Make your own free website on Tripod.com
03. 16
MARZO
FEBRERO
ENERO 2001
どっかの農水相のようだ…

FIFAは、オフィシャルWEBで「2010W杯はアフリカだ」と書いちゃったらしい。「まだ決まってない」と必死に否定しているものの、WEBサイトには「本日チューリヒの定例会議の冒頭で、2010年のW杯はアフリカで開催されるであろうということに同意した」と、しっかり書かれているのだった(爆笑)。仕方なく、「会議が終わる金曜日に詳細を発表する」とFIFAは言っているが、他の立候補国の立場は?疑惑の内に2006がドどイツに決まったことで、大陸を順番に回ることにしたことから、その第1回をアフリカ大陸から始めるということらしい。ちゅーわけで、2010年の立候補はアフリカ大陸の国しか認められないってことザンスね。したら、南アフリカかモロッコじゃねーか。

南アフリカ蹴球連盟会長ダニー・ジョーダーン 「素晴らしいニュースだ!アフリカ大陸にとって、新しいチャンスだ。南アフリカはきっと成功すると希望している。この決定はアフリカ大陸に多くの希望を与えるだろう。そして、世界の舞台にもっと進出できるチャンスが与えられるだろう。勿論、我々は2010南アフリカを確定させるべく、必死で働くつもりだ。しかし、W杯がアフリカ大陸に来るという事実の方が、遥かに大きな喜びと満足だと思う。やっとFIFAも我々を認めてくれたのだ。そして、オセアニアや他の大陸の人々にも幸せなことだろう」

FIFA広報ディレクター:キース・クーパー 「それは真実ではない。そんな情報が何処からきたのかわからないし、そんな決定はない。候補も決まっていない。唯一決まっているのは、2010年がローテーション方式の最初になるということだけだ。それ以外何もない」

財政難からW杯予選撤退を決めていたコンゴ蹴球連盟だったが、FIFAは参加を再び認めた模様。一方、スポーツ大臣が蹴球連盟を解散させたためにFIFAの怒りを買い、一切の国際大会から締め出されているギニアに対しては、3月18日までに連盟会長を復帰させなければ、W杯予選から正式に除外されるらしい。また、W杯予選から撤退し、イラン戦を棄権したミャンマーには、4万スイス・フランの罰金。

2006W杯実行委員会長腐乱津・別件バウアが、同委員会のオフィスをフランクフルト空港近くに開設し、ルディ・メルヒェン代表監督、何故かユルゲン・クリンシ同席で式典を行った模様。忙しい親父だな、全く。

腐乱津・別件バウア 「今日は重要な日だ。W杯を得るほどに。我々には最後のチャンスだった。今回招致できなければ、50年は待たねばならなかっただろう。これはプレゼントだよ。まあ、まだ韓国とハポンが終わってないから、暫くは目立たないようヒッソリと運営するよ」
--
明治ブルガリ屋ヨーグルト

ブルガリ屋1部:ロヴェチは、DFジフコ・ゼレフのU-21代表代表をボイコットさせる模様。A代表監督ストイコ・ムラデノフがW杯予選に同クラブFWフリスト・ヨヴォフを選ばなかったことへの抗議らしい。ムラデノフからしてみれば、1月の邪魔烏賊戦で交代させられたときのヨヴォフの態度が気に入らなかったらしく、その後のヨルダン戦などにも呼んでいない。

ロヴェチ会長ボンチェフ 「ムラデノフは、調子がいいのにヨボフを呼ばなかった。彼は偏見を持っている。我々はジフコのU-21参加を阻止することで抗議する」

セルティック・グラスゴウのブルガリ屋人MFスティリアン・ペトロフが、セント・ジョンストン戦で右足を2カ所骨折し、全治8カ月。復帰は来年になるらしい。合掌。

ブルガリ屋監督ストイコ・ムラデノフ 「スティリアンには、我々がいつも彼とともにあると知っていて欲しい」

花組FWプレドラグ・宮戸奴が、ユーゴスラヴィ屋代表をボイコット。W杯予選ヘルヴェティア、スロ紅屋戦には出ないことが確実。ミロヴァン・ヂョリッチ監督と言うより、監督を取り巻く環境がイヤなんだとさ。一方、夏に引退を予定している名古屋ピクシーは、「引退するまで代表に残る」と言い放っているものの、「36歳のロートルはいらない」と却下されちゃったらしい。

プレドラグ・宮戸奴 「ヂョリッチとの会話では、物凄く圧力を感じた。彼を任命した人やファンのね。彼は自分で選手選考をすることが出来ない。だから、ヘルヴェティアとスロ紅屋戦から俺を外してくれるように言ったんだ。問題を解決するためにね」
--
カルチョの黄昏

この19年で初めて、何れのヨーロッパ・カップにもベスト8に進めなかったイタリ屋では皆、悪夢だの、カルチョの危機だのと、嘆き悲しんでいるらしい。あー、気持ち良い。前回の不幸は1981-82シーズン。この時代のヨーロッパ・カップは狭き門で、4チームしか出場できなかった。因みに、その時の成績は、湯弁戸巣がアンデルレヒトにチャンピオンズ・カップで敗れ、ASローマがカップウィナーズ・カップでポルトに敗れ、インテル・へぼへぼがラピド・ブクレシュティに、ナポリんがラドニツキ(旧ユーゴ)にUEFAカップで敗れていたらしいが、今季は10チームも出場してこの有様…悲嘆の程も知れようというものか。新聞の論調は、「外国人に金をかけるだけで、自前の選手を育てないのが悪い」とか、「スクデットに集中しすぎ」とか、「審判が悪い」とか、完全に壊れ模様。

ガゼッタ・デッロ・スポルトの試算によると、あ〜れ〜ミラン、ケチャップ屋がチャンピオンズ・リーグ準々決勝に進めなかったために生じた見込損は400億リラ。決勝がサン・シーロに決まって大喜びしていただけに、ショックもひとしおで、夏のマーケットでは、各クラブは挙って新戦力を買いあさる方針らしい。当然、収益が少なかったために、現有戦力の売却、サラリー・ダウンは必至ですな。しかし、決勝のスタジアムに選ばれたクラブは、成功しませんなぁ…ねぇ、バルサ?

