Make your own free website on Tripod.com
03. 20
MARZO
FEBRERO
ENERO 2001
フリーズ

UEFAカップでベスト8まで進んだにも関わらず、滅多に満員御礼にならないラーヨ・バリェカーノ・マドリーが、身売りを決心した模様。テレサちゃん、ショックぅ。因みに、言い値は1億ドル。

マリーア・テレサ・リベロ・サンチェス・ロマーテ会長 「ウチの亭主が『もう沢山だ』と言う日が来るかもしれないわ。だって、エスタディオにお客さんが来てくれないんですもの。やんなっちゃうわ。でも、ウチの亭主(オーナー)も馬鹿じゃないわよ。億万長者が現れて、買いたいって言われたら売ることになると思うの…悲しいことだけど。実は今までも買収の話はあったのよね。でも、どれも私たちが要求する200億ペセタには満たない額だったの。ファンデ・ラモス監督には残ってもらいたいと思うわ。この3年間、色々とオファーがあったのは確かよ。優秀な監督だもの。でも、彼がどうするかは、私にはわからないわ」

レアル・へなちょこのチャンピオンズ・カップ5連覇当時の選手で、元腐乱巣代表ライモン・コパのメダル・コレクション及び記念品類が、4月11日のウォルヴァーハンプトンで競売にかけられるらしい。オークションの目玉は、レアル・へなちょこでのチャンピオンズ・カップ57〜59の優勝メダル3個で、75000〜10万ポンドの値がつく見込み。

W杯予選のルーマニ屋戦を控えてトビリシでキャンプを行っていたグルジ屋代表だったが、税務局に蹴球連盟の口座を凍結されて大騒ぎらしい。差し押さえを免れるには、15万ドルの支払いが必要で、連盟はW杯予選のTV放映権や、UEFAの交付金5万ドルで埋めようと試みたものの、口座が凍結されていては受け取れないのであった。まさしくフリーズ(笑)。

陰愚乱度プレミアシップ・リーグは、大手ケーブルTV局NTLとの契約交渉の決裂で放送権料の減少が堪えたらしく、再び交渉の席を設けるつもりらしい。今度の交渉が成立すれば、大部分の試合がペイ・パー・ビュー方式になる可能性が大。それでも、リーグ側は金が欲しいらしい。
--
ゼブラの弁当…やだやだ

商売熱心な湯弁戸巣は、オフィシャルWEBのアクセス元の20%が極東、つまりハポンだったことから、アジア市場でライセンス商品販売を展開する模様。ロンドンのライセンス会社ジラフとの3年契約で、年商1200万ドル以上を目指すらしい。因みに、売り出されるのは、ハポンの婦女子ウケを狙った弁当箱から、蹴球小僧向けのゲームソフトまで多種多様。しかし、ハポンまで来て記者会見するたぁ…デルピーに弁当箱持たせて立たせりゃ、山ほど売れるぞ(笑)。

ウンベルト・アグネッリ名誉会長 「極東はビッグ・マーケットだ。そこには我々の人気を拡大する余地がある。ジャポーネのカルチョ熱は拡大しているし、更に多くの人にセリエAの支持者になってもらいたい。勿論、湯弁戸巣のティフォージになって頂くよ。そういえば、何年か前にンナカータがトリノで練習に参加したことがあったね。ロベルト・ベッテガは彼の良さを理解しなかった。それで、去らせてしまったんだ。ジャポーネのメルカートに良い選手がいれば、喜んで湯弁戸巣に迎えるよ」

湯弁戸巣の腐乱巣代表MF暴れ者将軍が、国連貧困救済キャンペーンの親善大使に正式に任命され、ジュネーヴにて記者会見を行った模様。同大使にはインテル・へぼへぼのブラ汁人FWホナウドや、USAの俳優ダニー・グローヴァーも名を連ねております。
--
太陽系縦断ウルトラクイズ

CNN-SIが行っている「チャンピオンズ・リーグ優勝はどこだ」というWEBアンケートによると、11000票余りの投票で、レアル・へなちょこがダントツの1位らしい…あああ〜プレッシャーがぁっミ しかし、ガラクタサライが17%って…(笑)。どうでもいいが、上位4チームはいずれも直接対決で消去される運命にある(爆)。オレとしては、去年と同じファイナルで、バレンシアが劇的優勝して、コパ・インテルコンティネンタルに来てくれると激嬉しい←おいおい。

