ってないんだ。オレはいつでも自分を信じてるし、自分に何が出来るかもわかってる。指示されればいつでも、喜んで100%の力を出すよ。でも、プレーしていなければ、どうやってフォームを崩せるんだ?監督だろうと誰だろうと、そんなことを言って欲しくないね。とにかく試合に出して欲しい。さもなきゃ出て行くぞ」

アーセナルFW飛行機恐怖症 「カヌの時代はきっと来るよ。彼は素晴らしい選手だし、まだまだ若いからね。私が彼を代弁するのは難しいけど、私の経験から言えば、監督のローテーション・システムから漏れた選手がどう感じるかはわかるよ。同じクラブに4人もトップクラスのFWがいて、プレーできないなら難しい状態になるよね。オーヴァー・ローテーションになってしまうと危険だと思うよ。その時に一番いい状態の選手を使って、それが定着すればいいのにと、時々思う。でも、選手は監督の決定を受け入れなければならない。それに、この先の試合で必ず彼の力が必要になるのもわかってる。全試合プレーできるとは限らない。でも、この数週間の私はいいフォームを保っていると言えることが嬉しい。私は自分のポジションをキープしたんだ。リヨンに行きたかったのに、監督は休養させることに決めたのはガッカリだったけど、私はそいういったことにモチベーションは必要じゃないんだ。試合にこそモチベーションを感じるね」

アルセーヌ・ヴェンゲー 「私には世界的に有名なFWが4人もいるザマス。つまり、常に不幸な人間が2人いるということザマスね。ウィルトールには非常に満足ザマスし、カヌにも飛行機恐怖症にも杏里にもとっても満足してるんザマスのよ。残念ながら、プレーできるのはたった2人ザマス」
--
オレを誰だと思ってんだ、この野郎

パリ・サン・ジェルマンの腐乱巣代表FWニコラス・セバスティアン・アネルカ大先生が、「オレをもっと尊敬しろー」とファンに怒り狂っているらしい(笑)。

ニコラス・セバスティアン・アネルカ 「パンピーは、オレが高給取りだから気にいらねぇんだな。奴らはオレを尊敬しやしねぇ。高い給料貰って何が悪い?オレがピッチですっげー必死で働いてるのを、奴らはすぐに忘れちまうんだ。オレはいつでも全力で彼らに全てを与えてるってのによ。オレは背番号9として俺の仕事をしてるし、ボールを供給するのを手伝ってる。ボールを持てばゴールできるなんて思うなよ。そんなに簡単ならファンがピッチに出てやってみろってんだ。うまくいかない時には侮辱するくせに、ことがうまくいったら拍手なんてサイテーだ。もっと敬意を払うべきだ。パルク・ドゥ・プランスでオレが得点した時、客には座ってて欲しいね。オレは金を儲けるためにパリに来たんじゃねぇ。スタメンが欲しくて来たんだ。トロフィーが欲しくて戻ってきたんだよ。PSGで優勝したいんだ。そうじゃなければレアル・へなちょこに残ってたさ」

マンチェスタ連合は、ディナモ・ブクレシュティのルーマニ屋代表FWマリウス・ニコラエに、「トライアルを受けにおいで」とお電話したところ、「失敬な」と怒られちゃったらしい(笑)。

マリウス・ニコラエ 「マンチェスタ連合は確かに世界有数のクラブだよ。でも、トライアルを受けて『いりません』なんて言われたくない。そんなの失敬じゃないか。オレはまだ若いけど、セリエAのクラブからいくつかオファーがあるんだ。どこもトライアルなんて言わないよ。トライアルなんてゴメンだね。オレはルーマニ屋代表なんだぜ。代表選手にトライアルを要求するクラブなんて聞いたことがない」
--
私が堕落した理由

