Make your own free website on Tripod.com
02. 28
FEBRERO
ENERO 2001
巨人の星

バイヤー04レーファークーゼンのドどイツ代表MFミヒャエル・バラックが、バイエルン・ミュン変への移籍を希望しているらしい。現在の契約は2005年まで。

ミヒャエル・バラック 「ある時期が来ると、人はこれ以上何も得られないことを悟る。2002年の夏には移籍するだろう。ブンデスリーガでプレーするならバイエルン・ミュン変だな。バイヤーに来る前に誘いがあったし。バイエルンでチャンピオンズ・リーグに出て、準決勝や決勝に行けたらエキサイティングだろうなぁ。バイヤーじゃ夢物語なんだよなぁ」

オーストリ屋最大の日刊紙デイリー・ニュー・クローネンの読者投票で、シュトルム・グラーツのオーストリ屋代表MFマルクス・ショップ27歳が430,769票を獲得し、プレーヤー・オヴ・ジ・イヤーに輝いた模様。2位はラピド・ウィーンGKラディスラフ・マイヤー。

財政危機が報じられているガラクタサライは、選手へのサラリー未払いはないと主張。

アルーク・スレン会長 「ここ2試合で貴重な勝点を落としている。しかし、若干の選手は…さらに多くを失おうとしている。勝てないと勝利ボーナスは出ないからな。何もしないくせに言うことだけは言う奴等が唯一理解できる言葉は、金、金、金だ。選手への支払いはドルで全額支払っている。最近の為替相場は40%下落したが、選手への支払いは1ペニーだって欠けていない」
--
渡る世間はちょろかった

ハンガリー政府は通常閣議を3日間延期。ヴィクトル・オルバン首相37歳が、黒亜血屋でキャンプをしているフットボール・チームに同行しているため(爆笑)。世の中にはモリくん以上に凄い首相がいるもんだが、この首相はヨーロッパで最も若い首相で、4部リーグの選手だったそうな。

チェスカ警察は、FYRマケドニ屋へフレンドリ・マッチに出かけようとしていたチェスカ蹴球連盟会長フランティシェク・ホヴァロフスキを、プラハ・ルズニェ空港で逮捕。ホヴァロフスキが経営する会社が6億4千万コルナ(約1700万ドル)の詐欺を働いた容疑で、グループ企業がコメルツニ銀行他から借り入れている総額は、24億コルナ以上で、返済が滞ったままらしい。ホヴァロフスキ社長は、容疑を全面否定。

ノル毛を招いているアイル乱度であったが、豪雪に見舞われ、試合の開催が困難な状況に陥っているらしい。ピッチが凍っちゃってるんだってさ。天気予報では「当日昼には溶ける」らしいが、試合は夜なのだった。因みに、売られている前売り券は約5000枚。

オーストリ屋とヘルヴェティアは、EURO2008の招致へ共同立候補すべく、3月9日にベルンで会合する模様。
--
ルールなんか変えてやる

花組は、ケチャップ屋の元アシスタント・コーチ:ロベルト・マンチンを何としても監督に据えたいらしい。が、マンチンはライセンスを持っていない上に、イタリ屋には「1シーズンに複数のクラブでコーチをするべからず」というルールがあるのだった。

花組広報 「我々はこれらの問題を克服しようとしている。今のところ、マンチンにはクラブとの契約がないが、明日にも我々が何かお知らせすることがあるかもしれない。

マリオ・スコンツェルティ副会長 「我々の監督はロベルト・マンチンだ。木曜日には練習の指揮を執るだろう。それまではユースのルチアーノ・キアルイジがベンチに座る」

ファティ・テリム元監督 「問題があるなら去る。金もいらない。それは選手に使った方が良い。『テリムが契約更新をしないと言ってから花組は勝てなくなった』とスコンツェルティが言った。私は彼が花組に来た日を一生忘れない」

カリアリは、元ヴェネツィア監督ジュゼッペ・マテラッツィを招聘。どっかで聞いたことがある名前だと思ったら、アジアン・ペルージァDFマルコ・マテラッツィの父ちゃんだった。