レアル・へなちょこ:34%、マンチェスタ連合:25%、ガラクタサライ:17%、バイエルン・ミュン変:9%、フレンチ・アーセナル:6%、バレンシアCF、リーズ連合:3%、RCDラ・コルーニャ:2%

エスパーニャ蹴球連盟は、デポルティボ・アラベスのアル全珍人GKマルティン・オラシオ・エレーラの選手資格を凍結。所有するイタリ屋パスポートに偽造の疑いがあるため。現在調査されているのは、ラーヨ・バリェカーノ・マドリーのアル全珍人FWグスタボ・ハビエル・バルテルト、CDテネリフェのバレタ、フェデリコ・バサビルバソ、ヘタフェのアマリージャ、グラナダのモヤ。

スポーツ大臣が蹴球連盟を勝手に解散させたギニアに対し、FIFAは「復職させなかったら国際試合から追放するぞ」と最後通告をしていたが、結局無視されちゃったらしい。これによりギニアは、W杯予選どころかアフリカ・ネイションズ・カップ予選も出場不可能になるのは時間の問題。
--
ショート・サーキット

開幕ダッシュで首位につけていたはずが、気づけばB落ちラインまで6ポイント地点に落ちてしまった、まるで去年までの犬市原のようなウディネーゼは、牛乳屋に敗れた腹癒せに、噂通りルイジ・ディ・カーニオ監督を更迭。後任には、元散布ドリア監督ルチアーノ・スパレッティ、ジャンルカ・ヴィアッリなどの名前が挙がっているものの、アレッサンドロ・ザンパ・アシスタントが一時的に指揮を執る模様。

トッテナム・ホットスパーは、今季終了までデヴィッド・プリート暫定監督に指揮を執らせることにした模様。

ノン・エクデクティヴ:ダニエル・レヴィ 「思いがけない事でも起きない限り、今季末まで誰も雇用するつもりはない。じっくりと陰愚乱度とヨーロッパからセレクトするつもりだ。我々の希望は長いスパンでクラブの未来を作ることであり、監督という重要な決定を急がないつもりだ」

デヴィッド・プリート暫定監督 「私にはアプローチ、あるいはミーティングもない。この先のことは成るようになるだろう。私が知っているのは、今季いっぱいはスパーズの選手の世話を続けるということだけだよ。嬉しいことだけどね」

ジャンルカ・ヴィアッリの代理人アトーレ・スティル 「ジャンルカには今季、ヨーロッパ各地から色々オファーがあったクチだ。しかし、シーズン中の就任はない。彼がフットボールに復帰するときは、きちっと契約をするだろう。シーズンの初めに、新しい監督として就任することを、ジャンルカは望んでいる」

昔スパーズにいたスティーヴ・清水・ペリマン 「私にはENICからの接触は100%ないよ。次の仕事を考えるなら、とにかくハポンに戻りたい。ホドルが仕事を手に入れて、私に手伝ってくれと言うなら、何を心配する必要があるんだい?グレンは代表の監督だったし、クラブとのラインも一致しているし、人気も高い。スパーズに行くのに何の問題もないだろう。個人的にはジョージ・グラハムは素晴らしい監督だったと思うよ。でも、ホドルが全ての条件を満たしているのは確かだ」
--
ボクたち一体どーすれば…?

トッテナム・ホットスパーの若手選手3人が、ジョージ・グラハム前監督が恋しくて泣いている模様。

MFステファン・クレメンス22歳 「僕は監督にずっと従ってきたし、選手たちは皆そうだったはずだ。ジョージは選手としての僕を改善してくれたんだ。彼が出て行くなんてガッカリだよ」

DFルーク・ヤング21歳 「個々では皆がお互いのためにプレーしているのに、以前から口論がよくあったんだ。ジョージは大きなチーム・スピリットを作り始めていたのに。こんなことになるなんて信じられないよ。何も、FAカップがまだ残っているこの時期にやることじゃないよ。タイミングが悪すぎる」

MFレドリー・キング20歳 「出て行くその時まで、彼はベストなチーム精神を強化していた。彼が出て行くのを見るのは辛かった。彼は何も悪いことをしていないし、能力を持った監督だよ。彼はをデビューさせてくれて、すごく信頼してくれた」

あ〜れ〜ミラン移籍が噂されるトッテナム・ホットスパーのウクライナ代表FWセルゲイ・レブロフは、「俺はスパーズがいいんだぁっ!」と壊れているらしい。

トッテナム・ホットスパーは、DFソル・キャンベルに週給14万ドルで契約延長オファーを出すらしい。現在の契約は今年の6月まで。なお、今回のオファーでは、肖像権を選手本人が所有するという条項があるらしい。