ブラ汁代表に復帰したフラメンゴFWエヂウソンは、「ブラ汁フチボルが選手をダメにする」と言い放ったらしい。

エヂウソン 「最近のブラ汁フチボルは選手を押さえつける。それがブラ汁の失墜の原因だ。ブラ汁じゃ選手はピッチで囚人みたいなんだ。監督は戦術重視で、選手の才能を無視してる。オレは要領が良くないから、ずっとそれで抑圧されてきた。だから代表にも呼ばれなかった。彼らは言うことを聞かない選手が自分の才能や、居心地が悪いことに気がつくのを恐れてる。俺は監督の言う通りにピッチに出るのがキライだ。でも、言うことを聞かなきゃならない。そうしないと追い出されちまうんでね。オレがキライなのはチームの談合さ。それはフチボルで最も大きな苦痛だ」

ナポリんのお騒がせ野郎エヂムンドは、「リオのカーニヴァルには絶対戻ってくる」とブラ汁中で噂されているらしい(爆笑)。

コカイン使用が発覚した元バイヤー04レーファークーゼン監督クリストフ・ダウムは現在、麻薬更正プログラムを受けている模様。

クリストフ・ダウム 「週に2度、4時間ずつ通っているよ。どうしてそうなってしまったのかとか、カウンセリングを受けているんだ。一番大事なのは、二度とそうならないようにどうするべきか、確認することだ。復帰?もうすぐ監督業を再開するつもりだよ。フッスバルには不可能なことなんかないし、身をひくつもりはない」
--
予想通り予定通り

ラルフ・ラングニックを更迭したVfBシュトゥットガルトは、アイントラハト・フランクフルトをクビになったフェリクス・マガツ47歳を後任監督に据えた模様。契約は2002年6月まで。ただし、2部落ちしないことが条件。

フェリクス・マガツ新監督 「ビックリだよ。ちょっとフッスバルから離れようと計画していたんだが。でも、シュトゥットガルトは私にとってブンデスリーガのトップだし、やってみたいと確信させた。1部に残留するには、6勝が必要だ」

バイエルン・ミュン変MFミヒャエル・ヴィージンガーが、TSV1860ミュンヘンへの移籍に合意。契約は来季から2年、お値段は200万マルク。

チェルシー・ロートルのオランダ人DFマリオ・メルキオットが、契約を2年間延長。

セルヴェッテのブルガリア代表FWマルティン・ペトロフが、来季からVfLウォルフスブルクに加入することで合意。4年契約で、移籍金は650万マルク。

AEKアテネはアル全珍人FWフェルナンド・ナバスとの契約を解除。偽造ギリシャ旅券が理由かと騒がれているが、クラブ側は「負傷続きで使えない」と説明しているらしい。
--
訴えてやる!

ラ・コルーニャのホテルからリアソールに向かっていたレアル・へなちょこ御一行様を乗せたバスに、デポールのアフィシオンが投石し、窓ガラスが破損した模様。幸い、怪我人はなかったものの、レアルはすぐさま警察に通報。

ブラッドフォード市イアン・ノーランは、シェフィールド水曜日に所属していた3年前に足を骨折させたトッテナム・ホットスパーDFジャスティン・エジンバラとトッテナムを告訴。骨折から立ち直るのに1年以上かかったから責任をとれ、というのがノーランの主張。

エジンバラの代理人アンドリュー・ミルズ 「シャスティンは非常にショックを受けているし、ニュースにへこんでいる。悪意を持ってタックルしたわけじゃないんだ。事実、彼には黄札も与えられなかった」

ポルトガル2部の試合後、ブルーノ・パイクサンとゆー審判がドレッシングルームに婦人警官2名を招待し、裸体を披露。法を守るべき婦人警官は「猥褻物陳列罪」で即刻告訴したらしい(爆笑)。

陰愚乱度リーグは、3部のチェスターフィールドを財務違反で告訴。選手の移籍、入場料収益などを過小申告し、差額を役員の懐に収めていたらしい。

審判の贈収賄を調査していたために更迭されてしまった元ルーマニ屋蹴球連盟(FRF)役員イオン・クラチオネスクは、UEFAに訴えたらしい。

イオン・クラチオネスク 「ルーマニ屋のサッカーの審判を改善するために、UEFA、ルーマニ屋スポーツ省に新しい規則の試案を送った。FRFに拒絶されたやつだよ。ヨーロッパの標準と同じように振舞ってもらいたいからね」

偽造ギリシャ旅券が発覚して以来、プレーしていなかったメスのコロンビ屋人GKファリド・モンドラゴンに、腐乱巣当局が就労ビザを発給する模様。早ければ3月3日のサンテティエンヌ戦で復帰するらしい。

