Make your own free website on Tripod.com
03. 6
MARZO
FEBRERO
ENERO 2001
ユンケル黄帝液で首位確定

Champions League 2nd-Phase Group-D
レアル・へなちょこ - リーズ連合


レアル・へなちょこDFロベルト・カルロス・ダ・シウヴァは、デルビー・クラシコが終わった途端に、ブラジル代表に合流すべく、アメリカ大陸へ行っちゃったらしい。一方、MF飛行機恐怖症2は、黄札累積サスペンションで1回休み。とりあえずベスト8が決まっているので、引退を表明しているMFマヌエル・サンチース・ホンテユェロ様に花を持たせる、なんてことがあった場合、サンチース様はヨーロッパで5人目の100試合出場達成記録を打ち立てられる予定。因みに、1位は元インテル・へぼへぼDFジュゼッペ・ベルゴミ:117、2位は元リヴァプールMFレイ・クレメンス&元ベンフィカGKミシェル・プロドオム、4位に元バイエルン・ミュン変DFロータ・マテ公:100。

リーズ連合は、豚口蹄疫の拡大を防ぐため、全員がオニューの靴・オニューのスパイクらしい。

リーズFWマーク・ヴィドゥカ 「我々全員がマドリー行きを楽しみにしている。ベスト8は決まっているから、プレッシャーは殆どないし、グッド・ショットを見せられるはずだ。レアル・へなちょこは素晴らしいチームだし、今季はベルナベウで痛い目にあっているから、これは復讐戦だよ。まあ、あの時のリーズは最高のフットボールをしていなかったんだけど。でも、今の我々は随分良くなっているし、マドリーでやり返せる期待はできるよ。彼らは世界中で一番良いクラブの1つだし、ヨーロッパ・チャンピオンとして君臨している。簡単な試合じゃないけど、我々は彼らに良いテストを与えられると思う。リーグ戦を突破した我々には信頼がある。勝つために前ロクを尽くすし、ベラブーで勝てれば素晴らしい。10万人の人の前にプレーするのに、モチヴェーションはいらないよ。クラブにとっても、オレにとってもグレイトな機会なんだから。オレはベラブーで1度もプレーしたことがない。思いで深い夜にしたいね」

レアル・へなちょこ…25:イケル・カシージャス・フェルナンデス|2:ミチェル・サルガド、18:アイトール・カランカ・デ・ラ・ホス、4:フェルナンド・ルイス・イエロ様、21:サンティアゴ・ソラーリ|7:スティーヴ・マクマナマン、24:クロード・マケレレ、20:アルベルト・セラーデス、10:ルイス・高いぞ・フィーゴ|7:ラウール・パパ・ゴンサーレス・ブランコ、9:フェルナンド・モリエンテス・サンチェス

リーズ連合…1:ナイジェル・マーティン|3:イアン・ハート、5:ルーカス・ラデベ、21:ドミニク・マッテオ|19:エイリック・バッケ、4:オリヴィエ・ダクール、23:デヴィッド・バッティ、10:ハリー・キュウェル|9:マーク・ヴィドゥカ、17:アラン・スミス

主審:リツァルト・ヴォイチク(ポーランド)
--
消化試合

Champions League 2nd-Phase Group-D
ケチャップ屋 - アンデルレヒト


アンデルレヒト監督アイメ・アンチュニス 「ケチャップ屋に対してマン・マークでプレーするのは、余りにもリスクが大きいだろう。我々のプライオリティは今、ベルギー選手権だ。私のチームを弱めたくないが、1〜2人の通常プレーしていない若者にチャンスが巡ってくることは有り得る話だ」

ケチャップ屋…1:ルカ・マルケジャーニ|2:パオロ・ネグロ、19:ジュエッペ・ファヴァッリ、11:シニサ・ミハイロ奴、24:フェルナンド・コウトちゃん|14:ディエゴ・シメオネ、17:グェンナーノ・ゴッタルディ、8:ロベルト・バローニオ、20:デヤン・スタンコ奴|7:クラウディオ・ロペス、21:シモーネ・インザギ弟

アンデルレヒト…1:ズヴォンコ・ミロイェ奴|2:ベルトランド・クラッソン、3:オリヴィエ・ドル、4:グレン・デ・ボエク、5:アレクサンデル・イリッチ、11:ディディエ・デーデン|7:ベスニク・ハシ、6:イヴ・ファンデルハーゲ、8:バール・グール|9:ヤン・でかすぎる・コラー、10:トマス・ラドジンスキ

主審:ファン・アントニオ・フェルナンデス・マリーン(エスパーニャ)
--
諦めません

Champions League 2nd-Phase Group-C
オリンピック・リヨン - バイエルン・ミュン変


リヨンMFヴィカシュ・ドラソー 「素晴らしいチームに挑戦できるんだ。コンディションは十分とは言えないけど、チャンスを変えることはできるはずだ。これはフレンチ・アーセナル戦のツケだね」