トッテナム・ホットスパーからオファーがあったサウザンプトンDFディーン・リチャーズが、2005年まで契約を延長。また、同じくスパーズから引き合いがあったモロッコ人MFハッサン・カチュロウルについても、オファーを拒否したらしい。
--
立て万国の蹴球者

レアル・マジョルカ島に敗れて、バレンシア&RCDラ・コルーニャにお付き合いしてしまったレアル・へなちょこのポルトゥガル代表MFルイス・高いぞ・フィーゴは、「審判にもっと文句を言おう」と呼びかけているらしい。おいおい。

ルイス・高いぞ・フィーゴ 「最近の我々の試合におけるジャッジは、普通じゃなかった。審判に泣き、審判に助けられる。レアル・マジョルカ島戦では、後半15分プレーしただけでも、すごい数のファウルがあった。正当なジャッジが欲しいなら、もっと審判に不満を言うべきだ」

レアル監督ビセンテ・デル・ボスクェ・ゴンサーレス 「私は審判についてのコメントはしない。しかし、我々のプレーは良くなかった。平凡なゲームで、今季最悪の出来だった」

ラシン・ストラスブール戦後にスパイクを客席に投げ込んだオリンピック・リヨンMFヂャメル・ベルマディがクラブの番組枠で、マルセイユ・ファンに「ごめんくさい」と言ったらしい。

ヂャメル・ベルマディ 「オレの行動は許されるものじゃない。処分の覚悟は出来ている。いつもより緊張する試合だったし、すごくイラついてたんだ。こっちには2部落ちなんて関係ないからね。でも、マルセイユ・ファンの誰彼構わず投げたわけじゃない。ある特定の人物を狙ったことを認めるよ。彼の憎悪の表情は、とんでもなくすごかった。まるでオレが親の仇とでも言うような顔だったよ」

ブラ汁政府は、ブラ汁人選手の偽造旅券や違法移籍の巣窟がベルギーにあるとの報告書を作成、ベルギー調査当局へ提出したらしい。ベルギーに帰化して代表にまでなったボローニャFWルイス・オリヴェイラがベルギーへ渡った時に使った、元々ののブラ汁旅券が偽造だったことが起因しているらしい。
--
諦めました

パリ・サン・ジェルマンならスタメンでヨーロッパ・カップに出られると踏んでいたフレデリック・デウーは、ジロンダン・ボルドーに負けたことで、すっかり諦めちゃったらしい。今季の補強は、クラブ史上最高額を投資したのにねぇ。

フレデリック・デウー 「ヨーロッパでプレーする最後のチャンスだったのに、悪い癖でまた滑ってしまった。我々は残り6試合を全勝する必要があった。でも、もう事実を直視しなければならない。もう見せかけは通じない。この先の5試合はプライドの戦いだ。我々に残された可能性は、1つでも順位を上げることだ。ファンを納得させるために、今季を忘れ去る努力をしなければ…」

トラブゾンシュポール戦にホームで3-1で勝ち、就任第1戦を白星で飾ったベジクタシュ監督クリストフ・ダウムが、「優勝なんて夢は見ないように」と、まるで犬市原のようなことをヌカしたらしい(笑)。ベジクタシュは現在4位、首都の差は9ポイント。

クリストフ・ダウム 「優勝の夢を見たい人は夢を見続けるといい。しかし、私はリアリストだ。2位だって難しいと思うよ」

チェッキ・ゴーリ会長追放運動に、5000人を超える署名が集まっている花組では、ポルトゥガル代表MFラクダさんが、「夏には選手が大挙して出て行くだろう」と言い放っている模様。

ラクダさん 「多くの選手が出て行くことになるだろうね。その多くは経済的な理由だよ。あ〜れ〜ミラン?私に興味を盛ってくれるのは名誉なことだと思う。トップを目指してスタートするクラブでプレーするのは大事なことだ。私達は勝つためにやってるんだし。今季の花組は最初から問題が多かった。バティはいなくなるし、テリムは上とモメっぱなしだったし、チームのムードはそりゃ暗かったよ」

