Make your own free website on Tripod.com
02. 27
FEBRERO
ENERO 2001
昔のことは忘れました

エスパーニャ代表はレアル・へなちょこDFフェルナンド・ルイス・イエロ様を除外。昨年11月のオランダ戦で赤札をもらったことを忘れていたらしい(爆笑)。代役はレアル・サラゴサDFパコちゃん。

ホセ・アントニオ・おカマーチョ監督 「W杯や欧州選手権でうまくやりたいなら、最も強い相手とプレーして勝たねばならない。アウェイで陰愚乱度とやるのは簡単ではないだろうが、エスパーニャのフートボルは現在いい状態を保っている。それがクラブ・レベルだけの話ではないことを証明しなければならない」

ハビエル・クレメンテ前監督 「私が監督をしていた頃のエスパーニャが一番強かった。あれ以上のことは誰にもできないだろう」

マンチェスタ連合の陰愚乱度代表MFポール・スコールズが胃痛を訴えて、スヴェン・御覧・エリクソン監督の初練習を欠席。

スヴェン・御覧・エリクソン監督 「明日の朝、マンチェスタ連合のドクターの診断を待っているところだ。しかし、今日の様子を見る限りでは、水曜の試合に出られるような元気はないようだよ。出られない選手は非常に残念だが、他の選手の名前も見て欲しい。皆非常に非常に良い選手ばかりじゃないか」

マンチェスタ連合の陰愚乱度代表MFデヴィッド・バカ旦那が、「キャプテンとしてエスパーニャ戦に出てやる」と強気なコメント。キャプテンに指名されなければ、過去の栄光に縋って生きていくつもりらしい(笑)。バカップルのくせに煩せー奴。

デヴィッド・バカ旦那 「この前のイタリ屋戦で陰愚乱度のキャプテンだったのが忘れられない。オレはキャプテンであり続けたい。もし、やらせてもらえなかったら、オレはキャプテンだったんだと、自分に言い聞かせることができる。でも、一番大事なのは水曜日のエスパーニャ戦のチームに入ることで、オレがキャプテンであろうとなかろうと、いいプレーをすることだ。特に中盤の真中でね。オレは中盤ならどんなチャンスでもエンジョイするんだ。オレはプレーが好きだし、試合に絡むことが楽しいんだ。真中をやらせてもらえたら言うことないね。右でやってると、タイトなマークがいつもついてくるし、ひどいときには2人にマークされてしまうからやりにくいんだよ。克服しなきゃいけないんだろうけど、中盤の真中ならラクなんだ。まあ、新しい監督次第なんだけど。陰愚乱度のフットボールには新しい時代だし、国中が勝つ必要があるとわかっている。もうすぐ大事な予選もあることだし、エスパーニャにチームとしていいプレーをする必要がある」
--
かかってきなさい

5年ぶりに対戦する腐乱巣とドどイツでは、フレンドリ・マッチとは思えないほど盛り上がっているらしい。第二次大戦の恨みか、ハポンちっくなフィーヴァーか、はてさて。

腐乱巣代表監督ロジェ・ルメール 「ドどイツとの試合の歴史から見ても、簡単な試合出ないことは明らかザンス。世界とヨーロッパのチャンピオンである私たちには、勝利だけが要求されるザンス。私たちは全員、ドどイツを知っているザンス。私たちには、ドどイツに勝つということは、イタリ屋やブラ汁に勝つと同じようなものザンス。ルブーフやエマニュエル・ぷちっが余り試合に出ていないことは、大して心配していないザンス。彼らとは絶えず連絡をしているし、ケガもしていないザンス。それに、時々はプレーしているザンスよ」

DFビシェンテ・サナトリウム・リザラズ・バスク 「ドどイツ戦のことで、メーメト・ショルとよくジョークを言い合ってたよ。シーズンの初めからね。すごく面白い試合になるだろう。腐乱巣vsドどイツは常に特別な試合だ。僕はバイエルンのドレッシング・ルームでイヤな思いをしたくないから、絶対勝たなきゃいけないと思ってる。僕らの世代は過去に何が起きたかなんて気にしていない。僕らはワールド・チャンピオンズであり、ヨーロッパ・チャンピオンなんだよ。それが全てさ。ドどイツのフットボールは非常に高いレベルでプレーされる。僕の意見では、ブンデスリーガのレベルは、イタリ屋やエスパーニャと同じだよ。腐乱巣との試合はドどイツにとって、チームを改善する大きなチャンスなんだ。我々は誰もが激はしたい目標なんだよ。それは当たり前の事さ。何たって僕らはヨーロッパNo.1なんだから」