オリンピック・リヨン…1:グレゴリー・クーペ|2:エリク・デフランドレ、31:クラウディオ・カカパ、26:ジェレミー・ブレシェ、15:クリストフ・デルモッテ、6:フィリップ・ヴィオレア、22:ダヴィド・リナール、8:ピエール・ライグル、10:ヴィカシュ・ドラソー、6:ソニー・アンデルソン、14:シドニー・ゴヴォウ

バイエルン・ミュン変…1:ケダモノ・パンチン愚|4:サミュエル・クフォー、16:イェンス・ぬめぬめ、25:トーマス・リンケ|2:ウィリー・サニョル、17:トルシュテン・フィンク、11:シュテファン・鼻血、18:ミヒャエル・タルナート|13:パウロ・セルジオ、9:エウベル、7:メーメト・ショル

主審:ディック・夜(オランダ)
--
総力戦

Champions League 2nd-Phase Group-C
フレンチ・アーセナル - スパルタク・モスクワ


アーセナル監督アルセーヌ・ヴェンゲー 「とても重要な試合ザマス。スパルタクはテクニック的に素晴らしいチームざますから。ここ3試合ゴールしていないと言っても、油断大敵ザマスよ」

スパルタク監督オレグ・ロマンチェフ 「我々はまだ討ち死にしたわけじゃない。我々にとっては、陰愚乱度との試合の方が、ドどイツや腐乱巣よりずっとやりやすい」

フレンチ・アーセナル…1:デヴィッド・シーマン|2:リー・ディクソン、18:ジル・グリマンディ、6:トニー・アダムス、29:アシュレイ・コール|15:レイ・パーラー、8:フレデリク・リュングベリ、4:パトリク・ヴィエラ、7:ロベール・ピレス|11:シルヴァン・ウィルトール、14:テェリー・杏里

スパルタク・モスクワ…1:アレクサンデル・フィリモノフ|2:有利・コフトゥン、4:ジェリー・クリスティアン・チュイーゼ、18:ドミトリー・パルフィオノフ、29:イゴール・ミトレフスキ、7:ヴァシリー・バラノフ、8:ヴィクトル・ブラトフ、9:イェゴール・ティトフ、14:マキシム・カリニチェンコ、16:アントニオ・マルソン(30:ヤファル・イリスメトフ)、24:ルイス・ロブソン

主審:ルネ・ペデルセン(ノル毛)
--
民意で選ばれた議員は民意を省みない

詐欺罪で逮捕され、保釈中のチェスカ蹴球連盟会長フランティシェク・ホヴァロフスキは、蹴球連盟に辞表を提出したものの、役員会議で否決された模様。会長の無罪を信じる連盟は、6月に改めて選挙をするまで疑惑のボスでやっていくつもりらしい。どっかの国会のようだな。

ドどイツ連盟会長ゲルハルト・マイヤー・フォルフェルダー68歳の、時期会長当選が確定した模様。対抗候補が現れなかったため、4月28日のマグデブルク会議で承認される予定。本来は会長であるはずのエギディウス・ブラウン氏76歳は、昨年の心臓バイパス手術で現場を退いたままで、再選を希望していない。

イタリ屋カルチョ連盟(FIGC)は、偽造パスポートに関わったとしてインテル・虫の息チーフ・エグゼクティヴ:リナルド・ゲルフィ、テクニカル・ディレクター:ガブリエレ・オリアリ、ASローマ・スポーツ・ディレクター:フランチェスコ・バルディーニを告発。

RTL-TVグループのUfaスポーツとカナル+のスポルト+に、腐乱巣のJCダルモン・スポーツ・マーケティングが加わって、スポーツ放映権事業の統合を図っている模様。実現すれば、この分野でヨーロッパ最大規模の企業になるらしい。
--
修復不能な関係

「クラシコはアヤックス・バルセロナの勝ちだった」と非難轟々のレアル・へなちょこでは、ビセンテ・デル・ボスクェ監督が「お互い様だ」と一喝。

ビセンテ・デル・ボスクェ監督 「アヤックス・バルセロナは典型的な被害者意識の塊だ。こんな騒ぎになるなら、審判が爬虫類のゴールを認めてくれていた方がマシだった。ピッチでのバルサは、我々に勝ってはいなかった。彼らは僅かに我々より良かったし、特に試合をコントロールしたという点では良かったと思う。しかし、彼らの得点チャンスは多くなかった。バルサは自分ばかり損をしたと言っているが、彼らは記憶力が良くないのかな。今季のアラベス戦で、彼らも同じようなジャッジで勝っている事実を覚えていないのか」

バルサ会長ジョアン・馬鹿・ガスパール 「蹴球連盟の規律委員会が事実を見ているだろう。我々は断固抗議する。誰だってそうするだろう」

クラシコに出してもらえなかったバルサのフランス代表MFエマニュエル・ぷちっが、RCDラ・コルーニャ戦でスパイクを投げたことに続いて、またまたプッツンしちゃったらしい。移籍すればぁ?