ブラッドフォード市DFアンドリュー・オブライエンが、新城連合へ移籍。
--
幸せいっぱい夢いっぱい

スットコ乱度リーグ・カップ優勝をハット・トリックで決めたセルティック・グラスゴウのスヴァーリェ代表FWヘンリク・ラーションが、「ささやかな」お祝いパーティをするらしい。ヘンケが今季決めたゴール総数は47…化け物だ。

ヘンリク・ラーション 「今夜セルティックでちょっとしたパーティを開くよ…俺達は本当にハッピーなんだ。パフォーマンスでも、結果でも。チーム全員が一生懸命働いたご褒美さ。勿論、ゴールを決めるのはグレイトだったよ。ハット・トリックも嬉しかったけど、決勝となればまた格別だね。やろうとしていたことが、思い通りに運んだんだ。みんなが非常に幸せだから、小さいパーティをするけど、まだやるべき仕事があるのはわかってる。仕事に戻る前に、ちょっとだけ楽しませてくれよ。カップ戦に優勝しただけで終わらないからさ」

マンチェスタ連合MFデヴィッド・バカ旦那は、しょっちゅう蹴球ドリー夢を見ているらしい。

デヴィッド・バカ旦那 「いいところでCKを蹴ったり、代表のビッグ・ゲームに出ているところで目が覚めるんだ。そんな夢をしょっちゅう見ているよ。つまり、オレにとってフットボールが生活の大部分を占めてるってことなんだろうな。結婚するまでは、フットボールが人生の全てだったし。今はメイン・テーマで、大きな意味があるものだよ。最近見た夢は、陰愚乱度代表でトロフィを貰って、誇らしげにファンに見せているというやつさ。吉兆ってやつかな。きっと現実になると思うなぁ。だって、99年のチャンピオンズ・リーグの前にも、絶体絶命から優勝する夢を見たんだから。夢の中ではロスタイムまで戦って、やっとこさ勝ったんだ」
--
無駄な足掻きと言われても

陰愚乱度代表から外されたアストン・ヴィラMFギャレス・南門30歳は、「これで代表が終わったわけじゃない」と、諦めていない模様。

ギャレス・南門 「アーセナル戦の後、Mr. エリクソンから電話を貰った。大体において、代表の監督からの電話ってのは、良い報せより悪い報せだと思うね。彼は何故今回オレを選ばなかったのか理由を説明したよ。最近のオレは7〜8週で2試合しか出ていない。それがネックだったんだってさ。でも、これで俺の国際キャリアが終わったわけじゃない。Mr. エリクソンは新しい選手を陳列して、オレみたいな経験豊かな人間を終わらせたいと提案した。俺は賛成しないね。テディ・シェリンガムとかデヴィッド・シーマンは何なんだ?彼らは30代なのに呼ばれてるじゃないか。時間があれば解決できるさ。オレが結果を出せばいいだけのことだよ。オレはまだまだ陰愚乱度代表のレギュラーである資格があると思う」

相次ぐ負傷で99年5月から全くプレーできていないマンチェスタ連合のスヴァーリェ人MFイェスペア・ブロムクヴィスト27歳は、引退の危機に直面している模様。IFKイェテボリのキプロス・キャンプで傷めた膝は、99年のチャンピオンズ・リーグで傷めた場所そのもの。

イェスペア・ブロムクヴィスト 「1歩進んで2歩下がるとは、今の僕のことだ。今の状態にとてもヘコんでいる…これで良くならなかったら、試合を辞めることを考えているよ。膝がひきつって物凄く痛かったんだけど、すぐにおさまった。1〜2日安静にして、来週にはどうなるかわかるだろう。でも、またプレーしたい。引退なんかしたくないよ」

花組DFパオロ・ヴァノーリがボローニャ戦で負傷し、全治2カ月。
--
よりによってこの時期に

アヤックス・バルセロナMFルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシーアが、ヌマンシア戦で左膝靭帯を負傷し、エスパーニャ代表を辞退。やっぱ、バルサ行ってからケガが多いよ、お前。まあ、リヒテンシュタインだからいいけどよー。

ヴェローナのルーマニ屋代表FWアドリアン・武藤がヴィツェンツァ戦で負傷し、イタリ屋戦を辞退。バレンシアFWアドリアン・入江も負傷が癒えてないだけに、先行きがとっても不安なルーマニ屋であった。が、ラディスラフ・ボローニ監督はヌマンシアMFラウレンティウ・ロスを除外したらしい