マルチェロ・リッピさん 「エスパーニャを見ろ。あそこが現在のヨーロッパのショー・ケースだ。エスパーニャのクラブ・スタッフは、ユース部門への投資に辛抱強さを持っていたし、そこから若い選手を投入する勇気もあった。レアル・へなちょこやバレンシアを始め、エスパーニャのクラブは彼らのセンスとアイデンティティ、DNAを守り通している。多数の外国人を雇い、彼らがどんなに良かったとしても、それに左右されない。それこそが、我々も見習うべきところだ。私は去年、我々のカルチョに、イタリ屋人の若者を登用すべきだと言った。その気持ちは変わらない」

リッピさんよー、レアルもバレンシアもアイデンティティはあるが、ポリシーはそうないぞ(笑)。自前の選手をメインにしてたら8回も優勝できませんぜ、旦那。
--
フッスバルの影

チャンピオンズ・リーグ、UEFAカップでの陰愚乱度の快進撃に、ドどイツでは出場権が1つ減るかもしれないと戦々恐々らしい。因みに、現在のドどイツへの評価は、97年のボルシアBV09ドルトムントの遺産。実際、UEFAはイタリ屋とドどイツから出場権を減らす可能性を示唆しているのだった。

FCシャルケ04営業部長ルディ・アッシャウア 「我々すべてにの危機だ。このままでは2002-2003シーズンのチャンピオンズ・リーグには、ドどイツの出場権は2になってしまう。変わりに陰愚乱度が1クラブ増えるだろう。ブンデスリーガはもう競争力を失っている。早いうちに、ヨーロッパの舞台から姿を消し、ベルギーやオランダが台頭してくることになる」

ユップ・ハインケスさん 「チャンピオンズ・リーグ、UEFAカップのベスト8に、エスパーニャのクラブが7つもいる。それは、フッスバルのレベルを物語っている。つまり、ブンデスリーガがそれほど強くないってことだね」

フレンチ・アーセナル監督アルセーヌ・ヴェンゲー 「陰愚乱度のフットボールは、この3年で重要な進歩を遂げたザマス。陰愚乱度から3チームが残ったザマス。一方、イタリ屋は?ゼロざますね。今季の陰愚乱度は、本当にチャンスを持っているザマスよ。湯弁戸巣やケチャップ屋、アヤックス・バルセロナ抜きの年なんて、そうそうないザマスからねぇ」

モスクワで煮え湯を飲まされたオリンピック・リヨンは、「我々はまだヨーロッパのエリートだ」と吠えている模様。

ジャン・ミシェル・アウラス会長 「我々はヨーロッパで素晴らしいキャンペーンを展開した。ただ生き残るだけでなく、我々の印象を本当に残したと思う」

ジャック・サンティーニ監督 「2nd-Phaseでの6試合を見ると、ホームのフレンチ・アーセナル戦を落としたのが大きかった」

FWスティーヴ・マーレット 「すごく近いところにあるものが、物凄く遠かった。得失点差で負けたんだから、我々がどれくらい世界に近くなったかわかるだろう」
--
ウチには在庫はありません

思いの外チャンピオンズ・リーグで成功してしまったアンデルレヒトは、気が狂ったように人身市場に投資を開始した模様。チェスカ人FWヤン・でかすぎる・コラーは古ハム、MFロレンツォ・スターレンスはハポン行き、DFディディエ・デーデンはTSV1860ミュンヘン行きが確実な他、MFバール・グール等を狙う奴隷商人がひっきりなしに狩っていくため、穴埋めに必死らしい。

アイメ・アンチュニス監督 「アンデルレヒトはベルギーでは余りにも強大だ。しかし、ヨーロッパでは余りにも小さい。ディレクターは必死で働かねばならない。移籍したがる選手に何をすべきか、彼らに代わる人材をどうするか決めなければならないからね。今強化を怠れば、この先が難しくなるだろう。今のチーム力を維持し、移籍市場を注意深く動かねばならない。それがクラブの避けようがない挑戦だ」

MFバール・グール 「目に入るタイトルは全部獲り続けようじゃないか。オレは、はっきりと出て行くとは決して言っていない。でも、いいオファーがあれば、是非お願いしたいけど」

FWトマス・ラドジンスキ 「ポーランドで生まれてカナダで育ち、ベルギーには7年住んでいる。そろそろ市民権の話も出てくるけど、すぐに退団するって結論に飛躍して欲しくないな。色々考えてはいるけどね」

ロジェール・ファンデン・ストック会長 「我々が最も優先したいのは、このままチームをまとめておきたいことだ。しかし、それは容易なことではない。数人の選手が強力なオファーを持っているわけではないが、ショウ・ウィンドウに身を投じた。チャンピオンズ・リーグの活躍は喜ばしいし、利益も出たが、それがかえって選手を引き抜かれる原因になってしまうのは皮肉なことだ」
--
後ろ足で砂をかけるような

フレンチ・アーセナル移籍が囁かれていたヘルタ・ベルリンDFマルコ・レーマー28歳は、残留する模様。レーマーの契約は2002年6月までで、移籍金は1600万マルク。あと1年待てばタダで契約できる、ということらしい。

レーマーのアドヴァイザー:ヨルグ・ニューバウアー 「マルコは既にアーセナルとの合意に達していたが、新しいルールが適用されるのを待つことにしたんだ。29歳になるのも近いし、金よりも新しい規則に従えば、アーセナルに2年間いられるからね。マルコは冬休み中にアーセナルに行きたがっていたが、あまりガックシきていないよ」

ASモナコはモロッコ人DFハッサン・エル・ファキリを、ノル毛1部のリンへ修行に出した模様。ローン期間は今季末まで。因みに、エル・ファキリは今季ブラン・ベルゲンから3年契約で来た選手。出戻りかぁ。

ハイバーニアンのトリニダード・イ・トバゴ人MFラッセル・ラタピー31歳が、今季限りでの退団を表明。陰愚乱度マネーが欲しいんだとさ。狙っているのはブラッドフォード市。因みに、契約満了のため、移籍金は発生しない。

ラッセル・ラタピー 「ハイバーニアンでの2年間は素晴らしかった。しかし、オレも現実的にならないとな。ここでは陰愚乱度で支払われているような金は貰えない。ハイバーニアンは引きとめようとしたが、合意できなかった。それに、オレはずっと陰愚乱度でプレーしたかったんだ。ハイバーニアンは約100年優勝したことがない。最後にFAカップを獲っていきたい。個人的にも大きな実績になるしね」

