Make your own free website on Tripod.com
03. 3
MARZO
FEBRERO
ENERO 2001
今週の特捜リサーチ200Xは見た方がいい

選手の突然死の原因究明に消極的なルーマニ屋蹴球連盟(FRF)に対し、遺族が法的手段に訴えている模様。FRFが原因不明と片付けている突然死の犠牲者は、この15カ月間で4名。ディナモ・ブクレスティMFカタリン・ハルダン24歳、アストラ・プロイェシュティMFステファン・ヴラビオルは、試合中に意識不明に陥ったまま病院で死亡、3部のチームでプレーしていたダニエル・オルベアヌ18歳は、単純な足首の負傷から「致命的な伝染病に感染した」として死亡、ディナモ・ブクレシュティ・ジュニアのダニエル・ストイカ15歳は練習中に意識を失い、病院で死亡。ヴラビオルーの場合のみ、チーム・ドクターの医師免許剥奪という処分が課せられただけ。それも5年で処分が撤回されていたりする。おまけに、1部リーグの選手6名が、C型肝炎に感染していたらしい。

ハルダンの遺族の弁護士フロリン・ジテヤン 「私はプロフェッショナルリズムと興味が一般に希薄なことに打ちのめされた。今や、誰もが真相究明を望んでいる。ヴラビオルとハルダンのケースは、実際に責任があった全員によってもみ消されたのだ。見た目に健康な蹴球選手の死を説明するのに、最も簡単な方法とは何か?簡単だよ、悪いのは常に犠牲者だ」

ハルダンの兄クリスティアン 「我々はエイリアンか?私の弟は完全に身体的に健康だったのに、誰も死因を見つけられない。検死を終えてオペ室から出てきたドクター達は、私や家族に何も言わずに通り過ぎ、TVカメラに向かって話を始めたんだ。おかしいと思いませんか?政府でさえ関連団体の運営に真の問題があると認めているのに」

ディナモ・ブクレシュティMFイオアン・ルペスク 「我々には薬がないようだな。俺達選手にとって、彼らが何故死んでしまったのか知るのは重要だ。将来、こんな悲劇が再び起きないようにするために」

ルーマニ屋プロ・メディカル連盟 「ヴラビオルの件は、スタジアムで適切な処置がなされていれば助かったはずだ」

FRFアンチ・ドーピング委員長イオアン・ドラガン 「我々は一連の悲劇の原因を見つけられなかった。死因は今もって不明だ。しかし、綿密な調査によって、麻薬の投与や病気あるいは致命的な損傷の可能性は否定された」

ルーマニ屋法医学研究所(IML) 「ノーコメント」

スポーツ大臣代理ニコラエ・マラセスク 「我々は真実を知りたい。見た目に健康な選手が何故死んでしまったのか知りたい。しかし、IMLは何の役にも立たない。真実は闇から闇へ葬られ、誰もコントロールする者がいないのだ」
--
帰って来〜い〜よぉ〜♪

マンチェスタ連合がしつこく追いまわしているPSVアイントフォーフェンFWルート・ファン・ニステルローイが、Bチームで1年ぶりの実戦=スパルタ・ロッテルダムBとのトレーニング・マッチに出場した模様。出場時間は79分、得点はなし。もしかすると、本日のローダJCケルクラーデ戦に出るかもしれないらしい。因みに、この試合の結果は6-1でPSVの勝ち。

ルート・ファン・ニステルローイ 「試合ではいい感じだったよ。怪我に何も問題なかったし、いいサインだよね。怪我をした時は、緊張から開放されて自由を楽しんだけど、健康が戻ってくるとフットボールが恋しくなる。ドレッシング・ルームやチーム・バスがなくて寂しかったよ。代表?まだまだムリだよ。FWが不足してるわけじゃないからね」

太腿の故障と鼠頚ヘルニアで離脱していたエヴァートンMFポール・父っつぁんボーヤ33歳が、土曜日の新城連合戦で復帰する模様。

ポール・父っつぁんボーヤ 「オレは一度も働くのを止めたことがなかった。日曜だってトレーニングしてたんだ。毎日朝8:30〜3:30までみっちりやってたぜ。土曜が楽しみだ。この2年間で最高のプレーをしていただけに、今回のケガはすげぇヘコんだよ」

