Make your own free website on Tripod.com
03. 10
MARZO
FEBRERO
ENERO 2001
ディエゴ・アルマンド・ヤク中親父ならOKなのに

エスパーニャ蹴球連盟(RFEF)は、チャンピオンズ・リーグのリーズ連合戦で手を使ってゴールしたと非難されているレアル・へなちょこFWラウール・パパ・ゴンサーレス・ブランコを擁護すべく、UEFAに嘆願書を送ったらしい。

RFEF広報 「我々はラウールがフェアプレーに一度も問題がなかった選手だと強調した。94年のデビュー以来、彼が受けた黄札は13枚で、退場させられたことは1度もない」

レアルSDホルヘ・アルベルト・バルダーノ・カスティジャーノ 「ラウールはずっとスポーツマン・シップの鑑だった。それが今や、毎週見られる彼の行為の評判を落とそうと、世界中が試みている。偶然の出来事を追求するより、ピッチで暴力的行為を働こうとする者にこそ、罰則を強化するようUEFAにはお願いしたい」

日曜にレアル・へなちょこと対戦するレアル・ソシエダ監督ジョン・トシャックは、クビにされた恨みを晴らそうと、虎視眈々でサンティアゴ・ベラブーに乗り込んでくるらしい。実績を考えてからにして欲しい。迎え撃つレアル・へなちょこは、MFフェルナンド・グティエーレス・エルナンデス "グティ"が練習中に負傷して欠場。MFクロード・マケレレ、FWフェルナンド・モリエンテス・サンチェスの出場は微妙。加えて、ブラ汁代表から戻ってきたDFロベルト・カルロス・ダ・シウヴァはサスペンション。

ソシエダDFアイトール・ロペス・レカルテ 「多くの人は我々にチャンスはないと思っているだろうが、俺は逆だと思う。今のレアル・へなちょこはベスト・フォームじゃない。そこを利用してやるのさ。ベラブーはフートボルの特別な場所だ。そこで結果を出せたら最高だよ」
--
泣くなラウール

UEFAはレアル・へなちょこFWラウール・パパ・ゴンサーレス・ブランコに、言い訳もエスパーニャ蹴球連盟の嘆願も無視して、1試合出場停止+罰金2万スイス・フランの処分を言い渡した模様。これを受けてレアル・へなちょこは、月曜までに不服申立をする予定。キミはデビウも衝撃的だっただけに、初サスペンションも派手だっただけなんだよ。まあ、アンデルレヒト戦で消化できる分、ラッキーと思って…しくしく。しかし、緊急会見を開いたバルダーノ…いくら間近でディエゴ・アルマンド・ヤク中親父の神の手を拝んだからって、そこまで言うと心象を悪くしないか?

UEFA規律委員会 「ラウールは確かにフェア・プレーを重んじる選手だが、今回の場合は、個人的な利益を得る目的で犯された唯一の行為で、不正行為は明白である。試合結果をゆがめる可能性も多大にある」

レアル・へなちょこSDホルヘ・アルベルト・バルダーノ・カスティジャーノ 「これが、全ての解釈が開かれたまま、2度もジャッジされる先例にならないよう希望する。クラブにとって驚きであり、我々の意見は制裁と一致しない。もし、ラウールが本当に手を使ってゴールしたと審判が判断したとしても、黄札1枚が相当で、決してサスペンション1試合ではないはずだ。1試合のサスペンションなど、我々には重要ではない。しかし、全く汚点のない選手の経歴に傷がつく。即刻抗議する。ラウールはキャリアを通してスポーツマンシップの鑑だった。あのゴールは意図的な行為ではなく、本能的なものだ。フトボリスタというものは、『ああ、ごめんなさい、今のゴールは手を使ってしまいました』と、いちいち審判に謝るよう教育されていない。それにラウールは英語がわからないし、誰にも謝罪できたはずがない。彼は誤解を招くジェスチャーをしたのかもしれない。86W杯でアル全珍のディエゴ・アルマンド・ヤク中親父が神の手を使った時、UEFAは強い態度を示すべきだと言いながら、そうはしなかった。あれから15年経つが、その間にも一切制裁を受けなかったハンド・ゴーラーや、それで結果が決まった試合がいくつもあった。多分、UEFAは例を探していたんだろう。そのために、こんな素晴らしいクラブで綺麗な記録を持つ選手を選んだに違いない。しかし、我々は生贄にされたと言うつもりはないし、UEFAに対する態度も変えない」

一方、レアル・へなちょこMFルイス・高いぞ・フィーゴが故意に黄札を貰って準々決勝以前に身を清めておこうとした事実に、UEFAはサスペンション手順の見直しを図る模様。W杯だって1次リーグが終わりゃ全部クリアされるんだからよー、リーグ戦の黄札はトーナメントに持ち込まないってルールがありゃ、誰もそんな無謀なチャレンジはしねーだろーさ。
--
立つか座るか、それが問題だ