アルベルト・ザッケローニが更迭されたあ〜れ〜ミランでは、おデンマーク人MFトマス・ヘルヴェクがワケワカメなコメントをしているらしい。

MFトマス・ヘルヴェク 「本当に驚いた。残りの3カ月のムードが悪くなるよ。ザックとは長いことやってきたからね。コッパ・イタリ屋で失敗し、リーグ戦も良くないし、チャンピオンズ・リーグも終わってしまった。でも、チームの雰囲気は全く悪くなかったんだ。皆ベストを尽くしたし、何とか立て直そうとしたけど、それができなかった。監督が変わることで、何とかなればいいんだけどね。でも、意外な話じゃなかった。色々言われていたし、いつかはこうなると思ってた。監督が非難され、監督が変わるのはゲームの一部だよ。我々は個人的な付き合いはしなかったけど、選手と監督としては良い関係だった。ザックは仕事と私生活をはっきり分ける人だから。でも、僕は監督としてのザックを良く知っている。この6年間、彼から毎日学んだといえるよ。彼には良い思い出しかない。チェザーレは何をすべきか知っている。でも、一番難しいのは、選手を束ねることだ。彼は正しい方法で選手にメッセージを送らなきゃいけないよ。僕らも過去のことは忘れて、チェザーレにベストを尽くさなきゃいけない。ザックはティフォージからの圧力に勝てなかった。僕にもまだそれがある。そういう意見を変えるのは難しい。筋金入りのティフォージはそういうことはしないんだけどね。彼らはずっと僕を応援してくれるし、心からチームを支えてくれる。でも、僕がティフォージと呼ばない人達は、僕に口笛を吹きつづけるんだ。よくあることなんだけどね」
--
喜んで何が悪い

PSVアイントフォーフェンのファンがピッチになだれ込む騒ぎで、UEFAカップ準々決勝1.FCカイザースラウテルン戦が74分から16分に渡って中断し問題のジェスチャーたのは、カイザースDFマリオ・バスラーがPKを決めた際にやってしまった、耳に手を当てて聞き耳を立てるポーズが観客を挑発したと非難されているらしい。PSVキャプテン:マルク・ファン・ボンメルが退場になる以前に、バスラーのPKにライター等が投げ込まれていたそうな。

カイザースDFマリオ・バスラー 「かなり怖かったなー。オレが得点した時にやったジェスチャーは、挑発的だったとは思わない。ブーイングやライターなんか平気だぜって言いたかっただけさ」

アンドレアス・ブレーメ 「下劣とチームはなだれ込んだファンを説得しようと努力し、ファンを落ち着かせることに成功した。彼らには申し訳なく思う。バスラーの行為は不適切だった。相手側のファンに感情を表現すべきではない」

ドどイツ蹴球連盟は、ハンザ・ロシュトク監督フリートヘルム・フンケルに、ベンチ入り禁止1試合+罰金25000マルクを課した模様。先週のヘルタ・ベルリン戦で審判に食って掛かったため。

チャンピオンズ・リーグで、リーズ連合MFアラン・メイバリーにデンジャラス・タックルをかましてしまったケチャップ屋MFパヴェル・ネドゥヴィェドが、「こめんなちゃい」した模様。メイバリーは足に裂傷を負い、松葉杖が必要なものの、長期のケガにはならない見込み。

アラン・メイバリー 「パヴェル・ネドゥヴィェドはタックルを謝ったよ。こういうことはフットボールにはつきものだし、彼が悪意を持っていたとは思わない。でも、彼はタックルをする必要はなかった。あの数分前にオレが彼の行手を阻んだ。それで、ああいう忌まわしい事故が起きたんだ。ムカつくけど、ひどいケガじゃないみたいだよ」

審判に唾を吐いたばかりか、蹴り倒して踏みつけてしまったガラクタサライのルーマニ屋人MFゲオルゲ・ハっつぁんに、トルコ蹴球連盟は6試合のサスペンションを課した模様。トルコのメディアは、ゴールが認められなかったことにまだ腹を立てているハっつぁんが、国内リーグどころかチャンピオンズ・リーグもボイコットする可能性があると書いているらしい。

ハっつぁんの代理人ヴィクトル・ベカリ 「国内リーグでハっつぁんが出ないのは6試合だ。予定より早くキャリアを終えずに済んで、我々は喜んでいる」
--
エマージェンシー

ラス・パルマスは、15日以内に1000万ドル用意できなければ倒産しちゃうらしい。1部に昇格したことで23億ペセタの増資を図ったものの、売れた株式は4億ペセタ。選手を売るにしても、最高額の選手でも10億ペセタ程度、しかも、市場は夏まで開かない…

マヌエル・ガルシーア・ナバーロ会長 「15日以内に金が入るか、外部のサポートを受けるか、クラブが清算に入るか、いずれか1つだ」

ラス・パルマス広報 「事態は非常に深刻です。我々はそれが起きないことを希望しますが、倒産はもはや確実な状況です」

ャンピオンズ・リーグのパナシナイコ巣戦で足を負傷したバレンシアの元腐乱巣代表MFディディエ・ニワトリは全治4週間、アル全珍人MFパブロ・アイマールは全治3週間。バレンシアに来て以来、全くツイてないニワトリなのであった。パエリア食えよ。

土曜日の腐乱巣ディヴィジオン1:AJオーゼール-オリンピック・リヨン戦の開催が、とってもヤバイことになっているらしい。スタジアム近くのヨーヌ側が氾濫し、ピッチは水没、ドレッシング・ルームや練習場、事務所まで浸水しちゃったらしい。

腐乱巣オリンピック委員会は、安全確保ができなかったとして処分されたラシン・ストラスブールへ、剥奪した勝点3を返してあげるよう腐乱巣リーグに働きかけているらしい。

とっても遠いところで12:30にキックオフされて移動が大変な陰愚乱度FAカップ準決勝では、ヒースロー空港からマンチェスタへ、ブリティッシュ・エアラインが臨時便を飛ばすらしい。

ガーナのスポーツ大臣が辞任。スーダンを訪問した際、代表チームの旅費45000ドルをスーツケースごと紛失したため(笑)。それって、空港の不手際じゃねーのか?