イタリ屋蹴球連盟は、ドーピング・テストに引っかかったアジアン・ペルージァFWクリスティアン・ブッキ、DFサルヴァトーレ・モナコ、ペスカラDFアンドレア・ダ・ロルドに16ヶ月のサスペンションを与えた模様。
--
億万長者になってサラゴサを買い取りたい(笑)

2002・2006W杯の放映権を持つキルヒ・グループと、一般公共放送TVネットワーク・グループの協議が物別れに終わったことに、ドどイツ内務大臣オットー・シュイリーは大変ご立腹らしい。ドどイツ内務省はスポーツ関連も担当する省庁。

オットー・シュイリー大臣 「放送権の交渉が成功しないのは残念だ。フッスバルのファンは2006W杯をドどイツの公共放送で見たがっている。フッスバルがビジネスになってしまったことはわかるが、スポーツ・ファンに出費を強要すべきではない」

ARD-TV会長フリッツ・プレイトゲン 「英国の例には大いに同情する。もう一度キルヒと話し合いが出来るといいんだが…如何せん料金が高すぎる」

儲けているように見えて実は貧乏なガラクタサライでは、サラリーが未払いになっている選手がいるらしい。未払い総額は約400万ポンド。

ベルギー1部リーグのクラブ全体がインテルブレウ社とスポンサー契約を結ぼうとしたところ、スタンダール・リェージュが拒否。怒った多数派はリエージュをリーグから追放しようと考えているらしい。バカみてー。

元南アフリカ代表でスーパースポーツ連合のプレーイング・マネージャー:トーマス・マディゲイトが、ヘレニック戦中に心臓発作を起こしてヘリコプターで病院に運ばれたらしい。現在の容態は安定しており、命に別状はない模様。
--
冥土イン伊太利屋

ASローマは、エスパーニャ人主審ホセ・マリーア・ガルシーア・アランダ・Jリーグの不可解な判定に抗議し、UEFAカップ4回戦ゲルマン・リヴァプール戦をやり直すよう、UEFAに嘆願した模様。

ローマGMファブリツィオ・ルケッティ 「再試合の望みは殆どないが、ブンデスリーガで1度だけ先例がある。主審はバティストゥータのそばにボールがある時にはPKと言ったが、選手の反応によってジャッジが変わった。我々には大きなダメージだった」

レスター市で呑気に現役を楽しんだだけで早々にイタリ屋に帰ってしまった元ケチャップ屋MFロベルト・マンチンに、牛乳屋監督就任の噂。どっしぇー。一方、牛乳屋は、ケチャップ屋FWシモーネ・インザギ弟、PSVアイントフォーフェンのおデンマーク代表FWデニス・ロンメダールを狙っているらしい。オレはゾラちんやデブリンがいた頃のナイス・ボケな牛乳屋に戻って欲しい…

インテル・虫の息会長保毛尾田保毛男が、あ〜れ〜ミラン監督アルベルト・ザッケローニに「好きに選手を売り買いしていいからウチに来てちょうだい」とお電話したらしい(笑)。

インテルDFロラン・ブラン 「本気で先のことを考えたいんなら、選手をコロコロ変えるのはやめるべきだね」

来季の就職先が注目されているマルチェロ・リッピの第一希望は、「複数年指揮したい」だそうな。

マルチェロ・リッピ 「国外から4つほど接触があったが、まだ数年はイタリ屋にいたい。どこからも誘いがなければ国外に出ることも考えねばならんがね。多分、あと何年かはイタリ屋で指揮することになるだろう。ここでの仕事はとても面白いんだ。1つのクラブで何年か続けたいね」
--
チャンピオンズ・リーグの二日酔い by ロイター

1.FCケルン再びに引き分けてしまったバイエルン・ミュン変は、チャンピオンズ・リーグ明けのブンデスリーガには勝てない記録を6に伸ばし、すっかりジンクスになってしまっているらしい(笑)。

