Make your own free website on Tripod.com
03. 13
MARZO
FEBRERO
ENERO 2001
お天道様が見逃しても瓜は見逃さねぇ

バイエルン・ミュン変は、契約が残っているにもかかわらずアヤックス・バルセロナのスタッフと交渉を行っていたガーナ人DFサミュエル・クフォーに、1万マルクの罰金を科した模様。クフォーの契約は2003年までで、バイエルン側は放出を認めていない。因みに、バルサの提示額は1700万ドル。

瓜・ヘーネスGM 「全く忌々しい。我々は交渉を一切認めていないのに、勝手な事をしおってからに。彼の感覚に1万マルクの制裁を与えた。我々はバルサのオファーを正式に拒否している。それなのに、バルサはベルント・シュスターSDをミュンヘンに送り込み、クフォーとレストランで話し合うとは、どういう神経を持っているのかね。ジョアン・馬鹿・ガスパール会長は厳しい抗議文を受け取ったはずだ。彼らはウチの選手から手を引くべきだ。ムカムカ」

FAカップ準々決勝で、ハンドを猛講義して退場を食らったウィコン・ワンダラーズMFスティーヴ・茶に、4試合のサスペンションが課せられた模様。内訳は黄札2枚の退場で1試合、今季2度目の退場に1試合、通算黄札10枚に2試合。ただし、適用されるのは1部リーグで、FAカップ準決勝には該当しない…Why?

陰愚乱度FAは、来季からFAカップの組み合わせ抽選を、全試合が終了してから行うことに変更。試合の最中に決めるなと、西ハム連合監督ハリー・レドナップ、トッテナム・ホットスパー監督ジョージ・グラハムから手厳しく批判されたため。てなわけで、準決勝の試合会場が決定。マンチェスタ連合のいないオールド・トラフォード…気持ち良いが、ロンドンから800kmで12:30koって…ファンは大変だな。地の利よりキャパを重視したらしいが…ハコが大きくても遠けりゃ一緒だと思うが(笑)。

陰愚乱度FAカップ準決勝(4月8日)
フレンチ・アーセナル - トッテナム・ホットスパー
(オールド・トラフォード/12:30gmt)
ウィコン・ワンダラーズ - ゲルマン・リヴァプール
(ヴィラ・パーク・バーミンガム/15:00gmt)
--
厚底茶髪女、大福で強盗未遂(爆笑)

GHEORGHE HAGI SHOUTS ガラクタサライのルーマニ屋人MFゲオルゲ・ハっつぁんが、ゲンクルビルリジ戦でドッカン。エロル・アクソイ主審に暴言を吐いたところで(写真)赤札を貰い、更にプッツンしたハっつぁんは主審に唾を吐き、蹴り飛ばした上に踏みつけちゃったらしい。0-1を追っていたガラクタサライのFWハサン・サスが32分に同点ゴールを決めたものの、副審からハンドだと注進されてノー・ゴール。これに怒ったハっつぁん、主審のシャツを掴んで言いたい放題で黄札2枚を貰った挙句、横にいたルーマニ屋人DFヨーギ・ポーペスキュードに押さえ込まれ、最後はミルセア・ルチェスク監督に引きずられてピッチを後にした模様(笑)。どうにも腹の虫が収まらないハっつぁんは、VIP席に向かって更に猥雑な罵詈雑言を叫び続けていたらしいが、そこにはトルコ蹴球連盟の会長が座っていたらしい。処分が楽しみですなぁ。

ゲオルゲ・ハっつぁん 「あの審判は泥棒だ。俺達から勝点3を盗むために来たのさ。生憎、そうは問屋が卸さなかったがな。あいつはいつもそうだ。蹴球連盟はフェネルバーチェに優勝してほしいみたいだな。俺たちにはトロフィーを渡したくないと見える。スタジアム、TV、試合を見たトルコ中の人間が、あの瞬間を見ていたはずだ。こんなことがあっていいのか。もうこんなところでやってられるか。国に帰るぞ。トルコはもう終わりだ。来季プレーする可能性はない。ルーマニ屋でヴァケイションと洒落込むぜ。どれくらい遊ぶかはわからねぇな。テクニカル・ディレクターになるのは、その後だ。暴力に及んだことは謝るよ。俺は自分を見失ってしまった…でも、あの審判には腹が立つ。あいつはいつも俺達に問題をもたらすんだ。自分が偉大な審判だと証明するためにハジを退場させようとする。オレにとっちゃアイツは審判じゃない。ただの黒い服を着た男さ」