ミュンヘン・ダービーに臨むTSV1860ミュンヘンMFダニエル・ビエロフカが、「勝つのは俺達だ」と息巻いているらしい。

ダニエル・ビエロフカ 「冬休みの後、我々はボルシア・ドルトムントとバイヤー04レーファークーゼンを1-0で下している。今度も1-0でいただきさっ」
--
爬虫類のイハラ・ゴールが見たかった

UEFAカップ:準々決勝2nd-Leg
ビゴのケルト人 3-2(4-4) アヤックス・バルセロナ
セルタ…34分:エンリケ・グェデス・ダ・シウヴァ "カターニャ"、64分(PK):グスタボ・アドリアン・ロペス、90分:アレクサンデル・モストヴォイ
バルサ…29・44分:爬虫類

ビゴのケルト人
GK-13:ホセ・マヌエル・ピント・コロラド
DF-2:ファン・バレスコ・ダマス
 4:フランシスコ・ガブリエル・カセレス
 32:エドゥアルド・ベリーソ
 14:ファン・フランシスコ・ガルシーア "ファンフラン"(46分-22:エドゥ)
 5:エヴェルトン・ジオヴァネッラ
 35:ハヨ
MF-8:ヴァレリー・カルピン
 10:アレクサンデル・モストヴォイ
 11:グスタボ・アドリアン・ロペス(73分-20:ヘスース・アントニオ・モラ・ニエト "ヘスリ")
FW-24:エンリケ・グェデス・ダ・シウヴァ "カターニャ"

アヤックス・バルセロナ
GK-35:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
DF-2:ミヒャエル・ライツィハー
 3:Fデブ
 8:フィリップ・コクー
 12:セルジ・バルファン・エスクルサ
MF-4:ジョゼップ・ホモかも・グァルディオーラ・サーラ
 17:エマニュエル・ぷちっ
 21:ルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシーア
 11:マルク・オフェルマルス(66分-23:ブーデヴィーン・ツェンデン)
 10:爬虫類(79分-16:シャビエル・エルナンデス・クレウス "シャビ")
FW-9:パトリック・××・クライファート(89分-14:ジェラルド・ロペス・セグー)

主審:マルクス・メルク(ドどイツ)
--
同一カード3連戦、3連敗だけは避けました

UEFAカップ:準々決勝2nd-Leg
ラーヨ・バリェカーノ・マドリー 2-1(2-4) デポルティボ・アラベス
ラーヨ…41分:ホセ・マリーア・クェベード・ガルシーア、79分(PK):ルイス・センブラーノス・マルティネス
アラベス…19分:ヨルディ・クライフ

ラーヨ・バリェカーノ・マドリー
GK-13:ユーレン・ロペテグィ・アルゴーテ
DF-5:ウルバーノ・サントス・パラシオ
 3:カルレス・ドミンゴ・プラデバル "ミンゴ"(69分-6:アンヘル・ルイス・アルカサール・グティエーレス)
 18:セルヒオ・マルティネス・バジェステロス
 16:グラウシオ・ヂ・イェズス・カルヴァーリョ
MF-20:ゲルハルト・ポシュナー
 9:ホセ・マリーア・クェベード・ガルシーア
 8:ミグェル・アンヘル・サンチェス・ムニョス "ミチェル"
FW-14:ルイス・センブラーノス・マルティネス
 21:ファン・アントニオ・ペレス・アロンソ "ボロ"(65分-10:グスタボ・ハビエル・バルテルト)
 11:エルヴィル・ボリッチ

デポルティボ・アラベス
GK-1:マルティン・オラシオ・エレーラ
DF-2:コスミン・マリウス・コントラ
 28:ホセ・サリエグィ
 5:アントニオ・カルモーナ・エレーラ
 4:ダン・エッゲン
MF-3:イボン・ベルゴーニャ・スビアウレ
 16:エルメス・アルド・デシオ
 15:イヴァン・トミッチ(73分-10:パブロ・ゴメス・オルティス・デ・グスマン)
 11:マグノ・モセリン(59分-23:ユリツァ・ヴツコ)
 14:ヨルディ・クライフ(69分-20:ホルヘ・アスコイティア・ガビオラ)
FW-19:イバン・ダニエル・アロンソ

主審:クロード・コロンボ(腐乱巣)
--
やんなっちゃうなぁもう

セルタ監督ビクトル・フェルナンデス・ブラウリオ 「爬虫類が違う色のシャツを着ていたら、結果は全く違っていただろう。我々は前半をうまくこなした。しかし、ハーフタイムには1-2でリードされていた。フートボルとはそんなものだ。爬虫類は、他の誰にも出来ないようなゴールを決めることができる。彼は今夜、世界で最も素晴らしい選手であることを再び証明して見せたんだ。85分の微妙なゴールが認められなかったのが痛かった。5分あれば、もう1点入れられるはずだったのに。我々は後半になっても諦めなかったし、良いイメージを与えられたと思う。しかし、準決勝に行くのはバルサなんだよな…」

バルサ監督ジョレンス・セラ・フェレール 「今夜の決め手は爬虫類だ。スターとはどういうものか、格の違いを見せつけたね」

ラーヨ監督ファンデ・ラモス 「選手達はピッチで全力を尽くした。彼らは決して俯かなかった。ゴール前で正確さを欠いたのが少々残念だったが、我々の努力は果てしなく大きかった。2試合やって、アラベスこそ勝利者だよ。私にできることは、おめでとう、準決勝での幸運を祈る、と彼らに言うことだけだ。我々にとって、今大会は忘れられない経験となった。エスパーニャから順当なチームが2つも準決勝に進んだのも素晴らしいことだ。惜しむらくは、どこか1つが負けねばならなかったことだ」

アラベス監督ホセ・マヌエル・エスナール・パルド 「信じられないくらい幸せだ!初めてヨーロッパの舞台を踏んだチームがここまでやれるとは、全く予想もしなかった。このままエンジョイし続けて、歴史を創り続け、幸福をファンに届けたい。勝つしかないラーヨが、総力をあげて攻撃してくることも承知していた。しかし、守備の最も良い形は得点だ。我々が先制したことで、彼らには相当なダメージを受けたはずだ。2試合を通じて、我々の方が良かった。完全に勝ったと思う。しかし、常に押し上げ、勝利を諦めずに一生懸命やったラーヨも、祝辞を贈られるべきだ。彼らはパフォーマンスでプライドを示した」
--
ニエトさんだもんな…