バイエルン監督おっとまぁ・ヒッツフェルト ケルンは本当にうまくやったし、我々を追い詰めた。緩慢なスタートから目を覚ますのに45分もかかってしまったよ。それからは一層攻撃的に良いプレーをしたが、1点しか入れられなかった。これでは勝点1で満足するしかない」

フレンチ・アーセナル監督アルセーヌ・ヴェンゲーは、マンチェスタ連合の独走に「傷つくし恥ずかしい」と表現。

アルセーヌ・ヴェンゲー 「マンチェスタ連合は特別に何かをしたわけじゃないザマス。だから余計に腹が立つザマス。13ポイントも離されるなんて、胸が痛むアマスよ。恥ずかしいことザマスが、私たちに責任があるザマス。他の監督たちにも多分責任があるザマス。こんなに引き離されてしまったザマスからね。マンチェスタ連合の調子が悪い時でさえ、他のチームは勝つチャンスがあっても必死にやらなかったザマス。私たちは2位争いに慣れてしまったザマスね。勿論、2位を確定させたいザマスが、プライドもあるザマスよ。マンチェスタに行って勝つことを望むザマス」

陰愚乱度リーグカップ決勝に向けて、ゲルマン・リヴァプールの皆さんはとってもやる気十分らしい。

リヴァプールFWロビー・ファウラー 「もし優勝できたら、ジェイミー・レドナップにカップを持たせたい。彼の欠場で、オレとサミ・ヒーピアがキャプテンをしてるけど、サミも同じことを言うと思うよ」

リヴァプール監督ジェラール・ウーリエ 「砂利・リトマネンを始め、怪我人も多いが、誰がプレーし、誰が得点するかは重要ではない。大事なのは我々が一丸となることだ」

バーミンガム市FWジェフ・ホースフィールド 「集中できているし、全て順調だよ」
--
間近で見てみたかっただけ

陰愚乱度代表監督スヴェン・御覧・エリクソンは、「ヨーロッパでのビッグゲームを控えた選手はスペイン戦には使わない」とコメント。やっぱり、呼んでみただけだったらしい(笑)。

スヴェン・御覧・エリクソン 「選んだ選手のクラブの監督全員と話をしたが、リーズやゲルマン・リヴァプール、マンチェスタ連合の事情を理解するのは重要だ。彼らはエスパーニャ戦の後にヨーロッパの試合がある。私は2カ月前までクラブの監督をしていたから、その辺のことはよくわかっている。選手に多大な要求はできないよ。彼らを使うとしても45分。90分フルにはプレーしないだろう。確かに、選手を選んだが、殆どを全く知らないのは事実だ。国際試合での彼らは勿論知っているよ。しかし、私が一度も聞いたことがない若い選手も何人かいるんだ。だから月曜に全員が集まってともに行動するのはいいことなんだよ。集団でグッド・フィーリングを得るのは非常に重要だ。私はそこから多くのものを探すつもりだ。スオミ、アルバニ屋栓のために、エスパーニャ戦から積極的に学ばねばならない。それが一番重要だと私は思う」

新城連合MFキーロン・ダイアーは、マンチェスタ市戦で向う脛の負傷を悪化させてしまい、せっかくお呼ばれした陰愚乱度代表を辞退する模様。

オーストラリ屋蹴球連盟は、シドニーの実業家トニー・ラッボツェッタを新会長に任命。

トニー・ラッボツェッタ新会長 「私は途方に暮れている…この4週間は困難な時期だったが、今こそ我々は腕まくりをして一致団結するしかない」
--
ウルグァイに挑戦するスロ紅屋

GK
ムラデン・駄馬ノ奴(ロケレン)
デヤン・ネメチ(クラブ・ブルージュ)
マルコ・シメウノ奴(マリボル)
DF
スパソイェ・ブライッチ(FCケルン)
アレクサンデル・クナヴス(ティロル・インスブルック)
待てい・スノフル(ノヴァ・ゴリツァ)
ムアメル・ヴグダリッチ(マリボル)
MF
ミレンコ・アチモ奴(ツルヴェナ・ズヴェズダ)
アレス・セー(GAKグラーツ)
ササ・ガイセル(ゲント)
ドゾニ・ノヴァーク(SpVggウンターハッヒンク)
ミラン・パフリン(FCポルト)
ゾラン・パフロ奴(ディナモ・ザグレブ)
ライコ・タフカル(1.FCニュルンベルク)
ズラッコ・サザエさん(バレンシアCF)
FW
セバスティアン・チメロティチ(オリンピヤ・リュブリアナ)
ミラン・オステルチ(ハポエル・テル・アヴィヴ)
ムラデン・ルドニア(ポーツマス)
エルミン・シリアク(ブラッドフォード市)
--
ギリシャに出かけるロス毛