エマニュエル・ぷちっ 「チーム全員が負傷してくれなきゃ、オレはプレーできないと、時々思うんだ。腐乱巣代表で活躍してるオレが、どうしてクラブの試合に出られないんだ?文句を言えば言うほど出してもらえないのかもしれないが、文句も言いてーよな」
--
一触即発

パリ・サン・ジェルマンのアルジェリ屋人MFアリ・ベナルビアが、「こんなトコにいられるか」と、FWロラン・ロベールに続いて退団を口走った模様。ベナルビアはフィリップ・ペルジェルー前監督から要らないと言われながら、ルイス・フェルナンデス新監督から「残って頂戴」と懇願された選手。

アリ・ベナルビア 「オイラのパリの歴史は終わってるよ。もう人身市場は閉まってるけど、こんな状態に満足できるわけがない。パリでチャンピオンになりたかったのに、ここでは成功できない。ファンが結果を望んでるのはよくわかる。でも、ここには経験豊かなリーダーがいないんだ。若い選手はいるけどね」

マンチェスタ連合監督サー・アレックス・ファーガソンは、PSVアイントフォーフェンFWルート・ファン・ニステルローイ24歳を巡って、犬猿の仲になってしまったPSV会長ハリー・ファン・ラーイとの関係をこれ以上悪化させないよう、「視察なんかしねぇっぺ」と、しらばっくれているらしい。

サー・アレックス・ファーガソン 「ルートの状態をチェックするのに、オラが行くこたねぇだ。オラが行ったら、また馬鹿馬鹿しい騒動が起きるだでよ。PSVの会長もオラに会いたくねぇだろうしよ。だども、あのガキを買うのを諦めたわけじゃねぇぞ。アレを買うにゃ金がかかるだで、それなりの確認はするけっども、オラが直接行かねぇだけのこった」

契約満了を控えるトッテナム・ホットスパーMFダレン・アンダートンが、「契約更新する前にクラブのヴィジョンを見せろ」と迫っているらしい。

ダレン・アンダートン 「トッテナムが6位以内に入れないなんておかしいよ。僕がここで獲ったタイトルは、たった1コぽっち。不思議でしょうがない。クラブの将来展望を教えてもらわないことには、契約更新なんかできないよ」
前途洋々

ASローマは、バリの有望MFアントニオ・カッサーノ18歳を600億リラでお買い上げ。契約は来季から5年で、初任給は360億リラ。移籍金・年俸ともに、イタリ屋のティーン・エイジャーの最高額をつけたローマは、カッサーノの肖像権も買い取り、「ローマ・ブランドのシンボルにする」と意気揚々。

ベンフィカ復帰を囁かれ続けているエヴァートンのポルトゥガル代表DFアベル・シャビエルは、退団の噂を否定。現在の契約は2002年まで。

アベル・シャビエル 「ここぐらいオレを歓迎してくれたクラブはなかった。皆がオレを望んでくれる限り、ここにいたい。故障とサスペンションで難しいシーズンだったけど、自分の役割を全うすることも、クラブに貢献することも出来なくて、すごく申し訳なかった。でも、オレのこのクラブへの愛と約束は、誰も疑うことはできないよ。今季の出来に不満をぶつけて出て行こうなんて思ってもいないんだ。オレの心はエヴァートンだけにあり、そのために自分にできることをやるだけさ。オレの価値を証明したい。リーグ順位を上げるために、オレは安全な守備ができる」

GKティム・フラワーズが壊れているレスター市は、トレーニングでレスターを訪れているSKブラン・ベルゲンのスヴァーリェ人GKマグヌス・キルステッド29歳に一目惚れ。本人も「是非契約したい」と口走っているらしい。

マンチェスタ連合は、アイルランド人DFデニス・アーウィン35歳とFWテディ・シェリンガム34歳に、それぞれ2年の新規契約をオファー。
--
陰愚乱度プレミアシップ