ローダJCケルクラーデ監督セフ・ヴェルゴーセンが、ベルギーのヘンクと2年契約。合流はローダとの契約が切れる6月以降。

陰愚乱度2部:ウィーガン・アスレティック監督ブルース・リオックが辞任。

ケンブリッジ連合は、ロイ・マクファーランド監督を解雇。

陰愚乱度3部のリンコルン市は成績不振を理由に、フィル・スタント監督とジョージ・フォスター・アシスタントを解雇。
--
お大事に

1.FCカイザースラウテルンの腐乱巣代表MF/FW有利・ヂョルカエフが足の指を骨折し、全治10日間。

ヴィチェンツァ戦で負傷交代したASローマオアル全珍人FWガブリエル・お丸・バティストゥータは、精密検査の結果、右膝靭帯損傷で全治1カ月以上かかるらしい。

バイエルン・ミュン変のヘルヴェティア人DFチリアコ・スフォルツァ兄さんは、膝のオペを再度受けることにした模様。復帰まで約2カ月…って、試合に出してもらえそうにはないが。

UEFAは、不可解なジャッジがあったとして、UEFAカップ4回戦のやり直しを要求していたASローマの訴えを棄却。

FAカップ5回戦をVTR分析していた陰愚乱度FAは、チェルシー・ロートルのナイジェリ屋人DFセレスティン・ババヤロがフレンチ・アーセナル戦で飛行機恐怖症を故意にひっかけたとして、処分を検討中。

水晶宮-ノーウィッチ市戦で、ノーウィッチMFダレル・ラッセルがタッチライン際で、水晶宮MFジェイミー・スミスを後ろからタックルしたことから乱闘が発生。ラッセルと殴りかかった水晶宮MFジェイミー・ポロックは即刻退場。FAは、乱闘騒ぎを頻発させる両チームに、厳重な処罰を用意して聴聞会を開く模様。
--
パリの攻防:フレンドリ・マッチ

腐乱巣 1-0 ドどイツ
得点…27分:暴れ者将軍

腐乱巣
GK-16:ファビアン・チュ〜して・バルテズ
DF-2:ヴァンサン・カンデラ
 8:マルセル・デサイー(77分:ミカエル・シルヴェストレ)
 18:フランクルブーフ
 15:ウィリー・サニョル(60分-3:ビシェンテ・サナトリウム・リザラズ・バスク)
MF-4:パトリク・ヴィエラ
 10:暴れ者将軍(83分-14:クロード・マケレレ)
 17:エマニュエル・ぷちっ
FW-9:ニコラス・セバスティアン・アネルカ(60分-12:ティエリー・杏里)
 11:シルヴァン・ウィルトール(54分-7:ロベール・ピレス)
 21:クリストフ・デュ生姜

ドどイツ
GK-1:ケダモノ・カーン
DF-5:クリスティアン・ヴェアン
 6:、イェンス・ぬめぬめ
 3:トーマス・リンケ
MF-2マルコ・レーマー(81分-16:トルシュテン・フリングス)
 10:ディットマー・ハマン(46分-15:オリヴァー・ニューヴィル)
 8:ミヒャエル・バラック
 11:マルコ・ボーデ(89分-17:クリスティアン・ツィー毛)
 4:カルシュテン・ラメロウ
FW-7:メーメト・ショル
 9:カルシュテン・ヤンカー(67分-13:オリヴァー・ビアホフ)

主審:アルフレド・トレンタランゲ(イタリ屋)

腐乱巣監督ロジェ・ルメール 「ドどイツ人は、フレンドリ・マッチといえども、私たちにプレゼントを与えなかったザンス。今夜の腐乱巣は、残り10分で1-0でリードしていても、それを守る術がなかったザンス。サニョルは完全に仕事をして、暴れ者将軍のゴールをお膳立てしたザンス。一方、トラブルがあったデサイーを、シルヴェストレに代えるのに躊躇いはなかったザンスよ」