UEFAカップ:準々決勝2nd-Leg
PSVアイントフォーフェン 0-1(0-2) 1.FCカイザースラウテルン
71分(PK):マリオ・バスラー
赤札…73分:マルク・ファン・ボンメル(PSV)

PSVアイントフォーフェン
GK-23:ロナルト・ヴァルテレウス
DF-4:エルネスト・ファベル
 21:有利・ニキフォロフ
 29:ケヴィン・ホフラント(46分-13:クリス・ファン・デル・ヴェーデン)
 22:ヴィルフレト・ボウマ
MF-19:デニス・ロンメダール(74分-32:ゲオルギ・ガコーキーゼ)
 6:マルク・ファン・ボンメル
 14:ヨハン・フォーゲル
 11:ヨーナス・コルッカ(65分-7:アディル・ラムズィ)
FW-10:アーノルト・ブルッヒンク
 15:ヨン・デ・ヨンク

1.FCカイザースラウテルン
GK-26:ゲオルグ・コハ
DF-6:ハリー・ラムズィ
 24:ハリー・コハ(46分-8:ディミトリス・グランモジス)
 30:マリオ・バスラー
 21:ジェフ・シュトラッサー
MF-22:アンドレアス・バハ
 17:ラティーニョ
 7:マリアン・フリストフ
 25:ミロスラフ・クロセ(54分-12:マルコ・レイヒ)
FW-10:ウラティスラフ・ロクヴェンツ
 9:イェルゲン・ペテルソン

主審:アントニオ・ロペス・ニエト(エスパーニャ)
--
待ってろよバルサ by 砂利

UEFAカップ:準々決勝2nd-Leg
ゲルマン・リヴァプール 2-0(2-0) FCポルト
33分:ダニー・マーフィ、38分:マイコー・オーウェン

ゲルマン・リヴァプール
GK-1:サンデル・ヴェステルフェルト
DF-2:シュテファン・ヘンホス
 6:マルクス・バッベル
 12:サミ・ヒーピア
 23:ジェイミー・キャラハー
MF-7:裏地見る・シュミツェル(74分-37:砂利・リトマネン)
 13:ダニー・マーフィー(89分-3:クリスティアンツィー毛)
 16:ディットマー・ハマン
 17:スティーヴン・ジェラード
FW-10:マイコー・オーウェン
 9:ロビー・ファウラー(74分-8:エミール・ヘスキー)

FCポルト
GK-44:ペドロ・エスピーナ
DF-3:フェルナンド・アウヴェス
 5:カルロス・パレデス
 7:カルロス・セクレタリオ(46分-10:デコ・ソウザ)
 13:ジョルジュ・アンドラーデ
MF-15:ドミトリー・アレニチェフ
 20:パウリーニョ・サントス(80分-23:シルヴィオ・マリッチ)
 25:カンヂード・コスタ(46分-21:ヌーノ・カプーショ)
 28:クレイトン・クルス
FW-31:イェズス・ペーナ
 33:リカルド・シウヴァ

主審:キム・ミルトン・ニールセン(おデンマーク)
--
シビリアン・コントロール

PSVキャプテン:マルク・ファン・ボンメルへの赤札に激怒したPSVファンがゲートを突破し、試合が一時中断された模様。PSV監督エリク・下劣はじめ、選手たちの必死の説得と、「席に戻ってください」のアナウンスで、騒ぎは収まったものの、カイザース監督アンドレアス・ブレーメは「生きた心地がしなかった」らしい。

アンドレアス・ブレーメ 「殺されるかと思った」

リヴァプール監督ジェラール・ウーリエ 「私にとって今月最も重要な試合は、日曜のダービー戦だ。3つのカップを獲ったとしても、チャンピオンズ・リーグ出場権を逃したら意味がない。今日のポルトは期待外れだったね。思ったより弱かったくらいだよ。後半の彼らは個性も覇気もなかった。しかし、彼らが悪いチームだったというわけじゃない。我々の方が勝っていたし、選手がクレジット通りの動きをしただけのことだ」

リヴァプールFWマイコー・オーウェン 「チーム全体がすごく上手くいったと思う。前半でノックアウトさせて、後半でスピード・ダウンすることができたし、いい仕事だったよ」

ポルト監督フェルナンド・コスタ 「勝負が決まるいくつかの瞬間があった。最初はリヴァプールの先制点。TVモニターで観たが、あれは確かにハンドだった。2番目は、クレイトン・クルスのシュートがセーブされた直後に失点して、試合は終わった。スタメンを6人も入れ替えたのには訳がある。この試合にはスピードが必要だった。それに合った選手をピックアップしただけだ。クレイトンとカンヂード・コスタを出すというリスクを犯したのは私だ。敗北の責任は私にある。しかし、笛が鳴った後に試合を分析するのは簡単だよ」
--
だってヒマなんだもん

物好きにもハポン相手にヒマを潰し、エスパーニャに出向く腐乱巣代表(ラ・マルセイエーズ
GK
ハゲ茶瓶(マンチェスタ連合)
ウルリヒ・ラメ(ジロンダン・ボルドー)
DF
ヴァンサン・カンデラ(ASローマ)
マルセル・デサイー(チェルシー・ロートル)
フランク・ルブーフ(チェルシー・ロートル)
ミカエル・シルヴェストレ(マンチェスタ連合)
ビシェンテ・サナトリウム・リザラズ・バスク(バイエルン・ミュン変)
リリアン・テュラム(牛乳屋)
クリスティアン・カランブーりん(ミドルスブラ)
MF
サブリ・ラモウシ(牛乳屋)
ヨハン・ミクー(牛乳屋)
クロード・マケレレ(レアル・へなちょこ)
エマニュエル・ぷちっ(アヤックス・バルセロナ)
ロベール・ピレス(フレンチ・アーセナル)
パトリク・ヴィエラ(フレンチ・アーセナル)
暴れ者将軍(湯弁戸巣)
FW
ティエリー・杏里(フレンチ・アーセナル)
ダヴィド・トレセゲ(湯弁戸巣)
シルヴァン・ウィルトール(フレンチ・アーセナル)
クリストフ・デュ生姜(ジロンダン・ボルドー)