アル全珍戦で右膝を負傷したASローマのイタリ屋代表MF腐乱チェス子・アホ王子は、木曜日の練習をキャンセル。インテル・虫の息戦を欠場する模様。
--
降格街道まっしぐら

偽造パスポートが発覚し、勝点6を剥奪されたサンテティエンヌは不服申立を行ったものの、それが裏目に出て、当初の7ポイント剥奪の処分を課されちゃったらしい。

サンテティエンヌ会長アラン・ボンパール 「委員会は非常に注意深いようだ。我々は前進しなければならない。とにかくメスに勝つことだ」

12月21日のメス戦で客席から審判めがけて爆発物が投げ込まれたラシン・ストラスブールに、腐乱巣リーグは勝点3剥奪の処分を課した模様。ストラスブール側は、「やったのはメスのファンだ」と抗議したものの、スタジアムの保全を怠ったとして処分されちゃったらしい。可哀相に。ただし、メス側にも非があるとして、両クラブに罰金10万フランが言い渡された模様。

政府が蹴球連盟の役員を復職させないギニアに対し、FIFAは国際試合の全面禁止を決定。これにより、全てのカテゴリーの代表、クラブは国際試合ができなくなり、土曜日のU-17アフリカ選手権決勝は、ナイジェリ屋の不戦勝になる模様。

陰愚乱度、スットコ乱度、ウェールズ、北アイル乱度のFAが合同で作っている蹴球規則作成委員会は、「故意にシャツを引っ張ったり、相手を掴んだ場合に警告を出す」という案を、3月10日のFIFA年次会議に持ち込むらしい。この会議では他にも、2主審制の実験、ゴールネット上の広告、ゴールデン・ゴール方式、公認エージェント資格の見直し等が検討されるらしい。
--
いっそCから出直したほうがいい

UEFAはインテル・虫の息に対し、罰金75000スイス・フランに加えて、UEFA主催大会のホーム・ゲーム2試合をミラノから300km以上離れた場所で行うよう言い渡した模様。UEFAカップ4回戦:サン・シーロでのデポルティボ・アラベス戦で観客が物品を投げ込み、試合を5分短縮終了させたり、保毛尾田保毛男会長のVIP席を襲撃しようとしたため。

インテルMFクリスティアン・ブロッキ 「監督は常に、言葉だけでなく、行動で我々を信頼してくれる。慎重にならねばならない状態でも、彼は我々の側に立って守ってくれた。でも、残念なことに、全ての試合で我々は彼の信頼に応えられなかった。それでも彼は、このチームの可能性を知っているし、一貫してやっていれば順位が上がり始めることを知っている」

ボローニャのカメルーン人MFヌレンド・ピエール・ウォメが交通事故を起こしたらしい。その際、警官2人に暴行を働いたと報じられているらしいが、本人は完全否定。

ヌレンド・ピエール・ウォメ 「新聞を読んでマジ驚いてる。現場に来た警官を殴ってなんかない。真実は、報道とは全く違う。でも、具体的なコメントは法的理由で話せない」

トラブソンシュポールは、約1カ月も練習を無断欠席したばかりか、クラブに一切顔を出さないFWルーン・ランジュに78000ポンドの罰金を課したらしい。本人は「クラブが4ヶ月も給料を払ってくれてないからだ」と契約不履行をFIFAに訴えたものの、却下されちゃったらしい。
--
レコンキスタ?

デルビー・クラシコ・エン・ベラブーに望むレアル・へなちょこ御一行は、「絶対勝つ」と意気込んでいる模様。オレは引き分けでも御の字だと思うが…。負傷していたMFスティーヴ・マクマナマンフェルナンド・モリエンテス・サンチェスはプレー可能らしいが、陰愚乱度戦で膝を負傷したアヤックス・バルセロナDF阿部らる度は、マドリーに来れないらしい。DFミヒャエル・ライツィハーはインフルエンザで出場は微妙。そんなわけでMFエマニュエル・ぷちっがDFに回される可能性大。集中マークはルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシーアだな。