GK
アレクサンデル・フィリモノフ(スパルタク・モスクワ)
ルスラン・ニグマトゥーチン(ロコモティフ・モスクワ)
DF
有利・ニキフォロフ(PSVアイントフォーフェン)
ドミトリー・クレストフ(ベジクタシュ)
ヴィクトル・オモプコ(レアル・オビエド)
オマリ・テトラーゼ(PAOKサロニカ)
有利・ドロズドフ(ロコモティフ・モスクワ)
イゴール・チュガイノフ(ロコモティフ・モスクワ)
ドミトリー・アナンコ(スパルタク・モスクワ)
MF
アレクサンデル・モストヴォイ(ビゴのケルト人)
ヴァレリー・カルピン(ビゴのケルト人)
ドミトリー・アレニチェフ(FCポルト)
アレクセイ・スメルティン(ジロンダン・ボルドー)
ドミトリー・クホヒロフ(レアル・ソシエダ)
ヴィクトル・ブラトフ(スパルタク・モスクワ)
イゴール・ティトフ(スパルタク・モスクワ)
ロラン・グゼフ(ディナモ・モスクワ)
FW
セルゲイ・セマーク(CSKAモスクワ)
マキシム・ブズニキン(ロコモティフ・モスクワ)
裏地見る・ベスチャスニヒ(ラシン・サンタンデル)
--
リーガ・エスパニョラ:第24節

RCDラ・コルーニャ 2-2 レアル・へなちょこ
デポールの得点…51分(PK):ヂャウミーニャ、84分:ディエゴ・トリスタン・エレーラ
レアルの得点…6分(OG):エウデル、45分(PK):ルイス・フェリペ・マデイラ・カエイロ "高いぞ・フィーゴ"

セリエA:第20節

アタランタ・ベルガモ 0-0 バリ

花組 2-2 ブレシア・ロバ

花組の得点…23分:エンリコ・キェーザ、62分:ヌーノ・ゴメス
ブレシアの得点…4・67分:ロバ

腐乱巣リーグカップ:準々決勝

シャトールー(II) 0-1 ASモナコ
アミアン(III) 0-2 オリンピック・リヨン

ブルガリ屋カップ:準々決勝1st-Leg

ロヴェチ 3-0 CSKAソフィア
レフスキ・ソフィア 4-0 ボテフ・プロヴディフ
--
ブンデスリーガ:第23節

ハンブルガーSV 3-2 VfLウォルフスブルク
ハンブルクの得点…31分:エリク・メイイェル、45分:セルゲイ・バルバレツ、63分:メフディ・マフダヴィキア
ウォルフスブルクの得点…10分:ゾルタン・セベスセン、72分:スヴェン・ミューラー

SCフライブルク 0-3 TSV1860ミュンヘン
得点…36・44分:ダニエル・ボリミロフ、50分:マルクス・シュロツ

FCシャルケ・ヌルフィア 0-0 ボルシアBV09ドルトムント

FCシャルケ監督フーブ・スティーヴンス 「両チームとも、遠慮しすぎだったね。お互い負けることを恐れる余り、リスクを犯そうとしなかった。我々のファンがドルトムントを打ち破ることを望んでいるのはわかっているが、時には引き分けでも満足しなければならない」

アイントラハト・フランクフルト 1-2 ヴェルダー・ブレーメン
フランクフルトの得点…90分(OG):フランク・バウマン
ブレーメンの得点…21分:アイウトン、90分:クラウディオ・ピサーロ