DFミカエル・シルヴェストレ 「勿論呼ばれることを考えていたよ。マンチェスタ連合に入ってからずっと、代表に呼ばれるために注意深くやってきたんだ。たとえ、フィリップ・クリスタンヴァルの負傷のためでも、呼ばれたことがすごく嬉しいよ。このまま2002年まで居座りたいね。W杯に出られるなら、ブリュの長いキャリアのスタートになるだろう。プレッシャーの中でもいいプレーができるのが、マンチェスタ連合の強みなんだ。この3年間そうやってプレーしてきたし、それが腐乱巣を強くできると思う。イタリ屋でもプレッシャーに慣れたけど、今はもっと慣れているんだ。我々はオールド・トラフォードで毎回ビッグ・ゲームをしているんだから」

ドどイツ代表監督ルディ・メルヒェン 「腐乱巣戦は最高のテストだよ。彼らは才能に恵まれているし、現在のワールド・チャンピオンだ。彼らは確かに強豪だけど、僕らは僕らのベストを尽くすよ。前向きにピッチを後に出来るようにね。試合が終わったら、僕らの状況がよくわかると思うよ」
--
落ちぶれた強豪と勝っても叩かれる新興国

ドどイツ代表監督ルディ・メルヒェンは、契約が切れる2002年以降も留任する可能性を示唆。

ルディ・メルヒェン 「2002W杯予選を突破できたら、集まって話をすることになるよ。代表に留まるかどうかは、それからの話だね。バッベル?彼は二度と代表には戻らないと言うけど、僕はいつでもドアを開けるよ。でも、エフェンベルクやマリオ・バスラーはムリだね。エッフェには戻ってもらいたいけど、簡単に心を変えるタイプじゃないんだよね。バスラーは戻りたがってるようだけど、それはちょっとムリだよ。彼はユニークな才能の持ち主で、ボールの扱いも最高だ。彼が常にベストの状態を保証できたら、世界中何処へいってもスタメンを確保できるだろうけど、残念ながら今のところ、そうは見えないよ」

W杯予選のザンビアに1-0で辛勝したカメルーンでは、怒った国民がジャン・ポール・アコノ監督をクビにしろと大騒ぎ。試合後は軍警察に付き添われてスタジアムを後にしたらしい。

カメルーン・トリビューン紙 「ライオンズはフットボール・チームというだけでなく、国のシンボルであることを忘れてはならない」

カメルーンMFパトリック・エムボマ 「たとえ我々がチャンスを作っていたとしても、我々のプレーは良くなかった。お客さんが怒るのは当然だな」

カメルーン主将リゴベール・ソング 「オレがガックシきてるのは、この勝ち方さ。オレらのファンはもっと多くを期待してたのに、置いてけぼりにされちまった」

VfBシュトゥットガルトMF暮らし見る・バラコフが、ヨルダン戦のブルガリ屋代表から外された模様。ストイコ・ムラデノフ監督によると、「種々の理由により外した」そうで、本当の理由は不明。
--
独裁者には逆らえない

花組のトルコ人監督ファティ・テリムと、コーチング・スタッフ全員が辞任。1月13日以来勝ち星がないというのがチェッキ・ゴーリ皇帝の理由。後任候補はケチャップ屋MFロベルト・マンチンというウワサがあるものの、マンチンはまだライセンスを持っていないのだった。イルディリム・デミロレン副会長の希望はベジクタシュ監督ネヴィオ・農家・スカラらしい。ベジクタシュ側は成績不振を理由に、今季限りでスカラとの契約解除を決定したらしい。

ファティ・テリム 「土曜日がギリギリの線だった。私だけでなく、20人の人間が全てを見た。しかし、詳細を述べる必要はない。我々の原則に基づいて起こったことだ。最初に私のアシスタントに罵声が浴びせられ、次が私だった。会長がドレッシングルームに来たのは本当だよ。結果が問題じゃない。問題は私だ…彼らは私を解雇するために負けるのを待っていたんだ」

ロベルト・マンチン 「花組から監督を頼まれたら名誉なことだ。でも、今のところ私は何も知らないよ。花組から電話を貰ったら、色々検討するよ」

バイエルン・ミュン変を自由契約になっていた元ドどイツ代表MFトーマス・シュトルンツが引退。就職先が見つからなかったため。ブンデスでの記録は235試合33得点、代表キャップ数は41。