ルーマニ屋監督ラディスラフ・ボローニ 「開始10分で武藤は膝を捻ってしまった。私のチームに大きな打撃だ。武藤のケガは我々が思っていたより重傷で、早急にオペが必要だ。ロスは、ベストフォームじゃなかったから落としただけだ」

コソボ、アルバニアのゲリラ活動が活発化しているFYRマケドニ屋とのW杯予選を28日に控えているトルコは、開催地変更を考慮している模様。アルバニア勢力の逃走が激化しているテトヴォ地区が、試合会場のあるスコピエから45kmしか離れていないため、国連の判断を仰いでいるそうな。

トルコ監督セノル・グネス 「この話題を強調したくない。国連が内戦状態を宣言したなら、UEFAとFIFAは必要な処置を講じてくれるだろう。我々はマケドニ屋の他の地区、あるいは国外でもプレーできる」

陰愚乱度代表監督スヴェン・御覧・エリクソンは、エスパーニャ戦に引き続き、マンチェスタ連合MFデヴィッド・バカ旦那をキャプテンに指名したらしい。

スヴェン・御覧・エリクソン 「彼はエスパーニャ戦でよくやった。彼はまだ私のキャプテンだ。代える理由がない。シーマン?アルセーヌ・ヴェンゲー氏、アーセナルのフィジコとデヴィッドの話をしたが、彼は背中に問題を持っている。とりあえず呼んではみたが、彼の健康状態を言う事は出来ない。試合に間に合ってくれればいいんだが」
--
ヨ〜ロレイヒ〜〜〜

マンチェスタ連合の腐乱巣代表GK禿茶瓶は、全治2週間と診断された模様。当然、腐乱巣代表は不可能ザンス。

先週の練習中にチームメイトと接触し、右膝靭帯を傷めたケチャップ屋のチレ人FWマルセロ・田舎者・サラスは、全治2カ月と診断された模様。当然、W杯予選のペルー戦には出られましぇん…あうおーん。

足首を傷めた牛乳屋の腐乱巣代表DFリリアンちゃんは、ハポン戦には出ないことが濃厚。良かったなぁ(笑)。

何故かドどイツ代意表に選ばれ続ける、あ〜れ〜ミランFWオリヴァー・ビアホフは、「意外だった」と洩らしたらしい。

オリヴァー・ビアホフ 「確かにルディ・メルヒェンは、ベルティ・フォクツがユルゲン・クリンシに求めたキャプテンシーとは違うものを見ている。彼がオレを信じてくれているなら、その気持ちのために戦わねばならないね。それは素晴らしいことだ」

ルディ・メルヒェン監督 「僕も長くFWをやったから、ゴールなしの時にどうなるかはわかってる。非難されるのが当たり前だ。でもね、スランプは脱出できるものだし、オッリは再び爆発してくれると思うよ」

ウクライナ代表の合宿に参加したあ〜れ〜ミランFWアンドリー・シェフチェンコには、メディアから移籍の質問が集中している模様。ウクライナのマスコミによると、レアル・へなちょこ、フレンチ・アーセナルが接触しているらしい。

アンドリー・シェフチェンコ 「オレは選手だし、プレーするのが仕事だ。オレが売られるとか、誰を買うかなんて話は、クラブの会長に任せるよ。オレはまだミランの選手だ。ミランが今季をベストで終える手助けをしたい。でも、ミランはオレがプレーする最後のクラブじゃないよ」

アンデルレヒトDFグレン・デ・ボエク 「エリク・ファン・メイアがNo.1だったのは、オレにもよくわかってるさ。No.2のオレは、彼の控えで我慢するしかなかった。でも、彼の負傷で、オレにもチャンスが来たわけだ。スットコ乱度は重要だけど、マンチェスタ連合やディナモ・キエフよりはマシさ」
--
ファン・ガールなんか死に態だ