腐乱巣主将マルセル・デサイー 「ガッカリだね。我々はやるべきことをやったが、ドどイツ人は攻撃的だったし、我々にプレーするチャンスを与えてくれなかった。

腐乱巣MF暴れ者将軍 「ゴールを決めるのはいつでも嬉しいし、こんな試合なら尚更だ。もっとスペクタクルな試合になるはずだったが、フィジカルな試合に勝たなきゃいけないんだ。我々はドどイツのプレーを阻止し、彼らにスペースを与えなかった」

ドどイツ監督ルディ・メルヒェン 「世界で最も良いチームである腐乱巣に負けたんなら、恥ずかしいことはないよ。でも、僕らは余りにもビクビクしていたようだったね。あまりリスクを犯さなかったし、勇気もイマイチだった。全体的に分析すると、僕らは余りにも多くのミスをして、余りにも多くのパスミスをして、ファウルをとられてしまった。バラックは大きな才能をもった選手だ。彼には大きな夢があるし、チームに力を与えてくれることに疑いがなかったんだ」

ドどイツFWメーメト・ショル 「腐乱巣にそうそうビクつくことはなかったんだ。でも、この試合で我々は進歩したと思う。教訓になるよ」
--
フレンドリ・マッチ

アルジェリ屋 1-1 スロヴァキ屋
アルジェリ屋の得点…5分:アーメド・ボウラフリ
スロヴァキ屋の得点…シュズィラルド・ニェメツ

フレンドリ・マッチ:U-21

陰愚乱度 0-4 エスパーニャ
得点…13・21分:パブロ、63分:コルソ、87分:シスコ

丸太 1-3 スヴァーリェ
丸太の得点…52分:ミカエル・ミフスド
スヴァーリェの得点…32分:ラデ・プリツァ、41分:ニルス・エリク・ヨンソン、45分:クリスティアン・ウィルヘムソン
--
2002W杯予選:アジア地区Group-4

シンガポール 1-1 キルギスタン
シンガポールの得点…60分:イシャク・ラトゥナ
キルギスの得点…77分:イリア・コヴァレンコ

クウェート 0-1 バーレーン
得点…72分(PK):モハメド・ハッサン・モハメド

Final standings---P W D L F A Pts
1. バーレーン 6 5 0 1 9 4 15
2. クウェート 6 4 1 1 9 3 13
3. キルギスタン 6 1 1 4 3 9 4
4. シンガポール 6 0 2 4 3 8 2

バーレンが2次ラウンド進出。これによりクウェートは、チェスカ人監督ドゥサン・ウーリンを更迭。ウーリンちゃんは、UERO96で史上初の決勝突然死を食らったチェスカ代表監督だった人。
--
EURO96の恨み晴らさでおくものか

陰愚乱度 - エスパーニャ
エスパーニャご一行は、飛行機のフライトが遅れたために、月曜の夜の練習をキャンセル。何て幸先が悪いんだ。

陰愚乱度…デヴィッド・ジェイムズ|ガリー・ネヴィル、ソル・キャンベル、レス・茶、アシュレイ・コール|ニック・バームビー、ニッキー・バット、デヴィッド・バカ旦那、ジョー・コール|エミール・ヘスキー、ロビー・ファウラー

エスパーニャ…イケル・カシージャス・フェルナンデスちゃん|マヌエル・パブロ、阿部らる度、飛行機恐怖症2、セルジ・バルファン・エスクルサ|ジョゼップ・ホモかも・グァルディオーラ・サーラ、ルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシーア、ガイスカ・メンディエタ・サバーラ様、ホセバ・薄いぞ・エチェベリーア・リサルディ|ラウール・パパ・ゴンサーレス・ブランコ、イスマエル・ウルサイス

主審:キロス・ヴァッサラス(ギリシャ)
--
他に人材はいないのか

マンチェスタ連合の陰愚乱度代表MFデヴィッド・バカ旦那は、望み通り代表キャプテンの座を射止めたらしい。 しかし、エリクソン、ここまでもったいぶる必要があったのか?