トーマス・シュトルンツ 「俺の時代はもう終わってたのさ。二度とプロとしてフッスバルはしないよ」

1.FCカイザースラウテルンのヘルヴェティア人DFムラト・夜勤26歳が、膝の負傷から引退を考えている模様。今季フェネルバーチェから850万マルクで移籍してきた夜勤だったが、カイザース側は「既にフェネルバーチェと夜勤の契約は切れていた」として支払いを拒否。FIFAが調査に入っているらしい。

ムラト・夜勤 「診断はかなり深刻で、キャリアを脅かすものだった。再びベストの状態には戻れないことはわかってる。この2週間で右膝のオペを受けるかどうか決めることになると思う」

トッテナム・ホットスパーの陰愚乱度U-21代表DFアイルトン・テルウェルが3年、レッドリー・キングが2年の契約延長に合意。

女王公園レンジャーズは、ブリストル・ローヴァーズを1カ月前に解雇されたイアン・ホロウェイを新監督に任命。
--
たわけ

アヤックス・バルセロナのオランダ代表Fデブは、デルビー・クラシコで「優勝戦線に戻る」と言い放っている模様。おのれ、猪口才な。

Fデブ 「我々全員が来週のマドリーでの試合に備えている。我々との勝点差は9、絶対に勝たねばならない。勝てば6ポイントに縮められるし、優勝争いに加われる。そのためには、パトリック・××・クライファートの先制ゴールが必要だ。ストライカーが先制ゴールを望むのは普通のことだ。彼が得点すれば試合が良くなるのは誰にもわかることだ。レアル・へなちょこ戦を前に、ソシエダで良いコンディションを見せてくれたことは素晴らしかった」

ジョレンス・セラ・フェレール監督 「ソシエダ戦の勝利は、我々の信頼のために重要だった。我々には今、マドリーで勝つことを考える義務がある。我々は楽天的だよ」

6-1と大敗してしまったフレンチ・アーセナル監督アルセーヌ・ヴェンゲーは、「マンチェスタ連合の独走は陰愚乱度のためによくない」と、嘆いている模様。

アルセーヌ・ヴェンゲー 「マンチェスタ連合の1人勝ちは陰愚乱度のフットボールのために良くないザマス。プレミアシップにもよくないザマス。3、4チームがタイトル争いをした方がずっと面白いザマス。まだ3月にもなっていないのに、タイトル・レースはもう終わってしまったザマス。誰もそれを誇りに思うはずがないザマス」

マンチェスタ連合監督サー・アレックス・ファーガソン 「終わった、終わったと言うでねぇだ。まだ試合は残ってるべさ。最近怖いのはリーズだなや。ハイバリーに行かにゃなんねぇだが、奴らはホームよりアウェイのほうが強ぇんだべ。まあ、フレンチ・アーセナルとゲルマン・リヴァプール、リーズ連合の争いだろうけっども。それにしても、ドゥワイト・ヨークがW杯予選に取られちまったのは残念だなや。いつ戻ってくるかわかんねぇだら、困ったもんだっぺ」
--
英吉利紳士とは酒を飲んで暴れるものなり

リーズ連合MFギャレス・エヴァンス20歳が、週末に故郷ロスウェルのパブで大暴れ。30歳男性への暴行致傷で告訴されちゃったらしい。水曜日に法廷へ出頭する模様。紳士の国なんだから、躾を考えた方がいいんじゃないか、オレアリーくん?

アジア系学生への集団暴行容疑で告訴されているリーズ連合DFジョナサン・木門、MFリー・坊やが、罪状認否への出頭を拒否したらしい。

陰愚乱度リーグ・カップ決勝での逮捕者は26名。この数字に喜んだカーディフ警察は、バーミンガム、ゲルマン・リヴァプール両チームのサポーターを褒めちぎっているらしい。甘やかすとつけあがるぞ。

カーディフ警察広報 「両チームのファンの態度は素晴らしかった。試合における逮捕者は、リヴァプール側からは全くなく、バーミンガム側からは5人だけだった。しかし、暴力問題ではなかった。我々は多くのVTRを撮影している。コンゴはその中から犯罪に関与している者を徹底的に洗い出す」

バイヤー04レーファークーゼンのブラ汁人MFロブソン・ポンテは、金曜のFCエネルギー・コットブス戦で、相手MFブルーノ・アクラポ奴に肘撃ちをお見舞いしたのをVTRで見つけられてしまい、DFB規律委員会にかけられる模様。
--
ついてない人々