トラフォード・カウンシルから、「客を座らせないと客席数を減らすぞ」と脅されたマンチェスタ連合監督サー・アレックス・ファーガソンは、渋々お願いコメントをしているらしい。

サー・アレックス・ファーガソン 「こんな話が来るたぁ、悲しい日だべなぁ。まあ、今までずっと言われてきたことだけっどもよ。規則は難しいし、違反した途端に罰が来るだでよ、皆座ってけろ。オラ達は普段から真剣に脅されてきただによ、ファンも同じようにせにゃなんねぇ。もし、おめぇらが立って大騒ぎしてみろ、すぐに客席は減らされちまうべ。安全確保ができてねぇつってよ、結局損をするのはおめぇらファンだべ。オラ達は努力して、このスタジアムを67000の全席座席にしたずら。それが減ったら大打撃だっぺ。グラーツ戦だろうと、皆座らにゃなんねぇ。オラ達は陰愚乱度で一番強いだで、チャンピオンズ・リーグの準々決勝には多分進めるに違いねぇ。オラは毎週ベンチで立って試合を見るけっども、トラフフォード・カウンシルも他と同じような規則を出さにゃなんねだら、この先どうなるか見物だべ。オラ達は満員の客の前でプレーしてぇ。他のクラブやファンと同じようにしてくれるのを歓迎するべよ。だども、決まりは決まりだで、イヤなら規則を変えにゃなんねぇ。座って見るのはイヤだちゅー苦情もあるべよ。だども、それを喜ばない人間もいるってこった」

ケン・メレット・セクレタリ 「座らないファンがいた場合、我々は直接的な制裁を加えるつもりはない。もし、我々がファンに対して行動をとれば、試合中に人々の敵意を招いてしまうだろう。しかし、本当のマンチェスタ連合のファンなら、そんな脅しをしなくても、わかってくれるだろう」

マンチェスタ連合は、DFガリー・ネヴィルへのサスペンション2試合+罰金3万ポンドの処分を不服として、FAに抗議する模様。

ネヴィルの弁護士 「この処分の重さに非常にショックを受けている。最近のケースはラインがわからない。ヘッドバットを食らわせたパトリク・ヴィエラのサスペンションは1試合なのに、ちょっと失言しただけのガリーは2試合。どんな基準で判断されているのか。当然、ガリーは非常に不満だ」
--
替え玉人生

RCDエスパニョル・バルセロナFWラウール・タムード・モンテーロは、運転免許の筆記試験に何度受けても合格できず、思い悩んだ末にオトモダチに替え玉受験させて合格しちゃったらしい。それが発覚してしまい、50万ペセタの罰金刑を食らった模様(爆笑)。おまけに、ラウール・タムード本人はクラブの練習のため裁判には出頭せず、これまた弁護士が代理で出席したらしい。こんなんでスットコ乱度に行くつもりだったのか?どーやって国際免許を取るつもりだったのか…エスパーニャの免許はかなり簡単というウワサだが、もしかしてバカだったのか?因みに、替え玉受験を受け持ったオトモダチにも、罰金50万ペセタが科せられた模様。

リーグ戦に復帰して意気揚々のPSVアイントフォーフェンFWルート・ファン・ニステルローイが、UEFAカップの1.FCカイザースラウテルン戦に出場しなかったのは、
クラブが登録選手締切日を勘違いして間に合わなかったため(笑)。ガーナ人DFエリック・アッドも同じ犠牲者。PSVはオランダ蹴球連盟に「何とかしてくれ」と縋ってみたものの、無駄な努力だった模様(爆笑)。

カトリック信者であるために、北アイル乱度代表の試合でブーイングを受けてしまうセルティック・グラスゴウMFニール・レノンは、代表引退を撤回。

ニール・レノン 「北アイル乱度代表を続けることにしたけど、そう決めるには随分考えた。でも、全てのセクションから受けた支持のレベルは圧倒的で、とても感動的だった。だから続けることにしたんだ」
--
陰愚乱度の人身市場は年中無休

トッテナム・ホットスパーは、アキレス腱の負傷で悩んでいる元陰愚乱度代表MFダレン・アンダートンに、1年の契約延長をオファー。

マンチェスター市MFイアン・ビショップが、MLS:マイアミ・フュージョンに移籍金なしで旅立ったらしい。

ミドルスブラは、ブラッドフォード市FWディーン・ウィンダスを60万ポンドでお買い上げ。
ダービー・カウンティは、FWリー・モリスをハダーズフィールドへ修行に出した模様。ローンは今季末まで。