スヴェン・御覧・エリクソン監督 「イタリ屋戦でキャプテンだったデヴィッド・バカ旦那にしようと、ずっと思っていたし、変更する理由がない。月曜の夜遅く、彼に知らせたら、とても喜んでいたよ。私は彼がイタリ屋戦で良い仕事をしたと思う。彼が自然なリーダーではないと言われていたが、彼がそうなるよう期待しようじゃないか。これは彼の長い仕事の始まりだよ。彼は大変尊敬されているよ。彼が話をすると、全員がちゃんと聞いているんだからね。陰愚乱度のキャプテンは大いなる名誉がある重要なポジションだ。バカ旦那はそれを非常に非常に誇りに思うべきだし、それによって彼は益々波に乗れるだろう。選手たちと過ごしたのは、たった1日半だ。これで全てを語るのは容易じゃない。しかし、コーチング・スタッフと検討した結果、マンチェスタ連合のスティーウ・マクラーレンと私はデヴィッド・バカ旦那が良いキャプテンであるために必要な要素を持っていると思う。ピッチでリーダーとして行動し、必要なら審判と話ができるのは大事なことだ。彼が陰愚乱度のピッチでも非常に高いプロフィールを思っているのは知っている。それは認知度が高いのはキャプテンとしてアドヴァンテージがあるんだ。ポール・スコールズの態度には大変満足している。彼はとして賞賛したい。25人の選手には常にそうしてもらいたいね。朝になって問題がなければ、チームにどうこうするだろう。練習では2つのシステムを試した。多分、4-4-2になるだろう。多少の違いはあるだろうが、FWは2人だ。エスパーニャは多くの才能と経験を持ったチームだ。我々には良いテストになるだろう」

陰愚乱度FWマイコー・オーウェン 「もっと若い時だって、ひどいケガをしたり、フォームが落ちることがあることがわかってた。ひかがみ(ハムストリング=膝の裏の腱)を最初に傷めたのが何故か知ってる?沢山の試合をすることに関係があろうとなかろうと、そういう運命だったんだ。でも、若いから治りも早い。今は僕のリアル・テストさ。絶対欲しくないのは、ケガに負けたとレッテルを貼られることさ。どんな選手だって、それだけはイヤだろうと思うよ。今回のケガは確かに長かったけど、キャリアを真剣に考えることが出来た。でも、もうすぐ終わるって希望が見えてる。ローマでは天にも上る気持ちだったよ。なのに、次の試合でプレーできないとヘコむよ。勿論、リーグ・カップの決勝には出たかったさ。でも、ローテーション・システムがあるんだからしょうがない。いくつかのビッグゲームに出て、いくつか休むようになってるんだ」
--
フレンドリ・マッチとは名ばかりの

イタリ屋 - アル全珍

イタリ屋…ジャンルイジ・ブッフォンちゃん|ファビオ・カンちゃん、アレッサンドロ・ネスタ、パオロ・マルちゃんビーム|アンジェロ・ディ・リーヴィオ、ルイジ・ディ・ビアージォ、アレッシオ・タッキー、フランチェスコ・ココ、腐乱チェス子・アホ王子|フィリップ・ダイヴ・イナギ兄、クリスティアン・ヴィエリ

アル全珍…ヘルマン・ブルゴス|ワルテル・サムエル、ロベルト・ファビアン・アヤラ、ネルソン・ビバス|ファン・パブロ・ソリン、ハビエル・サネッティ、ディエゴ・シメオネ、ふぁん・せばすてぃあん・べろん、クリスティアン・"キリ・ゴンサーレス"・ペレト、グスタボ・ロペス|ヘルナン・高かった・クレスポ

主審:アラン・サール(腐乱巣)