ロジェ・ルメール監督 「ラモウシが戻るのは当然ザンス。私達は本気で彼を手放したわけじゃなかったザンス。でも、リーグはきついザンスからね、彼にはやらなければならない仕事が沢山あるザンス。W杯まで14カ月しかないことは十分承知しているザンスよ。大事な仕事はもう始まっているザンス。この2試合とクレルフォンテーヌでのキャンプは仮のもので、大事なものザンス。選手は評判で生きてはいけないザンス。行動で生きていかねばならないザンスよ。Bチームに回された選手は罰と思ってはいけないザンス。これもチャンスなんザンス」
--
叩き潰せ

2002W杯予選オランダ戦のポルトガル代表(国歌
GK
ペドロ・エスピーナ(FCポルト)
ジョアキム・シウヴァ "キム"(ブラガ)
DF
ルイ・ジョルジュ(スポルティング・リスボン)
フェルナンド・コウトちゃん(ケチャップ屋)
ロベルト・セヴェーロ "ベト"(スポルティング・リスボン)
カルロス・セクレタリオ(FCポルト)
セルジオ・コンセイソン(牛乳屋)
アベル・シャヴィエル(エヴァートン)
リトス・マガリャエス(ボアヴィスタ)
MF
ルイス・高いぞ・フィーゴ(レアル・へなちょこ)
ラクダさん(花組)
フェルナンド・メイラ(SLベンフィカ)
パウロ・ベント(スポルティング・リスボン)
コンティーニャ(ASモナコ)
アルマンド・テイシェラ "ペティット"(ボアヴィスタ)
ペドロ・バルボーサ(スポルティング・リスボン)
FW
ジョアン・ピント(スポルティング・リスボン)
ペドロ・レセンデス "パウレタ"(ジロンダン・ボルドー)
ヌーノ・カプーショ(FCポルト)
ヌーノ・ゴメス(花組)

アントニオ・オリヴェイラ監督 「若干の怪我人がいるが、この試合のために呼ぶ20人は、非常に強いチームにしてくれるはずだ。オランダは世界でも有数のタレントを持っている。お互いに重要な試合だが、私はホーム・アドヴァンテージを信じている。勝利を目指す願望こそ、我々を勝利へ導くだろう」
--
まだロングボール1本か?

2002W杯予選ポーランド、ベラルーシ戦のノル毛(国歌

GK
モアテン・バッケ(モルデ)
トーマス・ミューレ(FCケーベンハウン)
DF
ヘニンク・ベルク(ブラックバーン・ローヴァーズ)
アンドレ・ベルドルモ(アヤックス・アムステルダム本店)
ダン・エッゲン(デポルティボ・アラベス)
クラウス・ルンデクヴァム(サウザンプトン)
ヴィダル・リセツ(TSV1860ミュンヘン)
スターレ・ステンソーズ(ローゼンボリ・トロンヘイム)
MF/FW
トレント・アンデルソン(ウィンブルドン)
エイリク・バッケ(リーズ連合)
ヨン・カリュ(バレンシアCF)
ダグフィン・エネリー(ローゼンボリ・トロンヘイム)
トレ・アンドレ・風呂(ダッチ・レンジャーズ)
トルステイン・ヘルスタット(ブラン・ベルゲン)
ステフェン・イヴェルセン(トッテナム・ホットスパー)
トミー・スヴィンダル・ラルセン(スタベーク)
俺・グンナー・スールシャール(マンチェスタ連合)
ヨー・テッセム(サウザンプトン)

ニリス・ヨハン・センブ監督 「我々は喉元にナイフを突きつけられた状態だ」
--
内情はわかってる

2002W杯予選陰愚乱度戦に、陰愚乱度内で働く10人を呼び寄せるスオミ代表(国歌

GK
アンティ・ニエミ(ハーツ)
テウヴォ・モイラネン(プレストン・ノース・エンド)
DF
サミ・ヒーピア(ゲルマン・リヴァプール)
トニ・クイヴァスト(ヴィーキング・スタヴァンゲア)
ペトリ・パサネン(アヤックス・アムステルダム本店)
ヤンネ・サーリネン(ローゼンボリ・ティルブルク)
ハンヌ・ティヒネン(西ハム連合)
ハリー・イトネン(ブラン・ベルゲン)
MF
トンミ・グロンルント(トレーレボリ)
ペトリ・ヘリン(ルートン町)
ヨーナス・コルッカ(PSVアイントフォーフェン)
ミカ・ヌルメラ(SCヘーレンフェーン)
アキ・リーヒラーティ(ヴァレレンガ)
ヤルッコ・ウィス(ストックポート市)
FW
ミカエル・フォルセル(水晶宮)
ヨナタン・ヨハンソン(チャールトン・アスレティック)
シェフキ・クキ(ストックポート市)
砂利・リトマネン(ゲルマン・リヴァプール)
--
強いのか弱いのか、それとも大穴か

2002W杯予選ロス毛、ユーゴスラヴィ屋戦のスロ紅屋(国歌
GK
ムラデン・ダバノ奴(ロケレン)
デヤン・ネメツ(クラブ・ブルージュ)
マルコ・シメウノ奴(マリボル)
DF
スパソイェ・ブラユィッチ(FCケルン)
アレクサンデル・クナヴス(ティロル・インスブルック)
ゼリコ・ミリウノ奴(犬市原)
ムアメル・ヴグダリチ(マリボル)
MF
ミレンコ・アチモ奴(ツルヴェナ・ズヴェズダ)
アレス・セー(GAKグラーツ)
ササ・ガイセル(ゲント)
ドゥゾニ・ノヴァーク(SpVggウンターハッヒンク)
ミラン・パフリン(FCポルト)
ゾラン・パフロ奴(ディナモ・ザグレブ)
ライコ・タフカル(1.FCニュルンベルク)
ズラッコ・サザエさん(バレンシアCF)
FW
セバスティアン・チミロティッチ(オリンピヤ・シュブリアナ)
ミラン・オアステルチ(ハポエル・テル・アヴィヴ)
ムラデン・ルドニア(ポーツマス)
エルミン・シリアク(ブラッドフォード市)

スレツコ・カタネッチ監督 「4日間でタフな試合が2つ。相手は明らかに我々より上だ。しかし、我々は立場を逆転させてみせる。選手達には、普段クラブでやらないような、多くのタスクが要求されることになる。ユーゴのドラガン・ストイコ奴やプレドラグ・宮戸奴が出て行ったことには触れたくない。ウチにはウチの事情があるんでね、他所様の問題にまで首を突っ込む余裕はない。まあ、あの2人がいなくたって、ユーゴにはいくらでも代えがいるだろう。我々には余り良いことじゃないね。ロートルより、若くてやる気満々の男の方が怖い」
--
スットコ乱度にも国歌はある→多分コレ