大金を注ぎ込んだにも関わらずヨレヨレなパリ・サン・ジェルマンは、来季のチャンピオンズ・リーグまたはUEFAカップ出場権が確保できなければ、主力選手の売却に踏み切るらしい。ヨーロッパでの試合が確保できなければ、年間予算が6億フランから4億5千万フランに削減されるため。

PSG会長ロラン・ペルペール 「損失のために確保できない選手がいるなら売却する。それがフットボールの人生なんだ。予算が少なくなればサラリーをカットする必要があるし、ヨーロッパでの試合がないなら、それに見合ったチームにしなければならない」

エヴァートンFWフランシス・ジェファーズが足首、古ハムMFシーン・デイヴィスが太腿を負傷し、陰愚乱度U-21代表を辞退。

ケチャップ屋GKアンジェロ・ペルッツィがヴェローナ戦で負傷。全治は4週間。

ダッチ・レンジャーズのオランダ人FWミヒャエル・モルスが帰国。古傷の右膝靭帯の再手術を受けるため。

メヒコのアメリカFCのチレ人FWイバン・ルイス・サモラーノ・サモーラ様が負傷したらしい。削ったのはどこのどいつだ?呪ってやる。
--
ギリシャ・ディヴィジョン1:第20節

AEKアテネ 1-2 オリンピアコ巣ピラエウス
パニリアコ巣 0-3 パナシナイコ巣

Standings-------P W D L F A Pts
1. オリンピアコ巣ピラエウス 20 17 2 1 60 15 53
2. パナシナイコ巣 20 13 5 2 35 10 44
3. AEKアテネ 20 12 3 5 39 26 39
4. PAOKサロニカ 20 10 7 3 43 29 37
5. FCイラクリス・サロニカ 20 11 3 6 33 24 36
6. イオニコ巣 20 9 6 5 31 26 33
7. アリス・サロニカ 20 9 4 7 22 21 31
8. スコダ・ザンティ 20 8 4 8 14 18 28
9. パニオニオ巣 20 4 9 7 22 28 21
10. エスニコ巣アステラス 20 6 3 11 21 38 21
11. PASイオアンニア 20 5 5 10 27 37 20
12. パナハイキ 20 4 5 11 23 35 17
13. 足ない子巣 20 4 4 12 27 41 16
14. パニリアコ巣 20 3 7 10 15 31 16
15. カラマタ 20 2 8 10 26 41 14
16. OFIクレタ 20 2 7 11 19 37 13

Leading scorers --- Greek first division
13 ミカリス・コンスタンティノウ(FCイラクリス・サロニカ)
12 プレドラグ・ヂョルディエ奴(オリンピアコ巣ピラエウス)
11 アレコス・アレクサンドリス(オリンピアコ巣ピラエウス)
10 エリアス・ソラキス(パナハイキ)
 ニコス・リベロポウロス(パナシナイコ巣)
--
キプロス4カ国対抗

ウクライナ 0(延長)1 ルーマニ屋
得点…99分:リヴィウ・チボタリウ

ウクライナ…1:オレクサンデル・ショフコフスキ(74分:マキシム・レヴィツスキ)|2:ディミトリー・パルフィオノフ、3:オレクサンデル・フラノフスキ(57分:アンドリー・ネスマチュニ)、4:オレクサンデル・ホロフコ|5:ウラディスラフ・ヴァシュチューク、6:オレクサンデル・プリシェンコ、7:ヴァシリー・カルダシュ、8:セルヒー・スニツコ、9:アルテム・ヤスキン|10:アンドリー・ヴォロベイ、11:オレクサンデル・メラシェンコ

ルーマニ屋…1:フロリン・プルネア|2:フロリアン・ディミトリウ、3:ダニエル・プロダン、4:ミレル・ラドイ、5:ユリアン・テメシュ(74分:マリウス・マルダササヌ)|6:リヴィウ・チボタリウ、7:ティベリウ・ギオアネ、8:ボグダン・マ|9:ディヌ・ヴィオレル・モルドヴァン(58分:アドリアン・ミハツカ)、10:エウゲン・トリカ(マリアン・アリチタ)、11:マリウス・ニコライ

キプロス 1-2 リトゥ兄屋
キプロスの得点…29分:イアセミス・イアセマキス
リトゥ兄屋の得点…83分:トマス・ダニレヴィシウス、87分:ロベルト・ボスクス

3位決定戦:ウクライナ - キプロス(28日13:30GMT)
決勝:ルーマニ屋 - リトゥ兄屋(28日16:00GMT)
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-