イタリ屋に行くつもりが、目の前のニンジンにつられてベジクタシュ監督に収まったクリストフ・元ヤク中親父に、トルコは「住めば都」だったらしい。

クリストフ・元ヤク中親父 「ベジクタシュを選んだのは、トルコのフッスバルがドどイツより優れているからだ。だからVfBシュトゥットガルトやアイントラハト・フランクフルトを断ったんだ。ドどイツのクラブや選手には何でも揃っているし、それなりに金もある。何せフッスバルの大国だからね。しかし、トルコには設備も金も殆どない。それなのに、トルコ人はドどイツ人よりフィジカルに強く、プレッシャーにも慣れている。ドどイツのクラブよりうまくいっているんだ。これでドどイツと同じ環境があったらどうなるか、想像してみたまえ」
--
商売繁盛

西ハム連合の黒亜血屋人FWダヴォル・シュケルが、ザグレブで記者会見を開き、この夏の事業計画を発表。海沿いのポレツとゆー町で、蹴球学校を開くんだと。その前に試合で結果出せよ。

元マンチェスタ連合の星、サー・ボビー・チャールトンがベルリンを訪問。Laureus World Sports Awardsにノミネートされたため。新しいスポーツ・パークのプレゼンテーションなどにも参加し、プロ・テニス選手ボリス・ベッカーと玉蹴りを楽しんだ模様。

エディンバラで開かれているFIFA年次総会で、ゼップ・アイディア親父が持ち出した「国内リーグへの外国人審判導入および審判のプロ化案」に、マンチェスタ連合監督サー・アレックス・ファーガソンが、「侮辱だっぺ」とご立腹。しかし、アイディア親父は、早急に可決を目論んでいる模様。

サー・アレックス・ファーガソン 「そんなことはできっこねぇだ。ここにゃちゃんと審判がいるだで、何で文句を言われにゃなんねぇだ?その国の審判にゃ侮辱だべ。オラ達に断りもなく、そんな話をするでねぇだ。オラ達は長ぇこと審判のプロ化を考えてきたべよ。それは良い考えだとも思うベ。だども、相手がプロなら、それなりの金を払わにゃなんねぇ。長期契約でもするべか?年金はどうするべ?福利厚生だの車だの家だの、生活の面倒を誰がどう見るべか?40歳を過ぎりゃ、審判も引退をするもんだべ。その先の保証はどうすべ?えれぇ責任だっちゃ。47で定年はアンマリだろが。普通は65まで働くもんだべ。良く考えてみろ。陰愚乱度のプレミアにゃ、多分18人の審判がいるだで、それと3〜4年の契約をするのはえれぇ賭けだでよ。誰かが事故に遭ったりケガでもしてみろ、どうなると思うべ?」
--
おお、スヴァーリェに生きスヴァーリェに死ぬ国歌

2002W杯予選:3月24日FYRマケドニ屋(イェテボリ)、28日モルドヴァ(チシナウ)のスヴァーリェ代表20名。

GK
マグヌス・ヘドマン(コヴェントリー市)
マグヌス・キールステット(ブラン・ベルゲン)
DF
パトリック・アンデション(バイエルン・ミュン変)
クリストファー・アンデション(ヘルシンボリ)
カール・コルネリウソン(AIKストックホルム)
ヨツォ・マトヴァッチ(ヘルシンボリ)
オレフ・メルベリ(ラシン・サンタンデル)
ヨハン・ミャルビー(セルティック・グラスゴウ)
MF
ダニエル・アンデション(バリ)
マティアス・ヨンソン(ブレンビーIF)
フレデリク・リュングベリ(フレンチ・アーセナル)
ホーカン・ミルト(IFKイェテボリ)
シュテファン・ハンス・しばるつ(サンダーランド)
トビアス・リンデロツ(スタベーク)
マグヌス・スヴェンソン(ブレンビーIF)
アンドレアス・スヴェンソン(エルフスボリ)
FW
マルクス・アルバック(SCヘーレンフェーン)
イスケル・オスマノフスキ(バリ)
ヘンリク・ラーション(セルティック・グラスゴウ)
ステファン・セラコヴィッチ(ハルムスタット)
--
テストマッチはできなかったが