バイエルン・ミュン変 1-1 1.FCケルン再び
バイエルンの得点…65分:カルシュテン・ヤンカー
ケルンの得点…25分:マルクス・クレウツ

ヘルタ・ベルリン(延期)SpVggウンターハッヒンク
--
陰愚乱度プレミアシップ:第28節

ブラッドフォード市 1-2 西ハム連合
ブラッドフォードの得点…62分:エオイン・ジェス
西ハムの得点…18・75分:フランク・ランパード

コヴェントリー市 2-2 チャールトン・アスレティック
コヴェントリーの得点…10分:クレイグ・ベラミー、67分:ジョン・ハートソン
チャールトンの得点…22分:リチャード・ルフス、46分:ヨナタン・ヨハンソン

ダービー・カウンティ 1-0 アストン・ヴィラ
得点…42分(PK):デオン・バートン

イプスウィッチ町 2-0 エヴァートン
得点…82分:マット・ホーランド、84分:アラン・アームストロング
赤札…71分:アレックス・ニャルコ(エヴァートン)

レスター市 2-0 サンダーランド
得点…30分:ディーン・ストゥリッジ、65分:アデ・アキンビイ
赤札…55分:ジョン・オスター(サンダーランド)

ミドルスブラ 0-1 サウザンプトン
得点…49分:マーク・ドレイパー

新城連合 0-1 マンチェスタ市
得点…61分:シャウン・ゴーター

トッテナム・ホットスパー 1-2 リーズ連合
トッテナムの得点…33分:レス・ファーディナンド
リーズの得点…45分(PK):イアン・ハート、57分:リー・坊や裁判中

リーズ監督デヴィッド・オレアリー 「選手たちは少しずつヨーロッパでの戦いから学んでいるのねー。ヨーロッパで良いチームになりたいなら、エスパーニャとかイタリ屋のクラブみたいにならなきゃいけないのねー。ヨーロッパで試合があっても、翌日にはそれを忘れて、週末の国内リーグに勝たなきゃいけないのねー。選手は少し疲れてたけど、彼らにパンとバターを買わせてくれるものに戻るように、思い出させなきゃいけなかったのねー。重要な試合だったよ。来季はチャンピオンズになりたいんだからー。FAカップがなくて助かったのねー。ウチはうまくやったのねー。もっとゴールが欲しかったけどー、アウェイは難しいのねー。でも、今日はトッテナムの無敗記録を止めちゃったボクちゃん達が、立派な勝利者なのねー」
--
スットコ乱度プレミアシップ:第28節

ダンディ 0-1 ダッチ・レンジャーズ
得点…75分:ベルト・コンターマン

ダンディのアル全珍人FWファン・サラが、2度のPKを2度とも失敗したらしい。それにつられて、レンジャーズFWビリー・ドッズもPKをポストに当ててしまったらしい。サラは今夜眠れないだろうな。合掌(笑)。

ダンディFWファン・サラ 「2番目のPKをオレが決めていたら、我々が勝っていただろう。オレは今まで1度もPKを失敗したことがなかった。次は絶対失敗しない」

レンジャーズ監督ディック・アドフォカート 「こんな試合は1度も見たことがない。信じられないよ。我々がラッキーだったことを認めるよ。しかし、我々のチャレンジは、ハイバーニアンの上に行くことだ」

ハーツ 7-1 ダンファームリン・アスレティック
ハーツの得点…5・39分:ステファン・アダム、27・59分:アンドリュー・キーク、31・46分:コリン・キャメロン、67分:ロベルト・トマスチェク
ダンファームリンの得点…50分:ジェイソン・ダイア

キルマーノック 0-0 ダンディ連合

セント・ミレン 0-1 マザーウェル

得点…74分:デレク・トウェンズリー

アバディーン - セント・ジョンストン(豪雪により延期)
--
オランダ・エレ・ディヴィジ:第23節

トゥヴェンテ・エンシェーデ 2-1 フィテッセ・アルンヘム
トゥヴェンテの得点…4分:ヤン・フェンネグール・オヴ・ヘッセリンク、67分:エレリー・カイロ
フィテッセの得点…85分:ゲルト・クラエシェンス
赤札…フォウジ・エル・ブラジ(トゥヴェンテ)