2002W杯予選ベルギー、サンマリノ戦のスットコ乱度。
GK
ロバート・ダグラス(セルティック・グラスゴウ)
ジョナサン・ゴールド(セルティック・グラスゴウ)
アラン・メイン(セント・ジョンストン)
ニール・サリヴァン(トッテナム・ホットスパー)
DF
トム・ボイド(セルティック・グラスゴウ)
マット・エリオット(レスター市)
コリン・ヘンドリー(ボルトン・ワンダラーズ)
スティーヴン・プレスリー(ハーツ)
デヴィッド・ウェイア(エヴァートン)
MF
クレイグ・バーリー(ダービー・カウンティ)
コリン・キャメロン(ハーツ)
バリー・ファーガソン(ダッチ・レンジャーズ)
スコット・ゲンミル(エヴァートン)
ガリー・ホルト(キルマーノック)
ポール・ランバート(セルティック・グラスゴウ)
ドミニク・マッテオ(リーズ連合)
FW
ポール・ディッコヴ(マンチェスタ市)
ビリー・ドッズ(ダッチ・レンジャーズ)
ケヴィン・ギャラハー(新城連合)
ドン・ハッチンソン(サンダーランド)
アラン・ジョンストン(ダッチ・レンジャーズ)
--
ピーター・シリングってまだ生きてるの?

2002W杯予選ボスニ屋ヘルツェゴヴィナ、イスラエル戦のオーストリ屋(オーストリ屋国歌で検索してやっとこさ見つけたものの、とても国歌とは思えないナゾのMIDI・笑)

GK
フランツ・ヴォルハールト(オーストリ屋ウィーン)
アレクサンダー・マンニンガー(フレンチ・アーセナル)
DFミヒャエル・バウル(ティロル・インスブルック)
ミヒャエル・ハッツ(ラピド・ウィーン)
アルティン・ハイデン(オーストリ屋ウィーン)
ロベルト・イベルツベルガー(SKシュトルム・グラーツ)
ギュンター・ニュー・キルヒナー(SKシュトルム・グラーツ)
マルティン・シュトランツル(TSV1860ミュンヘン)
MF
トーマス・フローゲル(ハーツ)
アンドレアス・魔界転生・ヘルツォーク(ヴェルダー・ブレーメン)
アルフレド・ホルトナグル(ティロル・インスブルック)
ローラント・キルヒラー(ティロル・インスブルック)
ジルベルト・プリラスニク(SKシュトルム・グラーツ)
マルクス・ショップ(SKシュトルム・グラーツ)
ディットマー・キューバウア(VfLウォルフスブルク)
ハラルト・チェルニー(TSV1860ミュンヘン)
FW
マリオ・ハース(SKシュトルム・グラーツ)
トミスラフ・コチヤン(SKシュトルム・グラーツ)
イヴィツァ・ヴァスティッチ(SKシュトルム・グラーツ)
クリスティアン・マイレブ(オーストリ屋ウィーン)

おっと・バリッチ監督 「シュトルムの選手は最も多くの大会でもまれ、素晴らしい成績を残した。その実績は相手国や観衆に畏怖を与えるだろう。チームの変更は、週末のリーグ戦を見てからだ。誰かが100%やりきれてないと気づいたら、行動をとるよ」
--
北国へ向かうブルガリ屋国歌

2002W杯予選アイスランド、北アイル乱度戦のブルガリ屋代表
GK
ズドラフコ・ズドラフコフ(イスタンブルシュポール)
ディミタール・イワノフ(レフスキ・ソフィア)
DF
プレドラグ・パズヒン(コカエリシュポール)
ロッセン・キリロフ(アダナシュポール)
暮らし見る・チョマコフ(ラヴェンナ)
アレクサンデル・トマシュ(CSKAソフィア)
ゲオルギ・マルコフ(レフスキ・ソフィア)
MF
ゲオルギ・ペーフ(ディナモ・キエフ)
暮らし見る・バラコフ(VfBシュトゥットガルト)
ミレン・ペトコフ(AEKアテネ)
ストイコ・ストイロフ(1.FCニュルンベルク)
ラドスティン・キシシェフ(チャールトン・アスレティック)
イリアン・ストヤノフ(レフスキ・ソフィア)
ビセル・イワノフ(レフスキ・ソフィア)
スヴェトスラフ・ペトロフ(CSKAソフィア)
FW
マリアン・フリストフ(1.FCカイザースラウテルン)
スヴェトスラフ・トドロフ(西ハム連合)
マルティン・ペトロフ(セルヴェッテ)
ディミタール・ベルバトフ(バイヤー04レーファークーゼン)
ゲオルギ・イワノフ(レフスキ・ソフィア)
--
グルジ屋

2002W杯予選ルーマニ屋戦のグルジ屋代表(国歌
GK
ダヴィド・グヴァラマーゼ(トルペド・クタイシ)
イラクリ・ゾイーゼ(トルペド・クタイシ)
DF
カハ・カラーゼ(あ〜れ〜ミラン)
ズラブ・・キザニシュヴィリ(ダンディ)
レヴァン・コビアシュヴィリ(FCフライブルク)
レヴァン・シラガーゼ(トルペド・クタイシ)
セヴァスティ・トドゥア(トルペド・クタイシ)
レヴァツ・ケモクリーゼ(トルペド・クタイシ)
MF
ゲオルギ・ネムサーゼ(ダンディ)
ゲオルギ・キンクラーゼ(ダービー・カウンティ)
テムール・ケツバイア(ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ)
ゴチャ・ヤマラウリ(FCチューリヒ)
アレクサンデル・レクヴィアシュヴィリ(スコント・リガ)
ズラブ・メンテシュヴィリ(スコント・リガ)
FW
ショタ・アルヴェラーゼ(アヤックス・アムステルダム本店)
アーチル・アルヴェラーゼ(1.FCケルン)
ミハイル・カヴェラシュヴィリ(FCチューリヒ)
アレクサンデル・イアシュヴィリ(FCフライブルク)
ザザ・ソザーナシア(ロコモティフ・モスクワ)
ミハイル・アシュヴェティア(トルペド・クタイシ)
--
ベラルーシ