レアル・へなちょこMF/FWフェルナンド・グティエーレス・エルナンデス "グティ" 「最初の20分が鍵だと思うよ。レアル・へなちょこは非常に攻撃的で、非常に強く、アヤックス・バルセロナに試合をさせないことを確実にしないとね」

レアル・へなちょこMF飛行機恐怖症2 「ウチが勝ったら、バルサはウチから12ポイント離されてしまう。そうなれば、彼らがリーガを狙うのは殆ど不可能だ。デポールとバレンシアはまだ追いすがってくるだろう。でも、バルサに勝てば、我々の未来は大きく開ける」

レアル・へなちょこ会長フロレンティノ・阿呆・ペレス 「最も重要なことはアヤックス・バルセロナに勝つことだ。彼らを侮辱しないために」

アヤックス・バルセロナ監督ジョレンス・セラ・フェレール 「安部らる度はチームの重要な部分で、彼の回復を願っていた。我々はどの選手も温存する余裕はない。自分自身の強さと勝つ能力を信じねばならない」
--
世の中うまくいきません

ジロンダン・ボルドーからMFステファン・ジァーニ29歳を借りているFCナント・アトランティックは、買取オプションを使わずに1年間のローン延長を希望しているらしい。しかし、ボルドーは「契約通り今季いっぱいで返してください」と、買取も拒否している模様。金銭的に苦しいナントに見込まれているジァーニ本人はナント残留を希望しているのだった。

ステファン・ジァーニ 「本当に残念だ。オレはここに残りたい。オレはクラブのために良い仕事をしたと思う」

アンデルレヒトのベルギー代表MFバール・グールは、昨年夏に5年契約を結んでおきながら、「早くオレを開放しろ」と退団を要求しているらしい。希望はやはり赤いトコっすか?

バール・グール 「移籍システムが変わることを考えたら、今売った方がアンデルレヒトには得になる。外国でプレーしてみたいし、今季が終わればそうなるはずだ。陰愚乱度に行きたいなぁ」

インテル・へぼへぼのエスパーニャ人MFフランシスコ・ハビエル・サパタ・ファリーノスちゃんが、バレンシアへ帰りたがっているらしい。だから止めとけって言ったのに。
--
移籍自由化の前に契約してまえ

AJオーゼールGKファビアン・コール、DFヨハン・ラデが、2005年までの新規契約にサイン。

メスのウクライナ人FWセルゲイ・スカチェンコは、ヌシャーテル・ザマックスに今季末まで貸し出されたらしい。

花組MFアンジェロ・ディ・リーヴィオが、契約を2003年まで延長。

バレンシアの腐乱巣人DFジョセリン・アングロマが契約を1年延長。

FCティロル・インスブルックのスロ紅屋代表DFアレクサンデル・クナヴスが、1.FCカイザースラウテルンと契約したらしい。加入は来季からで、3年契約。

ダービー・カウンティは、ラス・パルマスのアイスランド代表MFソルドア・グジョンセンを借り出し。期間は今季末まで。
--
ついていきます何処までも

マンチェスタ連合DFガリー・ネヴィルはエスパーニャ戦に味をしめ、すっかりスヴェン・御覧・エリクソン信者になったらしい。

ガリー・ネヴィル 「我々にとって、持続性を身に付け、5年か6年、一緒のチームで戦う本当のチャンスだ。監督が長いスパンでやってくれるならナイスだね。僕は6年間、陰愚乱度のためにプレーしたけど、その間に6人もの監督がいたんだ。それが正しいはずがない。毎年毎年、監督を代えるチームは、決して成功できない。何があろうと、我々は何よりもMr.エリクソンに忠実でなければならないし、当事者でない人間が監督人事を指図する必要はない。エスパーニャに3-0で勝っただけで全てが終わったわけじゃないんだから、忍耐が必要なんだ。途中で悪い結果や、チャンスを失うこともあるだろう。でも、正しい道を誰もが信じ続けねばならない。今、FAはエリクソンが正しいと信じているし、選手はそれに賛成している。例えW杯出場権を獲れなかったとしても、Mr.エリクソンで続けるべきだ」