シェフィールド水曜日は、リーズ連合MFアラン・カウリーをゲット。契約は2002年まで。

あ〜れ〜ミラン監督アルベルト・ザッケローニは、今週の成績次第で解任される可能性があるらしい。後任は勿論、前花組監督ファティー・テリムに決定済らしい。

チュニジ屋蹴球連盟は、チュニスで監督をしている腐乱巣人レネ・エスブラヤを代表監督にしようと試みたものの、けんもほろろに断られてしまい、エクハルト・クラウツェンなるドどイツ人で我慢した模様。
--
ブンデスリーガ:第25節

バイヤー04レーファークーゼン 3-0 ヴェルダー・ブレーメン
12分:ルシオ、54分:オリヴァー・ニューヴィル、62分:トマス・ブルダリッチ

オランダ・エレ・ディヴィジ

ローダJCケルクラーデ 1-0 NACブレダ
64分:ヤンニス・アナスタシオウ
赤札…70分:レジリオ・シモンズ(NAC)

デ・グラーフシャフ・ドーテンヘム 0-1 SCヘーレンフェーン
75分:ジェフリー・タラン

腐乱巣カップ4回戦

ヴァランス(III) 0-2 ラシン・ストラスブール

ベルギー・ディヴィジオン1:第25節

ヴェステルロー 2-2 スタンダール・リェージュ

チェスカ・ディヴィジオン1:第19節

チェスケー・ブデヨヴィーツェ 1-4 スパルタ・プラハ
--
コパ・リベルタドーレス:Group-1

ロサリオ・セントラル 2-0 ベレス・サルスフィエルド
14分:ファン・アントニオ・ピッシ、43分:ラファエル・マカラテーシ

Standings-------------------P W D L F A Pts
1. ロサリオ・セントラル(アル全珍) 3 2 0 1 9 3 6
2. ベレス・サルスフィエルド(アル全珍) 3 2 0 1 4 2 6
3. フニオール・バランキージャ(コロンビ屋) 2 1 0 1 3 3 3
4. ウニベルシタリオ(ペルー) 2 0 0 2 0 8 0

コパ・リベルタドーレス:Group-2

パルメイラス 2-1 ウニベルシタリオ・デ・チレ
パルメイラス…12・68分:ロペス
ウニベルシタリオ…34分:ダビド・ピサーロ

Standings------------------P W D L F A Pts
1. セロ・ポルテーニョ(パラグァイ) 2 2 0 0 5 1 6
2. パルメイラス(ブラ汁) 1 1 0 0 2 1 3
3. ウニベルシタリオ・デ・チレ(チレ) 3 1 0 2 3 4 3
4. スポルト・ボーイス(ペルー) 2 0 0 2 1 5 0

コパ・リベルタドーレス:Group-3

ウィルステルマン 2-1 コンセプシオン
ウィルステルマン…64分:アルフレド・ハラ、82分:サチャ・リマ
コンセプシオン…77分:マルコ・フェレイラ

Standings----------------P W D L F A Pts
1. ウィルステルマン(ボリビ屋) 3 2 0 1 6 6 6
2. ナシオナル(ウルグァイ) 2 1 1 0 3 0 4
3. サン・ロレンソ(アル全珍) 2 1 0 1 4 5 3
4. コンセプシオン(チレ) 3 0 1 2 2 4 1
--
toto買った?

本日開幕するJリーグ2001に、ハポン代表監督フィリップ・セクハラ親父は、「電気屋が優勝するわ」と言い放っている模様。アイツの好みは、若くて可愛い男の子だが、その基準がオレには理解できない(笑)。

フィリップ・セクハラ親父 「今年の優勝は柏の電気屋よ。あそこの買い物は上手だし、ヴィジョンもハッキリしてるわ。ほぼ同じチームでやってるし。若いチームなのに、良いフットボールをするのよね。そこにユ・サンチョルがプラスされて、とっても楽しみなの。それにね、電気屋には良いサポーターもついてるわ。だから、電気屋が優勝すると思うの、アタシ。うふっ♪ シカと顔色の悪い鳥も悪くはないわね。シカには大きな可能性を持った若手スターがいるし、鳥は成熟したチームよ」

ドサンコーレ札幌監督ダイナミック岡田 「ウチの目標は10位以内ですかねぇ。それには勝点39、つまり13勝しなきゃいけないんですよ。それを目指して一歩一歩やりますよ」

toto買ったかね?一発ドカンと当ててみたいが、オレはトトカルチョとなると当たらないから買わない(爆)。誰にも言わず、自分だけでヒッソリ予想してる分には、8割方当たるんだけどなぁ。それにしてもロイターに堂々と「10位以内」と言える岡ちゃんってば羨ましい…犬なんか元旦から「J1残留を目指します」だぜ…(号泣)。
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-