2002W杯予選ウクライナ、ノル毛戦のベラルーシ代表
GK
ゲンネディ・トゥミロヴィッツ(無所属)
ヴァレリー・シャントロソフ(ベルシーナ・ボブリウスク)
ヴァシリー・キムントフスキ(ヴァルドホフ・マンハイム)
DF
アンドレイ・オストロフスキ(マッカビ・ハイファ)
アンドレイ・ラフリーク(ロコモティフ・モスクワ)
エリク・ヤキモヴィッツ(ガジアンテシュポール)
セルゲイ・シュタニューク(アントワープ)
アレクサンデル・ルクフヴィッツ(トルペド・モスクワ)
セルゲイ・ヤスコヴィッツ(アンジー・マクハチュカラ)
裏地見る・シュネイコ(クリリア・ソヴィエトフ・サマラ)
エドゥアルド・ボルトルシェヴィッツ(ファケル・ヴォロネズ)
MF
ヴァレンティン・ベルケヴィッツ(ディナモ・キエフ)
アレクサンデル・カツケヴィッツ(ディナモ・キエフ)
セルゲイ・グレンコ(レアル・サラゴサ)
ヴァシリー・バラノフ(スパルタク・モスクワ)
ラディスラフ・オルロフスキ(ファケル・ヴォロネズ)
マキスム・ロマシュチェンコ(ガジアンテシュポール)
ヴァディム・スクリプチェンコ(ウララン・エリスタ)
アレクサンデル・クルチー(シンニク・ヤロスラヴル)
アンドレイ・ミレフスキ(シャクタル・ソリゴルスク)
FW
ニコライ・リュンデューク(ガジアンテシュポール)
ロマン・ヴァシチューク(スラヴィア・モジール)
ヴァレリー・ストリペイキス(スラヴィア・モジール)
--
アルメニ屋国歌

2002W杯予選:ウェールズ、ポーランド戦のアルメニ屋
GK
アルトゥン・アブラミャン(アラクス・インペクス・イェレヴァン)
アルメン・アンバツミャン(ボテフ・プロフディフ)
マイス・アジジアン(アララト・イェレヴァン)
DF
サルキス・オフセピアン(ツェニート・サンクト・ペテルスブルク)
イェルヴァンド・スキアシャン(クロッペンブルク)
アルチュン・ヴァルダニャン(ヤング・ボーイズ・ベルネ)
アルトゥール・ムクルティチャン(ピュニーク・イェレヴァン)
アルカディ・ドクホヤン(アラクス・インペクス・イェレヴァン)
アルメン・ペティキャン(ミカ・アシュタラク)
オガネス・デミルチャン(スタール・アルチフスク)
ムラド・セロビャン(マルコ・アテネ)
MF
アルツゥール・ペトロシャン(ヤング・ボーイズ・ベルネ)
アルベルト・サルキシャン(ロコモティフ・モスクワ)
カレン・ドクホヤン(クリリャ・ソヴィエトフ・サマラ)
アルトゥール・ヴォスカニャン(無所属)
ロミク・カチャトリャン(オリンピアコ巣ニコシア)
フェリクス・クホドズホヤン(アラクス・インペクス・イェレヴァン)
アルトゥール・ミナシャン(アラクス・インペクス・イェレヴァン)
アルタク・ミナシャン(アラクス・インペクス・イェレヴァン)
コーリャ・エプラノシャン(アラクス・インペクス・イェレヴァン)
アルタヴァズド・カラミャン(ピュニーク・イェレヴァン)
FW
アンドレイ・モフセシャン(サトゥルム・ラメンスコイェ)
アラム・アコピャン(アラクス・インペクス・イェレヴァン)
アイク・アコピャン(アラクス・インペクス・イェレヴァン)
アルメン・シャクゲルディアン(無所属)
ヴァラザト・アヴェティシャン(ピュニーク・イェレヴァン)
アルマン・カラミャン(ピュニーク・イェレヴァン)
--
あの男が帰ってくる

2002W杯予選ボリビ屋戦のコロンビ屋(国歌
GK
オスカル・コルドバ(ボカ・フニオルス)
ミグェル・カレロ(パチューカ)
DF
ヘラルド・ベドヤ(デポルティボ・カリ)
マリオ・イェペス(リーベル・プラテ)
ゴンサロ・マルティネス(トリマ)
ヘルソン・ゴンサーレス(アメリカ)
アルレイ・ディナス(デポルティボ・カリ)
アンドレス・オロスコ(メデリン)
ルビエル・クィンターナ(デポルティボ・カリ)
MF
アレックス・ビベロス(フルミネンセ)
フレディ・グリサレス(アトレティコ・ナシオナル)
マウリシオ・セルナ(ボカ・フニオルス)
ダビド・フェレイラ(アメリカ)
ルイス・ガルシーア(アメリカ)
ビクトル・ウーゴ・アリスティスバル(デポルティボ・カリ)
FW
ファウスティノ・アスプリージャ(フルミネンセ)
ビクトル・ボニージャ(トゥールーズ)
ネストル・サラサール(アトレティコ・ナシオナル)
ファン・パブロ・アンヘル(アストン・ヴィラ)
--
コパ・リベルタドーレス:Group-2

スポルト・ボーイス 1-4 パルメイラス
スポルト…75分:ジミー・アスプリージャ
パルメイラス…24・43分:トゥータ、30分:アレックス、48分:ロペス

Standings----------P W D L F A Pts
1. パルメイラス(ブラ汁) 2 2 0 0 6 2 6
2. セロ・ポルテーニョ(パラグァイ) 2 2 0 0 5 1 6
3. ウニベルシダ・デ・チレ(チレ) 3 1 0 2 3 4 3
4. スポルト・ボーイス(ペルー) 3 0 0 3 2 9 0

コパ・リベルタドーレス:Group-6

アメリカ 0-3 ガマのバスク人
30分:ジュニーニョ・パウリスタ、54分:クレブソン、82分h:エウレル

Standings----------P W D L F A Pts
1. アメリカ(コロンビ屋) 3 3 0 0 7 2 9
2. ガマのバスク人(ブラ汁) 1 1 0 0 3 0 3
3. ペニャロール(ウルグァイ) 3 0 1 2 2 4 1
4. デポルティボ・タチーラ(ベネスエラ) 2 0 1 1 0 3 1
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-