西ハム連合の腐乱巣人FWフレデリク・カヌーテ23歳が、フランス代表監督ロジェ・ルメールに逆ラヴコールを送っている模様。

フレデリク・カヌーテ 「今までとても忙しくて試合を見るヒマもなかったけど、腐乱巣がドどイツに勝つのを見て凄く嬉しかったよ。腐乱巣の友達から、お前も代表に呼ばれるべきだ、って逸テ暮れるんだけど、まだそうはいかないみたいだね。今の腐乱巣には良いFWが沢山いるし、チームは皆うまくプレーしてる。そこに割って入るのは簡単じゃない。でも、いつでもプレーできるFWはいないと思う。俺がうまくプレーし続けたらオレにもチャンスがあるだろう。時間の問題なのは確かだね。ティエリー・杏里はよく知ってるよ。彼は今のところベストFWの1人だ。オレが代表に入る場合、彼以上に働けることを証明しないとね。オレはロンドンに来た時から、腐乱巣代表に入るチャンスが来ると考えてた。ロジェ・ルメールと話したことはないけど、それについてはあんまり考えないことにしてるんだ。西ハム連合の試合に集中した医師ね。それで電話をもらえるような働きをすれば夢はかなうさ」
--
これで休める

マンチェスタ連合戦を控えたリーズ連合監督デヴィッド・オレアリー君は、ユース・コーチのブライアン・キッドをヘッド・コーチに昇格させた模様。

ブライアン・キッド 「新しい役割は非常に嬉しい。ここで楽しい時を過ごしたが、上司が役職を変えてくれたことに、感謝できるのが嬉しかった」

デヴィッド・オレアリー 「ヨーロッパには彼より良いコーチはいないのねー。8年もサー・アレックス・ファーガソンのアシスタントをしてたんだからねー。彼は僕ちゃんが思った以上にユースの仕事をやり遂げちゃったのねー。僕ちゃん、今までスタメンのコーチがいなかったのねー。ブライアンがいてくれたら、僕ちゃん、お休みがとれちゃうのねー」

チレ代表監督ネルソン・困った・アコスタちゃんが遂に辞任。辞めると言ってからが長かったな。後任は火曜日以降。

パルメイラス監督マルコ・アウレリオが辞職。クラブ側は辞任と言い張っているが、メディアは成績不振のため更迭と報道しているらしい。

セルティック・グラスゴウは、ウォル・マート・ストアーズ・ドどイツ専務だったイアン・マクレオドを、チーフ・エグゼクティヴに抜擢。
--
ブンデスリーガ:第24節

ボルシアBV09ドルトムント 6-1 アイントラハト・フランクフルト
ドルトムントの得点…30分:クリスティアン・ベアンス、64・67分:ラース・リッケン、71・90分:フレディ・ボビッチ、79分:おっと・アッド
フランクフルトの得点…48分:チェン・ヤン

オランダ・エレ・ディヴィジ

RKCヴァールヴィーク 0-0 NACブレダ

SCヘーレンフェーン 0-0 FCフローニンヘン
--
コパ・リベルタ・ドーレス:Group-3

サン・ロレンソ(アル全珍) 2-1 デポルテス・コンセプシオン(チレ)
サン・ロレンソの得点…19分:レオナルド・ロドリグェス、31分:セバスティアン・アブレウ
コンセプシオンの得点…41分:ファン・カルロス・イバネス

Standings-------P W D L F A Pts
1. ナシオナル 2 1 1 0 3 0 4
2. ヴィルステルマン 2 1 0 1 4 5 3
2. サン・ロレンソ 2 1 0 1 4 5 3
4. デポルテス・コンセプシオン 2 0 1 1 1 2 1

コパ・リベルタ・ドーレス:Group-5

ストロンゲスト(ボリビ屋) 1-1 グァラニ(パラグァイ)
ストロンゲストの得点…1分:リデル・パス
グァラニの得点…62分:フリオ・ゴンサーレス

Standings-------P W D L F A Pts
1. グァラニ 2 1 1 0 4 2 4
2. リーベル・プラテ 2 1 0 1 5 2 3
3. エル・ナシオナル 2 1 0 1 2 3 3
4. ストロンゲスト 2 0 1 1 2 6 1
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-