2002W杯予選:3月24日北アイル乱度(ベルファスト)、28日おデンマーク(プラハ)のチェスカ代表候補に、ヨセフ・ホヴァネツ監督は、ゲルマン・リヴァプールFWパトリック・ベルガー召集も考えているらしい。ベルガーは、月曜にBチームの試合に参加する予定で、その状態によって電話するつもりだとか。また、アヤックス・アムステルダム本店MFトマス・ガラシェク、スラヴィア・プラハMFヤン・スホパレク、イヴォ・ウリフは考慮中。(おデンマーク国歌

GK
ラディスラフ・マイヤー(ラピド・ウィーン)
パヴェル・スルニェチェク(ブレシア・ロバ)
DF
ミラン・フカル、トマス・ウイファルジー(ハンブルガーSV)
ラドスラフ・ラタル(FCシャルケ・ヌルフィア)
イリ・ノヴォトニー(スパルタ・プラハ)
カレル・ラダ(アイントラハト・フランクフルト)
ロマン・ティーツェ、トマス・ヴォタヴァ(TSV1860ミュンヘン)
MF
ラデク・ベイブル(RCランス)
イリ・ヤロシーク(スパルタ・プラハ)
パヴェル・ネドゥヴィェド、カレル・ポボちゃん(ケチャップ屋)
トマス・ロシツキ(ボルシアBV09ドルトムント)
裏地見る・シュミツェル(ゲルマン・リヴァプール)
FW
マレク・ハインツ(ハンブルガーSV)
ヤン・でかすぎる・コラー(アンデルレヒト)
パヴェル・クカちん(スラヴィア・プラハ)
ウラティスラフ・ロクヴェンツ(1.FCカイザースラウテルン)
レネ・ワグナー(ラピド・ウィーン)
--
立っちゃダメよ

Champions League 2nd-Phase Group-A
マンチェスタ連合 - SKシュトルム・グラーツ


0-3で勝てばベスト8に進めるシュトルムは、DFジルベルト・プリラスニクが前節の一発退場で出場停止。また、DFフェルディナンド・フェルトホーファー、MFハンネス・ラインマイヤー、ロス毛人FWセルゲイ・ユーランが負傷中。一方、マンチェスタ連合は頼みの綱のウェールズ人MFライアン・ギグスが間に合わない模様。ひかがみ損傷が長引いていると思ったら、インフルエンザで寝込んでるだとさ。

マンチェスタ連合監督サー・アレックス・ファーガソン 「0-3負けだけは避けにゃなんねぇたぁ恥ずかしいずら。だども、重症なのは結果よりパフォーマンスだべ。選手には信用を取り戻してほしいだべさ。その数週間、選手どもは自分の能力を最大限に活かしてなかったべ。オラはそれが一番心配なんだべ。明日はもっと良いマンチェスタ連合を見るべよ。血まみれになってでも、良いパフォーマンスが欲しいっちゃ。オタオタしてたら準々決勝にゃ進めねぇべ。まあ、心配はしてねぇべさ。オールド・トラフォードでシュトルム・グラーツから勝点3をもぎとってけろ。終わり良ければ全てよしだべ。ベスト8はオラたちのもんだでよ。だども、今までのチャンピオンズ・リーグのフォームは良くなかっただ。特にアウェイはガックシだったべ。火曜日はそれをチャラにせにゃなんねぇ。ギグス?ありゃダメだ。日曜に電話があってよ、インフルエンザでベッドから出られねぇとよ。えれぇ打撃だべ。ルーク・チャドウィックで我慢するしかねぇべさ。あれは左をうまくやってくれるだに、ライアンなしでも何とかなるだろさ」