イタリ屋監督ジォヴァンニ・トラパットーニ 「アル全珍は世界で3本の指に入るチームだ。モダンで独創的な選手がいるし、メンタルでも我々に酷似している。3カ月前の陰愚乱度戦のように、ハイ・クォリティな試合になるだろう」

アル全珍FWエルナン・高かった・クレスポ 「アル全珍戦は、決してフレンドリ・マッチではありえない。W杯の決勝のようなもんなんだ。90年からずっと、W杯では苦杯を舐めさせられているからね。90年はまだTVで試合を見ていたんだけど、アル全珍ファンとして熱狂していたよ。その時は15歳だった」
--
強いとことやってこそ力になるのよ

オランダ - トルコ

オランダ…エトヴィン・ファン・出る猿|アンドレ・オーイェル、ヤープ・顔面改造済・スタム、Fデブ、マルク・ファン・ヒントゥム|マルク・ファン・ボンメル、クラレンス・セードルフ、エトハー・ダーヴィッツ、フィリップ・コクー|ロイ・マカーイ、パトリック・××・クライファート

トルコ…ルストゥ・レクベル|オギュン・テミツカノグリュ、ファティーアクイェル、アルパイ・オザラン、オカン・ブルーク、セルゲン・ヤルシン、トゥガーイ・ケリモグリュ、エムレ・ベロゾグリュ、ハサン・サス、ハカン・シュクル、オクタイ・デレリオグリュ

トルコ監督セノル・グネス 「腐乱巣はよくない結果だった。オランダは強いチームだ。守備も攻撃のうちだと考える必要がある。我々は絶えず前進しているし、チームとして上昇を続けている。まだエスパーニャやイタリ屋のレベルではないが、そこに到達しようと努力している」

トルコFWハカン・シュクル 「イタリ屋から見りゃ、トルコはひどいもんだ。危機的状況だよ。代表チームが成功すれば、皆の士気を揚げると信じてるよ」
--
皆は親善、オレ予選1

2002W杯予選ヨーロッパ地区:Group-2
ポルトガル - アンドラ公国

ポルトガル…クィム|ルイ・ジョルジュ、フェルナンド・コウトちゃん、ベト|ラクダさん、セルジオ・コンセイソン、ルイス・高いぞ・フィーゴ、パウロ・ベント|ジョアン・ピント、ヌーノ・ゴメス、パウレタ

アンドラ…コルド・アルバレス|アグスティ・ポル、フランセス・ラミレス、ロベルト・ジョナス、チェマ・ガルシーア|フリアン・ルセンド、エミリアーノ・ゴンサーレスオスカル・ソネヘー、ジュスト・ルイス、マルク・デルナウス|ジュリ・サンチェス

主審…パウル・アラーツ(ベルギー)

ポルトガル監督アントニオ・オリヴェイラ 「これは勝つための試合だ。しかし、我々の足元をすくうのは、こういった小さなチームだ。驚きを与えない努力をしないとイカンよ」

ポルトガルFWヌーノ・ゴメス 「まず勝つことだ。でも、ストライカーとして俺は得点したいし、代表で得点できるよう楽しむよ」
--
皆は親善、オレ予選2

2002W杯予選ヨーロッパ地区:Group-6
ベルギー - サン・マリノ

ベルギー…ゲールト・デ・ヴリーゲル|エリク・デフランドレ、エリク・ファン・メイア、ダニエル・ファン・ブイテン、ディディエ・デーデン|ワルター・バセッジォ、バール・グール、イヴ・ファンデルハーゲ、ガエタン・エングレベルト|エミール・ムペンザ、マルク・ヴィルモッツ

サン・マリノ…フェデリコ・ガスペローニ|ミルコ・ジェンナーリ、マウロ・マラーニ、ヴィットーリオ・ヴァレンティーニ、ルカ・ゴッビ、イヴァン・マッテオーニ|、シモーネ・バッチオッキ、リカルド・ムッチオーリエルマンノ・オンチィーニ、アンディ・セルヴァ|パオロ・モンターニャ、アンジェロ・マンツァローリ、ブリアン・ガスペローニ