W杯予選アンドラ公国(バルセロナ)、ポルトゥガル(オポルト)のオランダwithアヤックス・バルセロナ(国歌)。アンドラ戦がバルセロナで開催されるのは、アンドラ国内に適当なスタジアムがないため。まぁ、すぐ近所だし。
GK
エトヴィン・ファン・出る猿(湯弁戸巣)
サンデル・ヴェステルフェルト(ゲルマン・リヴァプール)
DF
ミヒャエル・ライツィハー(アヤックス・バルセロナ)
Fデブ(アヤックス・バルセロナ)
フィリップ・コクー(アヤックス・バルセロナ)
ヤープ・顔面改造済・スタム(マンチェスタ連合)
ケヴィン・ホフラント(PSVアイントフォーフェン)
ヴィルフレト・ボウマ(PSVアイントフォーフェン)
MF
パウル・ボスフェルト(フェイエノールト・ロッテルダム)
パトリック・パーウヴェ(フェイエノールト・ロッテルダム)
マルク・ファン・ボンメル(PSVアイントフォーフェン)
エトハー・ダーヴィッツ(湯弁戸巣)
FW
ロイ・マカーイ(RCDラ・コルーニャ)
パトリック・××・クライファート(アヤックス・バルセロナ)
マルク・オフェルマルス(アヤックス・バルセロナ)
ブーデヴィーン・ツェンデン(アヤックス・バルセロナ)
ジミー・風呂糸・ハッセルバインク(チェルシー・ロートル)
ピエール・ファン・フーイドンク(SLベンフィカ)
ヴィクトル・シコラ(フィテッセ・アルンヘム)
ヤン・フェンネゴール・オフ・ヘッセリンク(トゥヴェンテ・エンシェーデ)
アーノルト・ブルッヒンク(PSVアイントフォーフェン)

ルイス・ファン・ガール監督 「我々の目標は唯一つ。勝つことだ。決定的な週に直面している。私は、ともにプレーし、守備ができる選手を選んだが、メインは勝つことだ。アンドラ戦はウォーミング・アップじゃない…彼らは敵だ。アンドラは1度も予選で勝ったことがない。我々が歴史を作ってはならないんだ。ファン・フーイドンクは、我々に心理的なメリットを与えるだろう。彼はベンフィカのトップ・スコアラーであり、役割をキッチリこなすことができる。セードルフ?彼は15分かそこらしか使えない。そんな選手を気にかける必要はない。ニステルローイだって?バカを言うな。怪我で1年も棒に振った選手が、代表に戻るわけないだろう。ユトレヒト戦を見たが、その考えを確認しただけだったよ」
--
宮戸奴は来ない

2002W杯予選スロ紅屋戦のユーゴスラヴィ屋(国歌
GK
アレクサンデル・コチッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)
ザルコ・ルチッチ(ブドゥツノスト・ポドゴリツァ)
DF
ゾラン・見る子奴(フェネルバーチェ)
デヤン・ステファノ奴(フィテッセ・アルンヘム)
ミロスラフ・デュキッチ(バレンシアCF)
シニサ・ミハイロ奴(ケチャップ屋)
御覧・ブイニェフツェやツ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)
ミラン・オブラド奴(オビリチ・ベオグラード)
スラヴィサ・ヨカノ奴(チェルシー・ロートル)
MF
ニコラ・ラゼティッチ(フェネルバーチェ)
裏地見る・ユーゴ奴(インテル・へぼへぼ)
プレドラグ・ヂョルディエ奴(オリンピアコ巣ピラエウス)
デヤン・スタンコ奴(ケチャップ屋)
イラじみる・イヴィッチ(パルティザン・ベオグラード)
イゴール・ドゥリアイ(パルティザン・ベオグラード)
ボリス・ヴァスコ奴(サルティド・スメデレヴォ)
FW
待てや・ケツマン(PSVアイントフォーフェン)
サーヴォ・見ろ背奴(牛乳屋)
ダルコ・コヴァツェ奴(湯弁戸巣)
御覧・ドゥルリッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)

ミロヴァン・ヂョリッチ監督 「ヤング・スター達がスタメンに溶け込む手助けをさせるために、ミハイロ奴やデュキッチといった選手を呼び戻した。私の目標はW杯出場権を獲得し、若い血を代表に入れることだ。そこに結果が出ると、疑いなく信じている。多くの若い選手を呼んだんだから」