シュトルムFWイヴィツァ・ヴァスティッチ 「完膚なき崩壊から我々の威信を失わないようにしたい。我々は、今季夢見た以上の成功をチャンピオンズ・リーグで達成した。最後は威厳を持って終わりたいものだ。グラーツでは2-1負けだったが、その点数なら我慢できるだろう」

マンチェスタ連合…1:ファビアン・チュ〜して・バルテズ|2:ガリー・ネヴィル、24:レス・茶、6:ヤープ・顔面改造済・スタム、27:ミカエル・シルヴェストレ|7:デヴィッド・バカ旦那、18:ポール・スコールズ、16:ロイ・キーン、36:ルーク・チャドウィック|19:ドゥワイト・ヨーク、9:アンディ・コール

SKシュトルム・グラーツ…1:カジミエルツ・シドルチューク|3:グンター・ニューキルヒナー、23:ロベルト・イベルツベルガー、7:ゲルハルト・シュトラフナー|18:マルクス・ショップ、8:マルクス・シュップ、30:アンドレス・フレウルクィン、11:ギオルギ・コルソス、20:メフルダッド・ミナヴァンド|31:マリオ・ハース、10:イヴィツァ・ヴァスティッチ

主審:ヴァレンティン・イワノフ(ロス毛)
--
メスタージャへようこそ

Champions League 2nd-Phase Group-A
バレンシアCF - パナシナイコ巣


バレンシアはDFマウリシオ・ペジェグリーノが出場停止。スヴァーリェ人MFヨアキム・ビヨルクルンドは、ベンチには入る見込みがあるものの、イタリ屋人MFアメデオ・カルボーニは、まだまだ負傷中。一方、パナシナイコ巣のおデンマーク人DFレネ・ヘンリクセンは、PAOKサロニカ戦で膝を負傷し、出場は微妙。また、ギリシャ・カップを控えているために、FWニコス・リベロポウロスは、休ませるつもりらしい。

パナシナイコ巣監督ストラトス・アポストラキス 「我々は、この大会を胸を張って終えたい」

バレンシア…1:サンティアゴ・カニサーレス・ルイス|5:ミロスラフ・デュキッチ、12:ロベルト・ファビアン・アヤラ、23:ダビド・アルベルダ・アリクェス、20:ジョセリン・アングロマ|19:ルベン・バラハ・ベガス、4:ディディエ・ニワトリ、18:クリスティアン・アルベルト・ゴンサーレス・ペレト "キリ・ゴンサーレス"、35:パブロ・アイマール|17:ファン・ヒネス・サンチェス・モレノ、7:ヨン・カリュ

パナシナイコ巣…1:アントニス・ニコポリディス|3:パーシー・オリヴァーズ、8:イアンニンス・ゴウマス、14:レオニダス・ヴォコロス、17:ギオルゴス・カラゴウニス、23:デレク・ボアテング、7:御覧・ヴラオ奴、5:フェルナンド・ガレット、20:アンゲロス・バシナス、17:ギオルゴス・ナッシオポウロス

主審:クヌート・エリク・フィスケア(おデンマーク)
--
イタリ屋最後の砦

Champions League 2nd-Phase Group-B
あ〜れ〜ミラン - RCDラ・コルーニャ


この試合で負けると、あ〜れ〜ミラン監督アルベルト・ザッケローニの首が確実に飛ぶらしい…って、最早決定事項だが。

ミランMF出目トリオ・アルベルティーニ 「火曜日はファイナルだ。ここで勝たないと、何もかも終わってしまう。勝利あるのみだ。チャンピオンズ・リーグ決勝と同じ緊張感があるだろう。しかし、どんな恐れも無視して、我々は90分を戦わねばならないことを知っている。強烈な試合になるだろう」

デポールMFマウロ・ダ・シウヴァ・ゴメス 「引き分けでピッチを出るなんて考えられない。ミランはリスクを負わねばならない。それが我々に攻撃のスペースを与えてくれるだろう」

あ〜れ〜ミラン…12:クリスティアン・アッビアーティ|25:ロキ・ジュニオール、5:アレッサンドロ・コスタクルタ、3:パオロ・マルちゃんビーム、|2:トマス・ヘルヴェク、8:ジェンナーロ・ガットゥーソ、4:出目トリオ・アルベルティーニ、77:フランチェスコ・ココ|18:レオナルド(10:ズヴォニミール・ボバン)、7:アンドリー・シェフチェンコ、20:オリヴァー・ビアホフ