RKCヴァールヴィーク 1-0 フォルトゥナ・シッタール
得点…35分:リック・フーゲンドルフ

AZアルクマール 2-4 ローダJCケルクラーデ
AZの得点…47分(OG):マルク・ルイペルス、57分:ロビン・ネリッセ
ローダの得点…10分(OG):ホセ・フォルテス・ロドリグェス、14分:ガルバ・ラワル、17分:レジリオ・ヴェルデ、68分:ヤンニス・アナスタシオウ

ポルトゥガル・プリマ・リガ:第22節

スポルティング・リスボン 3-1 ジル・ヴィセンテ
スポルティングの得点…72分:セサール・プラテス、81分:アルベルト・アコスタ、87分:ジョアン・ピント
ジルの得点…85分:アンドレ・オリヴェイラ
赤札…75分:ヌーノ・アシス(ジル)、85分:アルベルト・アコスタ(スポルティング)

ベレネンセス 0-3 エストレラ・アマドーラ
得点…14・82分:ガウショ・ゴメス、29分:レナト
--
ベルギー・ディヴィジオン1:第23節

ゲント 0-2 クラブ・ブルージュ
ヴェステルロー 2-2 アンデルレヒト

Standings--------P W D L F A Pts
1. アンデルレヒト 23 19 4 0 68 19 61
2. クラブ・ブルージュ 23 17 5 1 65 18 56
3. スタンダール・リェージュ 23 12 7 4 54 26 43
4. ゲント 23 12 6 5 45 33 42
5. ヴェステルロー 23 12 5 6 44 33 41
6. エクセルシオール・ムースクロン 23 11 4 8 45 31 37
7. ゲルミナル・ベールショット 23 11 3 9 42 34 36
8. シャルルロア 23 11 3 9 38 41 36
9. リエルセSK 23 10 5 8 35 29 35
10. ロケレン 23 9 7 7 34 32 34
11. ベヴェレン 23 8 6 9 22 43 30
12. ゲンク 23 7 6 10 28 34 27
13. アントワープ 23 7 3 13 25 34 24
14. エーントラハト・アールスト 23 5 5 13 23 49 20
15. ハレルベケ 23 5 1 17 28 66 16
16. シン・トルーデン 23 4 4 15 22 41 16
17. メケレン 23 2 6 15 27 53 12
18. ラ・リュヴィエール 23 1 8 14 15 44 11

ベルギー・カップ:準々決勝リプレイ

ゲンク 2-1 サークル・ブルージュ
--
2002W杯予選:アフリカ地区Group-A

リビア 3-3 トーゴ

Standings---P W D L F A Pts
1. カメルーン 3 3 0 0 8 0 9
2. アンゴラ 3 2 0 1 5 5 6
3. ザンビア 2 1 0 1 3 2 3
4. トーゴ 3 0 1 2 3 7 1
5. リビア 3 0 1 2 4 9 1

2002W杯予選:アフリカ地区Group-C

モロッコ 0-0 セネガル

ナミビア 1-1 ARエジプト

ナミビアの得点…50分:ラズンドゥラ・トジクズ
エジプトの得点…89分:イブラヒム・サイード

Standings---P W D L F A Pts
1. モロッコ 4 1 3 0 2 1 6
2. アルジェリ屋 3 1 1 1 3 3 4
3. ARエジプト 3 0 3 0 1 1 3
4. セネガル 3 0 3 0 1 1 3
5. ナミビア 3 0 2 1 1 2 2

2002W杯予選:アフリカ地区Group-E

ブルキナ・ファソ 1-2 ジンバブエ
ブルキナの得点…22分:モウモウニ・ダガノ
ジンバブエの得点…2・13分:ピーター・ンドロヴ
--
2002W杯予選:アジア地区Group-4

クウェート 2-0 キルギスタン
得点…21分:ヤセム・アル・ホウワイディ、87分:ファラジ・ラヘーブ

シンガポール 0-2 バーレーン
得点…40分:カーミス・アイド、43分:ヨウゼフ・アーメル・アル・サディ

Standings---P W D L F A Pts
1. クウェート 5 4 1 0 9 2 13
2. バーレーン 5 4 0 1 8 4 12
3. キルギスタン 5 1 0 4 2 8 3
4. シンガポール 5 0 1 4 2 7 1
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-