主審:ステン・カルドマ(エストニ屋)

ベルギー監督ロベルト・ヴァセイジ 「こういう試合を軽視すればとんでもないことになると、歴史は物語っている。勝ちに行くよ」
ポルトゥガル・プリマ・リガ:第22節

ヴィトリア・グィマラーエス 1-2 サルグェイロス

Standings-------P W D L F A Pts
1. ボアヴィスタ 22 13 7 2 39 13 46
2. SLベンフィカ 22 13 5 4 39 21 44
3. スポルティング・リスボン 22 13 3 6 38 24 42
4. FCポルト 21 13 2 6 40 18 41
5. ブラガ 22 11 7 4 34 26 40
6. ベレネンセス 22 10 6 6 27 19 36
7. サルグェイロス 22 10 3 9 23 30 33
8. パコス・フェレイラ 22 8 8 6 26 18 32
9. ファレンセ 22 8 8 6 26 26 32
10. ベイラ・マール 22 8 5 9 25 30 29
11. アルヴェルサ 22 8 4 10 33 35 28
12. ウニオン・レイリア 22 6 10 6 23 30 28
13. マリティモ 21 7 6 8 21 21 27
14. ヴィトリア・グィマラーエス 22 4 7 11 25 38 19
15. カンポマイオレンセ 22 3 9 10 16 35 18
16. ジル・ヴィセンテ 22 4 5 13 18 31 17
17. アヴェス 22 2 7 13 19 41 13
18. エストレラ・アマドーラ 22 3 4 15 19 35 13

Leading scorers --- Prima Liga Portuguesa
16 ピエール・ファン・フーイドンク(SLベンフィカ)
15 ハッサン・ナデール(ファレンセ)
14 イェズス・ペナ(FCポルト)
13 ジョアン・トマス(SLベンフィカ)
 ニコス・フェヘル(ブラガ)
11 アルベルト・アコスタ(スポルティング・リスボン)
--
ブンデスリーガ2:第22節

ハノーヴァー96 1-1 VfLオスナブルック 1
SpVggグリュッター・フエルツ 3-1 FSVマインツ05
SSV ロイトリンゲン 1-1 ヴァルドホフ・マンハイム
ボルシア・メンヒェングラードバハ 6-1 アレマニア・アーヒェン
アルミニア・ビーレフェルト 3-3 FCザンクト・パウリ
MSVデュイスブルク 3-2 1.FCニュルンベルク
ザールブリュッケン 1-1 SSVウルム
ヒェレミッツFC (延期) ロット・ヴァイス・オバーハウゼン
シュトゥットガルト・キッカーズ (延期) LRアーレン

Standings------P W D L F A Pts
1. 1.FCニュルンベルク 23 16 3 4 47 23 51
2. ボルシア・メンヒェングラードバハ 23 12 8 3 46 22 44
3. FCザンクト・パウリ 22 11 7 4 49 34 40
4. SpVggグリュッター・フエルツ 23 10 6 7 35 26 36
5. SSV ロイトリンゲン 22 10 6 6 47 39 36
6. ヴァルドホフ・マンハイム 23 10 6 7 32 29 36
7. MSVデュイスブルク 22 10 5 7 37 26 35
8. ハノーヴァー96 23 9 7 7 38 26 34
9. ザールブリュッケン 23 9 6 8 34 43 33
10. ロット・ヴァイス・オバーハウゼン 22 9 4 9 29 31 31
11. LRアーレン 22 8 6 8 35 36 30
12. アレマニア・アーヒェン 22 7 5 10 30 47 26
13. アルミニア・ビーレフェルト 23 6 7 10 32 30 25
14. SSVウルム 23 6 6 11 29 34 24
15. VfLオスナブルック 23 5 7 11 22 38 22
16. シュトゥットガルト・キッカーズ 21 4 8 9 18 27 20
17. FSVマインツ05 22 4 7 11 20 32 19
18. ヒェレミッツFC 22 2 4 16 16 54 10
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-