RCDラ・コルーニャ…13:ホセ・フランシスコ・盛菜・ヒメネス|2:マヌエル・パブロ・ガルシーア・ディアス、3:エンリケ・フェルナンデス・ロメロ、4:ノウレディン・ナイベト、20:ドナト・ガマ・ダ・シウヴァ|18:ビクトル・サンチェス・デル・アモ、14:エメルソン・モイセス・コスタ、8:ヂャウミーニャ・フェイトーザ・ディアス、6:マウロ・ダ・シウヴァ・ゴメス、10:フランシスコ・ハビエル・ゴンサーレス・ペレス "フラン"|7:ロイ・マカーイ

主審:ヒュー・お久しぶりです・ダラス(スットコ乱度)
--
適当に流しちまおう

Champions League 2nd-Phase Group-B
パリ・サン・ジェルマン - ガラクタサライ


引き分けでも首位突破が決まるガラクタサライは、MFブレント・コルクマツ、オカン・ブルークが出場停止、FWハサン・サスは歯のオペのため欠場。一方、PSGは、DFディディエ・ドミが右腿筋肉を傷めて、出場は微妙。先週、ルイス・フェルナンデス監督と大もめしてBチームに落とされていたFWロラン・ロベールは、復帰した模様。しかし、ナイジェリ屋代表MFオーグスティン・"ジェイ・ジェイ"オ子チャま、アルジェリ屋代表MFアリ・ベナルビア、セネガル代表DFアリオウ・シゼは、W杯予選で帰国中。

ガラクタサライMFブレント・コルクマツ 「我々の調子はすこぶる良い。首位で突破するには1つでも勝点が必要だから、手を抜くつもりなんかない。

パリ・サン・ジェルマン…1:ドミニク・カサグランデ|17:ジミー・アルジェリーノ、15:エリク・ラベダンドラターナ、22:イゴール・ヤノフスキ、21:シルヴァン・ディスタン、5:ペーター・ルシン、20:エドゥアルド・シゼ、23:ピエール・ドゥクロック、7:クリスティアン、11:ロラン・ロベール、9:ニコラス・セバスティアン・アネルカ

ガラクタサライ…1:クラウディオ・タファレル|4:ヨーギ・ポーペスキュード、14:ファティ・アクイェル、35:京都・カポネ、8:スアト・カヤ、67:エルグン・ペンベ、5:エムレ・ベロゾグリュ、6:アーメト・イールディリム、22:ウミト・ダヴァラ、10:ゲオルゲ・ハっつぁん|9:マリオ・ジャルデウ

主審:ヴィクトル・マニュエル・メロ・ペレイラ(ポルトゥガル)
--
極東では日韓戦があることだし

陰愚乱度FAチーフ・エグゼクティヴ:アダム・クロイツァーが、1989年まで行われていた年に1度の陰愚乱度-スットコ乱度戦を復活させようとしている模様。エディンバラで行われているFIFAの年次会議に乗じて、スットコ乱度FAに掛け合うらしい。全くややこしい国だよな、UKは。因みに、全110試合の成績は、陰愚乱度の45勝41敗24分。

前ルーマニ屋代表監督アンゲル・ヨルダネスクが、アラブ首長国連邦代表監督に就任。契約は2002年まで、年俸は約50万ドル。

W杯予選でエジプトに敗れたアルジェリ屋のアブデルガーニ・ジェッダオウイ監督が辞職。後任は未定。

アルメニ屋リーグの開幕が、来月まで延期された模様。10クラブがボイコットを表明したため。ここ数年続いている審判の贔屓ジャッジに抗議して試合をボイコットしたズヴァルツノッツを始め、アララト、ピュニク、ミカ、キリキア、カラバグーの6クラブが、蹴球連盟会長の辞職を要求したことから、共同戦線を張ることにしたらしいが、アルメニ屋蹴球連盟側は、「単なる政権争い」と、様子見の構え。
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-