PSVアイントフォーフェンFW待てや・ケツマン 「他の国全てに敬意を払う意味でも、ウチの前線のペアはファンタスティックだと思う」
--
ウクライナ

W杯予選ベラルーシ、ウェールズ戦のウクライナ(国歌
GK
オレクサンデル・ショフコフスキ(ディナモ・キエフ)
マキシム・レヴィツキ(スパルタク・モスクワ)
有利・ヴィルト(シャクタル・ドネツク)
DF
オレフ・ルズニ(フレンチ・アーセナル)
ウラディスラフ・ヴァシュシューク(ディナモ・キエフ)
オレクサンデル・ホロフコ(ディナモ・キエフ)
有利・ドゥミトルーリン(ディナモ・キエフ)
セルゲイ・フィオドロフ(ディナモ・キエフ)
アンドリー・ネシュマチュニ(ディナモ・キエフ)
オレクサンデル・グラノフスキ(スパルタク・モスクワ)
アナトリー・ティモシュシューク(シャクタル・ドネツク)
MF
アルチョム・ヤシュキン(ディナモ・キエフ)
ヴァシール・カルダーシュ(ディナモ・キエフ)
セルゲイ・ポポフ(シャクタル・ドネツク)
セルゲイ・スニツコ(チェルノモレツ・ノヴォロシースク)
FW
アンドリー・シェフチェンコ(あ〜れ〜ミラン)
セルゲイ・レブロフ(トッテナム・ホットスパー)
アンドリー・ヴォロベイ(シャクタル・ドネツク)
オレクサンデル・メラシュチェンコ(ディナモ・キエフ)
--
リトゥ兄屋戦のハンガリー国歌

GK
ガボル・キラリィ(ヘルタ・ベルリン)
ガボル・バボシュ(NACブレダ)
スザボルクス・サファル(SVザルツブルク)
ラヨス・スズクス(フェレンツバロシュ)
DF
ギオルギ・コルソス(SKシュトルム・グラーツ)
ヤノス・フルツカ(フェレンツバロシュ)
ヴィルモス・セボク(FCエネルギー・コットブス)
タマシュ・ユハル(ヴァサス)
ヤノシュ・マチュース(FCエネルギー・コットブス)
MF
ツサバ・フェヘル(NACブレダ)
クリスティアン・リステス(VfBシュトゥットガルト)
ヴァシーレ・ミリウタ(FCエネルギー・コットブス)
ガボル・ハルマイ(ハポエル・テル・アヴィヴ)
パル・ダルダイ(ヘルタ・ベルリン)
ベラ・イッレス(MTK)
ノルベルト・トーツ(ヴァッサス)
ストヴァン・ハマル(ネタニャ)
ゾルト・ドゥヴェリ(ユイペスト)
FW
ティボル・ドンビ(FCユトレヒト)
ミクロス・フェヘル(ブラガ)
アッティラ・トコリ(ドゥナフェル)
ペテル・カバト(ヴァサス)
トーマス・ソウンミ(ヴァサス)
フェレンツ・ホルヴァーツ(マッカビ・テル・アヴィヴ)
ガボル・エグレッシ(ザラエゲルセク)
タマシュ・ナギ(ソプロン)
--
名前の読みがわからない…

ハンガリー、イタリ屋戦のリトゥ兄屋(国歌
GK
ヴァイドタス・ズタウタス(ラマドガン・ハコアチ)
ジンタラス・スタウツエ(MSVデュイスブルク)
DF
ダイニウス・グレヴェツカス(FCシャクタル・ドネツク)
トマス・ズヴィルグダウスクサス(KPポロニア・ワルシャワ)
アンドリウス・スケルラ(ダンファームリン・アスレティックFC)
アンドリウス・ヨクサス(クリリア・ソヴィエトフ・サマラ)
ロランダス・ジアウクスタス(FCバルティカ・カリニングラード)
イグナス・デドゥーラ(トルペドZILモスクワ)
MF
デイヴィダス・セムベラス(ディナモ・モスクワ)
トマス・ラザナウスカス(SKブラン・ベルゲン)
ライモンダス・ズタウタス(マッカビ・ハイファ)
アレスタス・ブイツクス(FCスコント)
サウリウス・ミカラユーナス(トルペドZILモスクワ)
トマス・ダニエレヴィシウス(ダンファームリン・アスレティックFC)
FW
イゴリス・モリナス(ハノーヴァー96)
リマンタス・ズヴィンギラス(FCトルペド・モスクワ)
エドガラス・ヤンカウスカス(レアル・ソシエダ)
ロベルタス・ポスクス(FKザルギリス・ヴィリニュス)
ヴァルダス・トラキス(FCトルペド・モスクワ)
--
ドどイツ戦のアルバニ屋国歌