サンダーランド 1-1 アストン・ヴィラ
サンダーランド…83分:ガヴィン・マッキャン
アストン・ヴィラ…ジュリアン・ヨアキム

Standings-------P W D L F A Pts
1. マンチェスタ連合 29 20 7 2 66 19 67
2. フレンチ・アーセナル 29 15 8 6 47 29 53
3. イプスウィッチ町 28 14 4 10 42 34 46
4. ゲルマン・リヴァプール 27 13 6 8 47 30 45
5. サンダーランド 29 12 9 8 33 28 45
6. レスター市 28 13 6 9 31 29 45
7. リーズ連合 29 12 8 9 42 37 44
8. チャールトン・アスレティック 29 11 9 9 38 40 42
9. サウザンプトン 28 11 8 9 33 34 41
10. チェルシー・ロートル 27 10 9 8 48 33 39
11. 新城連合 28 11 5 12 33 39 38
12. トッテナム・ホットスパー 29 9 9 11 33 38 36
13. 西ハム連合 28 8 11 9 35 35 35
14. アストン・ヴィラ 27 8 10 9 29 29 34
15. ダービー・カウンティ 29 8 10 11 30 44 34
16. エヴァートン 29 8 8 13 31 43 32
17. ミドルスブラ 29 5 13 11 31 35 28
18. マンチェスタ市 29 6 8 15 31 47 26
19. コヴェントリー市 29 5 9 15 26 48 24
20. ブラッドフォード市 28 3 7 18 18 53 16

Leading scorers---English Premiership
15 マーカス・スチュアート(イプスウィッチ町)
 ジミー・風呂糸・ハッセルバインク(チェルシー・ロートル)
 ティエリー・杏里(フレンチ・アーセナル)
14 テディ・シェリンガム(マンチェスタ連合)
13 マーク・ヴィドゥカ(リーズ連合)
11 エミール・ヘスキー(ゲルマン・リヴァプール)
 ジェイムズ・ビーティ(サウザンプトン)
 ヨナタン・ヨハンソン(チャールトン・アスレティック)
10 ケヴィン・フィリップス(サンダーランド)
--
ギリシャ・ディヴィジオン1:第21節

パナハイキ 1-0 AEKアテネ

Standings-------P W D L F A Pts
1. オリンピアコ巣ピラエウス 21 18 2 1 61 15 56
2. パナシナイコ巣 21 13 5 3 35 11 44
3. PAOKサロニカ 21 11 7 3 46 31 40
4. AEKAEKアテネ 21 12 3 6 39 27 39
5. FCイラクリス・サロニカ 21 11 3 7 34 26 36
6. アリス・サロニカ 21 10 4 7 24 22 34
7. イオニコ巣 21 9 6 6 32 28 33
8. スコダ・ザンティ 21 9 4 8 17 20 31
9. パニオニオ巣 21 5 9 7 23 28 24
10. エスニコ巣アステラス 21 6 4 11 21 38 22
11. PASイオアンニア 21 5 6 10 27 37 21
12. パナハイキ 21 5 5 11 24 35 20
13. カラマタ 21 3 8 10 28 42 17
14. 足ない子巣 21 4 4 13 27 42 16
15. パニリアコ巣 21 3 7 11 17 34 16
16. OFIクレタ 21 2 7 12 21 40 13

Leading scorers
13 ミカリス・コンスタンティノウ(FCイラクリス・サロニカ)
 プレドラグ・ヂョルディエ奴(オリンピアコ巣ピラエウス)
11 アレコス・アレクサンドリス(オリンピアコ巣ピラエウス)
 エリアス・ソラキス(パナハイキ)
10 ニコス・リベロポウロス(パナシナイコ巣)
--
チェスカ・ディヴィジョン1:第18節

スパルタ・プラハ 2-0 ヤブロネツ97

Standings-------P W D L F A Pts
1. スパルタ・プラハ 18 15 1 2 45 14 46
2. シグマ・オロモウツ 18 9 6 3 34 17 33
3. マリラ・プジェイブラーム 18 9 4 5 29 19 31
4. ヴィクトリーア・ズィズコフ 18 8 5 5 29 27 29
5. スロヴァン・リベレツ 18 8 4 6 28 24 28
6. テプリーツェ 17 8 3 6 29 20 27
7. 1.FCシノット 18 6 7 5 25 21 25
8. スラヴィア・プラハ 17 6 7 4 23 20 25
9. ペトラ・ドゥルノヴィーツェ 18 6 5 7 19 20 23
10. ボヘミアン・プラハ 18 5 7 6 24 26 22
11. ヤブロネツ97 18 4 7 7 16 26 19
12. ベニーク・オストラヴァ 18 4 7 7 18 30 19
13. ブルーノ 18 5 2 11 16 25 17
14. フメル・ブルシャニー 18 4 5 9 16 25 17
15. チェスケー・ブデヨヴィーツェ 18 3 6 9 22 37 15
16. プレズェン 18 2 6 10 15 37 12

Leading Scorers---Ceska
11 イリ・コヴァリーク(1.FCシノット)
10 パヴェル・ハパル(シグマ・オロモウツ)
 ヴィテズスラフ・トゥーマ(ペトラ・ドゥルノヴィーツェ)
9 ミハル・コロマズニク(テプリーツェ)
8 ケンネディ・ヒフリ(ヴィクトリーア・ズィズコフ)
 スタニスラフ・ヴルチェク(シグマ・オロモウツ)
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-