GK
フォロ・ストラコシャ(イオニコ巣)
アリアン・ベカイ(OFIクレタ)
DF
ルディ・ヴァタ(FCエネルギー・コットブス)
ゲリ・チピ(ゲント)
アリアン・シュンバ(PASイオアンニア)
エルヴィン・ファカイ(エノシシ・パラリムニ)
ネヴィル・デデ(SKティラナ)
MF
アリティン・ララ(ハノーヴァー96)
デヴィ・ムカ(ヴァルテクス)
ブレダル・コラ(AEKアテネ)
ファトミル・ヴァタ(ヴァルトホフ・マンハイム)
アリアン・ベッライ(PASイオアンニア)
ベスニク・ハシ(アンデルレヒト)
エルヴィン・スケラ(ヴァルトホフ・マンハイム)
エドヴィン・ムラティ(リール)
クロディアン・ドゥロ(ウラズニア・シュコデル)
アルティオン・ポチ(アポロニア・フィエル)
FW
アルティン・ルラクッリ(SpVggウンターハッヒンク)
イグリ・タレ(ブレシア・ロバ)
アルバン・ブシ(イスタンブルシュポール)
インドリト・フォルトゥージ(SKティラナ)
ヴィオレシン・シナイ(ウラズニア・シュコデル)
--
セリエA:第23節

ブレシア・ロバ 0-3 アタランタ・ベルガモ
11・63分:マウリツィオ・ガンツ兄ィ、45分(OG):ダリオ・ウブナー

Standings-------P W D L F A Pts
1. ASローマ 23 17 4 2 44 17 55
2. 湯弁戸巣 23 14 6 3 40 19 48
3. ケチャップ屋 23 14 4 5 44 26 46
4. 牛乳屋 23 11 6 6 38 21 39
5. アタランタ・ベルガモ 23 9 9 5 28 19 36
6. インテル・へぼへぼ 23 9 7 7 29 26 34
7. あ〜れ〜ミラン 23 8 9 6 37 35 33
8. ボローニャ 23 9 5 9 29 29 32
9. アジアン・ペルージァ 23 8 7 8 28 30 31
10. レッチェ 23 7 8 8 29 35 29
11. 花組 23 6 11 6 37 33 29
12. ウディネーゼ 23 9 1 13 36 40 28
13. ヴェローナ 23 6 6 11 28 41 24
14. ヴィツェンツァ 23 6 5 12 22 34 23
15. ナポリん 23 5 7 11 23 35 22
16. ブレシア・ロバ 23 4 9 10 25 35 21
17. レッジーナ 23 5 4 14 17 36 19
18. バリ 23 4 4 15 18 41 16

Leading scorers --- Serie-A
17 アンドリー・シェフチェンコ(あ〜れ〜ミラン)
16 エルナン・ホルへ・高かった・クレスポ(ケチャップ屋)
14 ガブリエル・お丸・バティストゥータ(ASローマ)
13 ダリオ・ウブナー(ブレシア・ロバ)
12 エンリコ・キエーザ(花組)
11 クリスティアーノ・ルカレッリ(レッチェ)
10 フィリッポ・ダイヴ・インザギ兄(湯弁戸巣)
 マルコ・ディ・ヴァイオ(牛乳屋)
 腐乱チェス子・アホ王子(ASローマ)
 ロベルト・カルロス・ソサ(ウディネーゼ)
8 ジュゼッペ・シニョーリ(ボローニャ)
 クリスティアン・ヴィエリ(インテル・へぼへぼ)
 マルコ・マテラッツィ(アジアン・ペルージァ)
 ルカ・トニ(ヴィツェンツァ)
--
ギリシャ・ディヴィジョン1:第23節

PASイオアンニア 2-2 AEKアテネ

Standings-------P W D L F A Pts
1. オリンピアコ巣ピラエウス 23 20 2 1 67 16 62
2. パナシナイコ巣 23 15 5 3 42 13 50
3. AEKアテネ 23 13 4 6 44 29 43
4. PAOKサロニカ 23 11 7 5 48 37 40
5. FCイラクリス・サロニカ 23 12 3 8 35 27 39
6. Arisサロニカ 23 11 4 8 26 24 37
7. イオニコ巣 23 9 7 7 33 33 34
8. スコダ・ザンティ 23 9 4 10 17 23 31
9. パニオニオ巣 23 6 9 8 27 29 27
10. エスニコ巣アステラス 23 7 4 12 22 40 25
11. PASイオアンニア 23 5 8 10 30 40 23
12. パナハイキ 23 5 6 12 28 43 21
13. OFIクレタ 23 4 7 12 25 42 19
14. 足ない子巣 23 5 4 14 31 45 19
15. パニリアコ巣 23 4 7 12 18 35 19
16. カラマタ 23 3 9 11 31 48 18
--

Copyright : OTEGAR-1 del Mundo / Michael Haneda 2001 -All Rights Reserved-